記事

釜山のいわゆる慰安婦少女像

昨年末、釜山の日本総領事館前に新たな「いわゆる慰安婦」像が設置されたことにより、駐韓大使が一時帰国しました。

2015年末の日韓合意後、我が国は閣議決定により10億円を拠出しました。それにもかかわらず、今回の韓国市民団体による新たな像の設置を韓国政府が黙認することは、いわゆる慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決したとする日韓の合意に反することであり、極めて遺憾であります。また、そもそもソウルの大使館前の像も早急に撤去されなければなりません。

韓国側には日韓合意の履行を強く求めます。さもなくば韓国は高い代償を払うことになるでしょう。日本国民のがまんも限界に来ています。

このままでは北朝鮮の思うつぼで韓国は自滅の道を歩むことになるでしょう。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  3. 3

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  5. 5

    銀座の喫茶が炎上覚悟マナー訴え

    キャリコネニュース

  6. 6

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  7. 7

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  8. 8

    ブラタモリで新アナが残念な返答

    メディアゴン

  9. 9

    セクハラ容疑段階の批判は止めよ

    吊られた男

  10. 10

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。