記事

日経、毎日 どっちが「誤報」?

 複数の新聞を読み比べていると、時々「あれっ」と思うことがある。真逆のことが、どちらも「事実」として書かれているのだ。まさに今朝の新聞もそう。天皇陛下の退位問題を巡り、日経と毎日に真逆の記事が掲載されている。

 「天皇退位後『上皇』に 政府検討」。日本経済新聞は12日付朝刊の一面に、こんな記事を載せた。有識者会議が専門家に聞いたところ「太上天皇」や「上皇」が望ましいとの声が多く、より国民になじみ深い「上皇」とする案が有力となっている、というのだ。

http://www.nikkei.com/paper/article/?b=20170112&ng=DGKKASFS11H2W_R10C17A1MM8000

どちらかというと「上皇」という称号にはマイナスイメージを持っていたので、少し驚いた。小中学校の日本史で「二重権力の象徴」のように習ったし、孝謙天皇のように自らの後任を廃位させて再び天皇に返り咲いた例もあるからだ。

ところが、毎日新聞は今日の朝刊でこう報じている。「退位後称号 「上皇」使わず 政府、『前天皇』など検討」。「上皇が天皇より上位にあるとして政治に関与した歴史があり、皇位の安定性に懸念を抱かせる恐れがあると判断。代わりに天皇より上位とみなされにくい「前天皇」や「元天皇」とすることを検討している」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000006-mai-pol

 記事を読む限り、毎日は政府内でこの問題を検討しているラインの高官から「ファクト(事実)」をつかんで書き、日経は有識者会議の経緯から結論を「想像」して書いたように見える。「恐らくこうなるだろう」という結論を予測し、正式なライン以外の高官に「当てて」みて、否定されなきゃ書く、というのはよくあることだ。

 特にこの問題のように各紙が注目し、取材合戦になっている場合、他紙に「書き負け」ないように未確定の情報を書き飛ばすというのは珍しくない。もしかしたら日経がファクトをつかみ、毎日が「飛ばし」たのかもしれないが、いずれにしても新聞報道など「そんな程度のもの」。頭からすべてを信じるべきではない。

どちらの報道が正しいか、近く結論ははっきりする。どちらかの報道は誤報となるわけだが、「訂正」や「お詫び」は出さず、「こういう方針だったが、こういう理由により、こういう方針に転換した」という言い訳原稿を書くだろう。

この問題にしばらく注目していただき、マスコミの「言い訳体質」をぜひ、その目でご覧いただきたい。

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 加計申請認識の発言は賭け

    郷原信郎

  2. 2

    加計審議 安倍首相の答弁に嘘

    若狭勝

  3. 3

    予算委 前川氏に明らかな矛盾点

    和田政宗

  4. 4

    厚切りが日本人の出世術に苦言

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    閉会中審査で更に深まる加計疑惑

    辻元清美

  6. 6

    「夫の○○が入らない」は普通

    (チェコ好き)

  7. 7

    前川氏は矛盾だらけで信憑性低い

    和田政宗

  8. 8

    加計疑惑深まる安倍総理の一言

    大串博志

  9. 9

    獣医師不足 6年前に民主党も指摘

    石水智尚

  10. 10

    「飛び降りろ」教師暴言は風評か

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。