記事

年末に「越年」現場を巡り、貧困バッシングについて考えた。の巻 - 雨宮処凛

1/2

 新年である。と同時に、この連載もなんと記念すべき400回を迎えた!

 そんな目出たい年明けだが、新年そうそう、風邪をひいて寝込んでいる。結構ハードな風邪だ。おそらく、年末にやたらと外で過ごしていたからだろう。寒さに弱く、普段家で原稿ばかり書いている人間がちょっと外に出るとすぐ風邪をひくというヘタレっぷり。で、なぜ外にいたかというと、この年末も都内を中心として、各地の炊き出しや越年の取り組みに参加してきたのである。

 ここでざっと、年末のスケジュールを振り返ろう。

 〈12月29日〉「ふとんで年越しプロジェクト」に参加。今年で4回目となるこのプロジェクトは、行政の窓口が閉まる年末年始、ホームレス状態にある人をシェルターに繋げる取り組みだ。クラウドファンディングで寄付を募り、宿泊場所を確保し、役所が開く1月4日以降、必要な支援や福祉、あるいは医療などに繋げる。今回のプロジェクトではこの取り組みに繋がることにより、25名が路上ではなく暖かい宿泊場所で年を越すことができたという。

 そんなプロジェクト始動の日、シェルターにいる若者の訪問に同行させてもらう。あまり詳しくは書けないが、20代の若さにして、貧困ビジネスや飯場での未払いなどを経験していた男性だ。このプロジェクトに繋がらなければ、おそらく路上で年を越していたのだろう。そんな人たちが、役所が閉まり、そして仕事も途切れる年末年始、この国にどれくらいいるのだろうと考えると気が遠くなってくる。

 夕方からは、ふとんで年越しプロジェクトの方々と「夜回り」。ホームレス状態の人々にアルファ米とカイロ、そして年末年始の炊き出しや生活・健康相談などの情報を記載したチラシを配るのだ。新宿と飯田橋近辺を回ったのだが、準備したアルファ米などのセットは、たった数時間、都内のほんの一画を回っただけで百数十セットがなくなった。久々に夜回りに参加して、これほど多くの人が寒さの中、路上で寝ているという事実に改めて言葉を失った。特にテントを作ることが禁止されている場所では、路上にそのまま布団を敷いて寝ている人たちが多くいた。この年末はあまり寒くなかったものの、これから寒波が来ると言われている。風よけになるものもない吹きっさらしの路上で、頭まですっぽりと毛布をかぶる人たちの姿が目に焼き付いている。アスファルトの上は、どれほど底冷えするだろう。どれほど彼らの体温を奪っていくだろう。

 〈12月30日〉 横浜・寿町の炊き出しに参加。野菜たっぷりの温かい雑炊に400人以上が行列を作っている光景は圧巻だった。その中には、若い人の姿もちらほらあった。一方でボランティアも多く、学生らしき人々や子どもなども参加。原発事故で神奈川に自主避難している方もボランティアに参加していた。食器洗いや配膳のお手伝いをさせて頂く。この後、池袋の炊き出しにも少し顔を出す。炊き出しには、150人ほどが並んだ。

 〈12月31日〉 渋谷・宮下公園の越年に参加。当事者も支援者も一緒にご飯を作る「共同炊事」の場で、私も野菜切りなどを手伝わせて頂く。公園には手作りの追悼の台のようなものがあり、何人もの名前が書いてある。支援者の方に聞くと、昨年1年間で、支援者が把握しているだけでも渋谷近辺で7名もが路上で命を落としたのだという。一人ひとりの名前を胸に刻み、線香を上げ、手を合わせる。

渋谷・宮下公園で少しお手伝いさせて頂く私

渋谷・宮下公園の一画に設置されていた、7人を追悼する台。お線香をあげました

 夜は山谷の越年に参加。路上で上演される演劇を見た後、支援者も当事者も一緒になってみんなでネギを切り、そばを茹で、100人ほどで一緒に年越しそばを食べる。食後はみんなで布団を運び、路上に敷く。寝る場所がない人は路上に敷いた布団で年を越すのだ。まさかそんなにたくさんはここで寝ないだろう、と思っていると、結構な人が「ここで寝る人!」という言葉に手を挙げる。路上に敷かれた何組もの布団、という現実感のない光景になんだか頭がクラクラする。布団や毛布の多くはカンパとして全国から送られてきたものだそうだ。人の温かさに触れつつも、夜が更けるにつれ寒さは容赦なく厳しくなってくる。年越し前に帰路につく。

 このようにして、私の2016年は越年の現場を回ることで幕を閉じた。

 年末に、路上で出会った人々の背景には様々な問題が影を落としていた。失業、貧困ビジネス、家族の問題、知的障害や精神障害などなど。若者から高齢者まで、満遍なく、全世代がいた。そして多くの人々が、制度の隙間に落ちるようにして路上に辿り着いていた。

 嬉しかったのは、この「炊き出し巡りツアー」に、今回も山本太郎議員が参加してくれたこと。そしてもうひとつ、嬉しかったのは松戸市議会議員のDELIさんも31日、参加してくれたことだ。

渋谷・宮下公園にて炊き出し作りのお手伝いをする山本太郎議員、松戸市議会議員のDELIさん。なんだか微笑ましいショット

横浜・寿町で炊き出しの配膳を手伝う山本議員

 こんなふうに、選挙や票など関係なく、もっとも厳しい「現場」に顔を出してくれる議員がもっともっと増えたらこの国は変わるのに。そう思うのは私だけではないはずだ。

 しかし、これら「越年」の取り組みは、まったくと言っていいほど世間の注目を集めていない。2008年から09年にかけて「年越し派遣村」が開催された時は大きな注目を集め、その翌年に「公設派遣村」が開催された時にも大きく報道されたわけだが、それ以降、「越年」が注目されることはない。毎年必ずやっているのに、そして今回訪れた多くの現場では派遣村以前から「越年」の取り組みがなされているのに、だ。現場の支援者たちとも、そんな話になった。

 まぁ、「ブーム」だったと言われればそれまでなのだろう。あの時、メディアは「新しい現象」として派遣村を取り上げた。この国で、「貧困」が再発見された瞬間だった。あれから10年近くが経ち、「貧困」が「常態」となった今、多くの人が「慣れて」しまった。ここになんだか、言いようのない危うさを感じるのは私だけではないはずだ。そうして貧困が当たり前になった社会で、貧しい人々に対する視線はより厳しくなっているのを感じる。昨年は、未成年である高校生に対して「貧困バッシング」までもが起きた。

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「印象操作」発言に苦言

    石破茂

  2. 2

    蓮舫氏の二重国籍 問題は法務省

    SYNODOS

  3. 3

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  4. 4

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  5. 5

    京産大会見で更に深まる加計疑惑

    郷原信郎

  6. 6

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  7. 7

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  8. 8

    蓮舫氏の次は法務省が説明責任を

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  10. 10

    香港「ドラえもん」も弾圧対象に

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。