記事

トランプよ!CNNの質問を拒否することなく徹底してやり合え!CNNも負けるな!最後は有権者の判断に委ねろ! - 1月12日のツイート

(トランプ会見)①ポピュリズムというワードを筆頭にメディアや自称インテリにおいて最近流行っているレッテル貼りの批評、そして切り貼りの編集は、事の実態を正確に伝えない。僕の会見とトランプの会見を一緒にされているようだけど、実態は全く異なる。

(トランプ会見)②僕は週に1回の定例会見、毎日の朝夕のぶら下がりを8年間続けた。原則質問がなくなるまで。大手メディアだけでなく誰でも質問OK。メディアの退席を求めたのは朝日新聞に2回。週刊朝日が僕の出自を記事にした時と維新の政党広告を意図的に掲載しなかったという内部情報を掴んだ時

(トランプ会見)③メディアとは徹底してやり合ったが、それこそが言論。腹立つメディア、考えの違うメディアはたくさんあったが質問を拒否することなく徹底して議論した。トランプよ!CNNの質問を拒否することなく徹底してやり合え!CNNも負けるな!最後は有権者の判断に委ねろ!

(トランプ会見)メディアが絶対的に正しいわけではない。今、第4の権力と化したメディアを正していけるのは、最高権力者とメディアの徹底した議論だ。そのことによって権力も正される。一番最悪なのは、権力とメディアのなれ合いだ。クリントン氏とメディアはなれ合いのリスクが大きかった。

(オバマ氏演説)政治家を辞める最後の演説で、あそこまで自己陶酔の演説ができるとはある意味凄い。恥ずかしくないのかな。自分たちがなぜ負けたのか、どこに問題があったのかの反省がまるっきりない。寛容を言いながら、トランプ支持者への寛容のかけらもない。これが負けた原因だろう。

(東京都議選)自民党は政治達者。小池さんと対立しない。全政党東京大改革を唱えるだろう。小池さんは、なぜ小池グループが必要なのかの政策を出し切れていない。小池さん自身を支持するかどうかを争点にするのだろうか。まあそれもありだ。政策が重要!と言ってきた自称インテリはどう評論するか。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン【ご購読はこちらから→】
http://hashimoto.president.co.jp/

 橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「印象操作」発言に苦言

    石破茂

  2. 2

    蓮舫氏の二重国籍 問題は法務省

    SYNODOS

  3. 3

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  4. 4

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  5. 5

    京産大会見で更に深まる加計疑惑

    郷原信郎

  6. 6

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  7. 7

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  8. 8

    蓮舫氏の次は法務省が説明責任を

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  10. 10

    香港「ドラえもん」も弾圧対象に

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。