記事

YKKやホンダなどに見る"現地駐在員"の在り方

「お前、アメリカで墓買えよ」
という言葉とともに、米国に送り込まれたホンダマンの話を聞いたことがあります。
1970年代のことで、その言葉の送り主は、後にホンダ社長を務める久米是志さんでした。

「墓買えよ」というのは、わかりやすくいえば、「現地に骨を埋める“覚悟”を持って仕事をしなさい」となります。つまり「責任をもって仕事をしろ」ということです。「墓を買う」つもりと、「3、4年で帰国する」つもりとでは、仕事への身の入れ方が違いますよね。

さて、今日付の日本経済新聞の「私見卓見」欄に、前川製作所顧問の前川正雄氏が「日本企業、駐在に任期設けるな」という記事を寄稿していました。
多くの日本企業は3~4年という任期で駐在員を派遣するなか、前川製作所は、「『いつ帰ってくるかは自分で決めろ』といって駐在員を送り出して」いるそうです。結果的に、20年以上メキシコに駐在した社員もいるとか。任期があると、社員は存分に働けない、というんですね。

一昨年、YKK会長CEOの吉田忠裕さんにお会いする機会があったのですが、YKKは、海外駐在員の滞在期間が長い。実際、イタリアの現地法人に38年務めた人や、韓国やイタリア、シンガポールで計36年務めた人がいるとして、「うちの場合は、20年を超えて、やっと少し長くなったかな、という感じ」と話していました。
これには、ファスナー世界シェア1位の理由の一端を、見せつけられた気がしましたね。
前川製作所に通じるものがあると思います。

2011年、当時ホンダ社長だった伊東孝紳さんにインタビューした際、こう語りました。
「海外駐在から3年や4年で帰国すると、現地でやっていることが、切れてしまう。現在の駐在員は3、4年で帰国するようになっているが、帰してはいけない人もいるんです」

根性論を振りかざすつもりはありませんが、先人の現地化の努力や地道な営業が、現在の海外における日本企業の地位をつくっているのは確かです。

定期異動にこだわっていてはダメです。3、4年のローテーションでは大きな仕事はできません。

グローバル化が進み、通信インフラが発達するなかで、ビジネスが時間や場所によって制限されることは、減少しているといわれます。しかし、そうはいっても、駐在員が現地に入り込み、「墓を買う」覚悟で取り組まなければ成し遂げられない仕事は、いつの時代もあるのではないでしょうかね。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  2. 2

    年金受給 何歳から貰ったら得か

    竹中正治

  3. 3

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  4. 4

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  5. 5

    核兵器の文句は日本より北に言え

    文春オンライン

  6. 6

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  7. 7

    詩織さん事件 検事名まで黒塗り

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    混迷する朝鮮 文大統領に悲壮感

    ヒロ

  9. 9

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  10. 10

    昭恵氏 総理の実家避けホテル泊

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。