記事

オバマ政権8年間の「業績」、米国民はこう見る ギャラップ調査結果

Niall McCarthy ,CONTRIBUTOR

ドナルド・トランプ新大統領の就任が近づく米国では、バラク・オバマ現大統領の実績について振り返る動きが出始めている。世論調査会社ギャラップは1月9日、オバマ政権下の8年間に米国がどのように変化したかに関する国民の意見についての調査結果を発表した。

調査は政治的に重要な問題に関して「米国は前進/後退したと思うか」を尋ね、調査対象者に占めるそれぞれの回答者の割合を算出した。

オバマ大統領は2012年、現職の米大統領として初めて、同性婚の合法化を支持する考えを表明した。これを受けて、国民の多数はオバマ大統領の就任後、「同性愛者を取り巻く環境は前進した」と考えている。

一方、経済状況が改善したかどうかについての見方は、およそ半数ずつに分かれた。また、「移民」「犯罪」「異なる人種間の関係」の点については、状況は悪化したと考える人が多数を占めた。

武器を持たない黒人男性を警官が射殺する事件がきっかけとなった抗議活動が相次いだことから、人種間の問題に対する国民の怒りはロサンゼルス暴動が起きた1992年以来の高まりをみせた。オバマ政権下で異なる人種間の関係が悪化したとみる人が多くなったのは、当然の結果といえるだろう。

調査結果

米社会がこの8年間でどのように変化したと考えているか、国民に尋ねた結果は以下のとおりだ。(出典:ギャラップ)



あわせて読みたい

「バラク・オバマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  5. 5

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  6. 6

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    受験するなら"文学部"が良いワケ

    山本直人

  8. 8

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  9. 9

    森友学園 メディアの姿勢に疑問

    源馬謙太郎

  10. 10

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。