記事
  • S-MAX

ガラケースタイルのタフネスモデル復活!VoLTEやLTEテザリング通信にも対応したau向け京セラ製ケータイ「TORQUE X01」を写真と動画で紹介【レポート】

1/2
torque-x01-001
タフネス“ケータイ”が6年ぶりの復活!

既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、OSにAndroidベースを採用した折りたたみ型のタフネスケータイ「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)を発表しました。発売時期は2017年2月下旬を予定し、価格は毎月割を引いた実質負担額で2万円程度となる見込みです。

TORQUEシリーズと言えばau向けのタフネススマホシリーズとして京セラが発売していましたが、今回はフィーチャーフォン(ガラケー)タイプでの登場となりました。フィーチャーフォンタイプでのタフネスモデルとしてはNECカシオ製の「G'zOne TYPE-X」以来で6年ぶりですが、そのG'zOneシリーズを引き継ぐ形となります。

今回発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真と動画にてご紹介します。なお、詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください。

torque-x01-002
本体カラーはシルバーとレッドの2色

■高い耐久性能と手袋装着時も使いやすい物理キーが魅力
本機の最大の特徴はやはりフィーチャーフォンタイプであるという点です。前述のようにau向けに発売されたフィーチャーフォンタイプでは6年前のモデルであるNECカシオ製の「G'zOne TYPE-X」が最後であり、NECカシオが携帯電話製造から撤退して久しい現在、もはやフィーチャーフォンタイプではタフネスモデルは発売されないと思われていただけに、G'zOneシリーズなどを愛用していた層にとって本機への期待と喜びは大きいのではないでしょうか。

説明員も「片手で簡単に扱えるガラケーの良さや物理キーによる確実な入力性から未だにG'zOneシリーズを使い続けているお客様は少なくなく、スマホではやはりダメでガラケータイプで新機種を出してほしいという要望が強くあった」と語っています。

torque-x01-003
G'zOne TYPE-X(左)とTORQUE X01(右)との比較。ゴツゴツとした頑丈そうなデザインをよく継承している

torque-x01-004
防寒用グローブなどを装着していても確実に片手で操作が可能なガラケースタイルと大きく押しやすい物理キーはアウトドア用途では必須条件に近い

本体の耐久性についても米国国防省の調達基準に準拠した防水・防塵性能に加え、鉄板やコンクリートなどへ1.8mの高さから落下させる耐衝撃試験などを加えた18項目の耐久試験をクリアするなど、過剰とも思えるほどの頑丈さをアピールしています。

1.8mの落下試験や氷水に浸した状態でも動作する耐氷結試験のデモの様子などは以下の動画からもご覧いただけます。


S-MAX:京セラ製「Torque X01」ファーストインプレッション

動画リンク:https://youtu.be/9L3yvGjiLeY

OSについては非公開との説明をいただきましたが(上記動画内でもそのように説明)Androidベースとなっているようです。アプリケーションの追加はauスマートパスなどで行い、Google playは利用できません。標準で気圧計や潮位予報など8種類の専用アプリがプリインストールされており、「OUTDOOR PORTAL」の項目から利用することができます。

あわせて読みたい

「携帯電話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  6. 6

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  7. 7

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  8. 8

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  9. 9

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。