記事

釜山のいわゆる慰安婦少女像

昨年末、釜山の日本総領事館前に新たな「いわゆる慰安婦」像が設置されたことにより、駐韓大使が一時帰国しました。

2015年末の日韓合意後、我が国は閣議決定により10億円を拠出しました。それにもかかわらず、今回の韓国市民団体による新たな像の設置を韓国政府が黙認することは、いわゆる慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決したとする日韓の合意に反することであり、極めて遺憾であります。また、そもそもソウルの大使館前の像も早急に撤去されなければなりません。

韓国側には日韓合意の履行を強く求めます。さもなくば韓国は高い代償を払うことになるでしょう。日本国民のがまんも限界に来ています。

このままでは北朝鮮の思うつぼで韓国は自滅の道を歩むことになるでしょう。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「印象操作」発言に苦言

    石破茂

  2. 2

    蓮舫氏の二重国籍 問題は法務省

    SYNODOS

  3. 3

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  4. 4

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  5. 5

    京産大会見で更に深まる加計疑惑

    郷原信郎

  6. 6

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  7. 7

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  8. 8

    蓮舫氏の次は法務省が説明責任を

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  10. 10

    香港「ドラえもん」も弾圧対象に

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。