記事

シメにラーメンを食べたくなるのは「勘違い」 お酒と食、上手な食べ方・選び方 - 佐藤達夫

前回は「お酒の好きな人のための節酒法」というハードルの高い(笑)テーマにチャレンジした。お酒好きの人に「量を減らせ」といってもなかなか聞き入れないが、いっしょに食べる料理、いわゆるおつまみの種類や量を変えることなら「聞く耳を持つ」はずなので、今回のテーマは宴会時の食事法。

おつまみは高塩分・高カロリー

 基本的に「おつまみはカロリーか塩分(あるいはその両方)が多い」ことを肝に銘じておこう。料理は多種多様なので一概にはいえないのだが、一般的には「和風のおつまみは塩分が高く、洋風のおつまみはカロリーが高い」ことが多い。また、これも個人の好みなので、やはり一概にはいえないが「ウイスキーなどの強いお酒には高塩分のおつまみが合い、ビ-ルなどの弱いお酒には高カロリーのおつまみが合う」傾向にある。

 合う物(合いすぎる物)ばかりを選んでいると栄養的に偏ったり過剰摂取につながる。何よりも、アルコールが進む(進みすぎる)。酒のおつまみとはいえ、和風・洋風・中華風などをバランスよく頼みたい。お酒の種類とおつまみの相性(日本酒には和風料理、洋酒には洋風料理、中国酒には中国風料理等々)を重要視する人は、「飲み会」ごとに違う種類のお店(和風店、洋風店、中国風店等々)を選択するようにしよう。

加熱野菜料理を最初に頼む

 おつまみを頼む際に見るメニューは「野菜料理から先に見る」クセをつけよう。そして「加熱した野菜料理(できれば煮物か焼き物か蒸し物)」を最初に頼む。そのあとで好きな物を注文する。

 理由は、好きな物を最初に頼み、あとで(健康のことも考えて)野菜を頼もうとすると、頼み忘れることがあるから。加熱野菜系のおつまみを、最低一品は注文したいので、最初に選ぶ。また、一般的に早く頼んだ物は先に出てくることが多いので、野菜物を最初に食べることにつながるだろう。アルコールの吸収速度や血糖値の上昇速度を少し遅くするのに役立つ。

豆腐類、乳製品、芋類、海草類、キノコ類も忘れずに

 和風のお店なら大豆製品・豆腐系料理を一品、洋風のお店なら乳製品系料理を一品、注文する。これも「注文し忘れがちな料理」だ。

 芋料理も注文したい(ただしフライドポテト以外)。豆類や芋類には食物繊維が多いので、おつまみに含まれている塩分や脂肪分を体外へと排出する手助けをしてくれる。

 和風のお店なら、海藻料理あるいはキノコ料理のいずれか(もちろん両方でもいい)も頼みたい。これらは比較的低カロリーで、かつ満腹感がある。

メインが「肉だけ」にはならないように!

 頼み忘れることはほとんどなさそうだが、主菜(動物性タンパク質)系料理としては肉料理と魚料理をバランスよく(一品ずつとか)注文しよう。肉料理ばかり(たとえば鶏の唐揚げ+ソーセージ盛り合わせなど)注文することのないようにしたい。

 ちなみに、アルコールは肝臓で代謝(酵素によって分解)されるのだが、このときに肝臓の細胞に負担をかける。その修復には動物性タンパク質が効果的である。

調理法にも変化をもたせる

 おつまみの食材にバラエティを持たせることも大事だが、「調理方法」にも変化をつけて頼むこともたいせつ。揚げ物だけではなく、生もの、焼き物、蒸し物、煮物、炒め物、酢の物、この時季なら鍋物もいい。調理法に変化を持たせると、栄養バランスが整いやすい。同じ調理法(たとえば揚げ物ばっかり)だと、栄養的に偏りが生じやすいことを覚えておこう。 

酔ってからおつまみを「追加」しない

 おつまみは、酒宴のスタート時に「適量」をしっかりと注文することも重要なポイント。酒宴が進むにつれて酔いが回ってきて冷静な判断ができなくなるので、基本的に、おつまみの追加注文はしない。酔いに任せて次々に注文をすると、せっかくシラフのときに(健康と財布の事情を考慮して)注文したことが、台無しになる。

 最初に注文したおつまみが出揃って、それを食べ終わったら、その時点で「お開き」にする。

 最近はデザートが豊富(豪華、大量といいかえてもいい)な傾向になってきた。とりわけ女性の場合は「別腹」などといってデザートを食べすぎがちなので、注意したい。別腹も「自分の腹」である!

「シメのラーメン」は必要ない!

 酒宴で飲食をしたあとに(栄養素バランスが偏っているということはあっても)摂取カロリーが足りないというケースはほとんどない。お酒とおつまみでカロリーは充分すぎるほどとれていることがほとんど。

 「食欲」が発生するメカニズムはかなり複雑だが、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が大きく影響することが分かっている。血糖値が低くなると食欲が増進する。一般的に、アルコールを肝臓で代謝する際の生理的メカニズムの結果、飲食後に血液中のブドウ糖の量が少なくなる(低血糖気味になる)ことが多い。そのため、飲食後は食事量をたっぷりとっているにもかかわらず「空腹感」を感じて食欲がわくケースが少なくない。

 さんざん飲食をしたあとでも「シメ」を食べたくなるのはそのせいだと考えられている。「お酒ばっかり飲んでいてあまり食べてないからお腹がすいている」と感ずるのは、明らかに「勘違い」である。とりわけラーメンは「お酒のあとの食べ物」としてはカロリーも塩分もあまりにも高すぎる。酔いのせいで判断力が低下し、勢いで「シメのラーメン」を食べる人が多いが、絶対にお勧めできない。好ましくない習慣なので止めよう。

 食べ物としてラーメンが悪いわけではない。ふだん、おいしいラーメンを食べればいいのであって、酔った勢い(勘違い)で食べるのは、ラーメンにも失礼ではないだろうか・・・・。

から酒は絶対にダメ

 「あれも食べるな」「これにも注意しろ」といろいろ書くと、それならお酒だけ飲んでおつまみをできるだけ少なくすればいいのか!? と、やけになる人がいるかもしれない・・・・。が、それはダメ。

 いわゆる「から酒」は胃にも肝臓にも大きな負担をかける。それだけではなく、お酒(アルコール)はカロリーだけはあるが、他の栄養素が全く含まれていない飲み物である。三食のうちの大事な一食(あるいはそれ以上)をそういう物で済ませてはならない。「酒宴も1回の食事である」という食習慣を忘れないようにしたい。

宴会で気を遣って食べなくてもいいように・・・・

 酒宴の食事の留意事項が守りにくいことはよくわかる。ここに書いたことを「すべて実行しろ」というわけではない。とりわけ宴会では現実的にほとんど守れない、でも、できることがあったら(覚えていることがあったら)1つでも2つでもいいから実行してほしい。

 しかし、それよりも大事なことは「普段の食生活」である。普段の食生活をないがしろにしているくせに、宴会のときだけ野菜ばっかり食べても効果的ではない。むしろ、宴会のときには気を遣わずに食べてもいいように、ふだんの食生活を「バランスよく・適量に」する習慣こそが肝要である。

あわせて読みたい

「食生活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  4. 4

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  5. 5

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  6. 6

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  7. 7

    未だプレ金失敗を認めない経産省

    キャリコネニュース

  8. 8

    痴漢捜査後に自殺 裁判の行方は

    渋井哲也

  9. 9

    共謀罪で暴論語る小林よしのり氏

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。