記事

釜山のいわゆる慰安婦少女像

昨年末、釜山の日本総領事館前に新たな「いわゆる慰安婦」像が設置されたことにより、駐韓大使が一時帰国しました。

2015年末の日韓合意後、我が国は閣議決定により10億円を拠出しました。それにもかかわらず、今回の韓国市民団体による新たな像の設置を韓国政府が黙認することは、いわゆる慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決したとする日韓の合意に反することであり、極めて遺憾であります。また、そもそもソウルの大使館前の像も早急に撤去されなければなりません。

韓国側には日韓合意の履行を強く求めます。さもなくば韓国は高い代償を払うことになるでしょう。日本国民のがまんも限界に来ています。

このままでは北朝鮮の思うつぼで韓国は自滅の道を歩むことになるでしょう。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北朝鮮は米空母に手も足も出ない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    軍部で金正恩氏を嘲笑する風潮?

    高英起

  3. 3

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  4. 4

    今村氏後任の吉野氏は"超"真面目

    早川忠孝

  5. 5

    二階幹事長「解散総選挙は近い」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本が核保有チラつかせる選択も

    PRESIDENT Online

  7. 7

    偏差値と奨学金延滞率 相関する?

    LM-7

  8. 8

    参考人招致は実のある議論だった

    小林よしのり

  9. 9

    大阪人が東京人より親しめる理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    なぜ日本のニュースは媚びるのか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。