記事

権力は、「リーダー」よりも「ドン」が握る

立教大学現代心理学部教授 小口孝司 構成=伊藤達也

小池百合子東京都知事が誕生して以来、築地市場の豊洲移転問題や、東京五輪の施設問題が注目される中、「都議会のドン」と呼ばれる内田茂氏が脚光を浴びています。

自らは表舞台に立たず、陰の権力者として影響力を行使する。そんな「ドン」は政治の世界に限らず、いろいろな組織に存在しています。一般の企業でも、名目上は社長がトップのはずなのに、実質的な決定権はほかの古参の役員が握っており、話を通すにはその役員を納得させることが第一だ、というケースは珍しいものではありません。

では、どうしてドンが表向きのリーダーよりも権力を握るのでしょうか。ここから、ドンの持つ力について見ていきましょう。社会心理学では、組織に与える影響力を「勢力(power)」と呼びます。この勢力は、「報酬勢力」「強制勢力」「正当勢力」「専門勢力」「準拠勢力」「情報勢力」の6つに分けて考えることができます。この勢力が大きいほど権力を握りやすいといえるのですが、それぞれについて見ていくと、ドンが優位に立つことがわかるのです。

何度も「貸し」をつくり、「通帳」に貯める

まず、報酬勢力はお金を与えたり、気持ちに寄り添ったりすることを指します。報酬を決めるのは表向きのトップだと思うかもしれませんが、長い付き合いの中、仕事で引き立てたり、ご馳走したり、「貸し」をつくれるのは、公的な立場ゆえのしがらみや交代の可能性があるトップよりも、陰で影響力を持つドンのほうです。ドンの立場からすると、部下や関係者に何度も「貸し」をつくるわけです。それは預金のようにドンの「通帳」に貯められていきます。利益や恩義が積み立てられる。それゆえに、たとえ名目上のトップが改革を唱えドンを排除しようとしても、周囲はドンに逆らうことを選ばず、トップが抵抗を受けるのです。

強制勢力とは、処罰を与えるなどして行動を強制する力。正当勢力とは、力を使う役目に正当性があるということを意味します。これらは、公式にトップの職にいる人のほうが持っています。

現場の叩き上げにドンが多い理由

しかし、ドンのほうが力を持ちやすいことも多いのです。専門勢力は高い専門性ゆえに他人を動かせるということ。実際に現場で叩き上げた知識を多く蓄積しているのはドンです。また準拠勢力とは「その人のようになりたい」と思わせる力。身近で親身な気配りを受けたことで、敬意を抱くことはよくあるでしょう。情報勢力とは、情報の量や質での優位さです。これはネットワークの大きさ、太さ、細かさから生まれます。こうしたもののいずれもが、ドンが得意とするところです。以上のように、ドンのほうが他者への影響力を持ちやすくなるのです。

会議で積極的に議論を引っ張っていこうとする人がいる一方、最後に「あの人の意見を聴きたい」と思わせる人がいるものですが、そんな人がドンになっていきます。

往々にして、公式のトップよりもドンのほうが安定して長く権力の座に就くものです。必要なポジションだと割り切って、健全なドンを目指すのも一つの考えかもしれません。

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  2. 2

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  3. 3

    女性が考える「こんな男は嫌だ」

    キャリコネニュース

  4. 4

    共謀罪で暴論語る小林よしのり氏

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    痴漢捜査後に自殺 裁判の行方は

    渋井哲也

  6. 6

    "総理のご意向"有無の議論は不毛

    長尾敬

  7. 7

    "有名人の店"に破綻が多いワケ

    ヒロ

  8. 8

    官邸の情報操作に加担した読売

    大西宏

  9. 9

    カール販売終了は関西人にも衝撃

    THE PAGE

  10. 10

    安倍首相の間違い認めた東電社長

    菅直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。