記事

日本電産・永守社長の言葉「明日から伝票を見よ」

経営コンサルタント 川上宜昭=文

原単位が分からないようでは、経営はできない

「ちょっと名刺を見せてくれ」

再建担当役として日本電産シバウラに派遣されていたとき、私は永守重信社長にこう言われ、自分の名刺の入ったケースを手渡したことがありました。ケースの中から私の名刺を取り出して眺めた永守社長は、次に、こう問いかけてきました。

「ああ、両面印刷だな。カラーか。これ、200枚いくらで買っているんや?」

名刺の手配に関しては総務にお任せの私は、「いや、ちょっと分かりません」と答えました。そのあとも永守社長の質問と、私のモジモジ状態が続きます。

「そうか。じゃあ、そこにあるコピー機、A4が1枚のコピー代はいくらかかる?」
「いやあ、それも総務に聞かないと、ちょっと分かりません」
「あそこに見える工場、1キロワットあたり、電気代いくらだ?」
「いやあ、ちょっと……」
「先日、中国に工場建てたな。そこの電気代は?」
「……」

ここで永守社長が一言。

「君ね、よくそんなんで経営できるね」

続けて次の言葉が発せられました。

「経営は原単位だぞ。原単位を押さえてないと経営はできないんだぞ」

永守社長のこの一言で、私はガーンと打ちのめされました。原単位を把握しない、ディテールを把握しない経営は経営ではない。経営者たる者、上から会社を眺めているだけでなく、社内の誰よりも細部についても把握しておくべきだと。

これは中堅リーダーの場合であっても同じでしょう。自分の発する号令が部下に対して説得力を持つのは、こういう単なる細かさを超えた視点の鋭さ、ビジネスに対する真摯で厳格な姿勢が垣間見え、相手がそれを感じるからこそだと思います。

伝票1枚1枚をチェックすることで、見えてくるもの

先ほどの言葉に続いて言われた具体的な指令が、「明日から伝票を見よ」でした。会社のコストの原単位、ディテールを何1つ把握していない私の経営の甘さを危惧して、「明日から全部伝票を見る経営をやれ」と指示されたのです。

そう言われた私は「はい、分かりました。では各役員に分担してやらせます。伝票を区分けして、各役員が担当部門の伝票を見るようにします」と返事。が、すぐまた「そうじゃないッ。馬鹿者!」と怒鳴られました。「君が見るんだ。君が、全部、見ろ」というのです。


『日本電産 永守重信社長からのファクス42枚』(川勝宣昭著・プレジデント社刊)

伝票を1枚1枚見るなんて、古臭い経営だなと思わず感じました。大学の経営学の講義で、「昔の経営者は、伝票を見る経営から始めた」というような話を教授から聞いたのを思い出したぐらいです。

ところが、伝票を毎日1 枚ずつ欠かさず見続けていると、次第に分かってくることがあるのです。「おかしいな、同じ金型のはずなのに、先日のものと仕入れ値が違っている。ここ甘いな」となるわけです。この気づきが大切なのです。毎日伝票を見ることで生まれる感覚です。

伝票を全部見るようになってから、私は夜でも必ず出先から会社に戻るようになりました。翌日すぐに業者への支払いが必要な伝票もあるからです。夕方から大切な取引先に出向いて、価格交渉し、重要なトップセールスに決着をつけたような日でも、必ず会社に戻って伝票を見る日々を重ねました。

そのことで培われたものは小さくありませんでした。自社でつくっている製品がいかにデジタルの先端に位置していようと、それを売るための経営・営業は、実はアナログそのもの。そこを見失わないことが大事です。

日本電産のパソコン用モーターは非常にデジタルな製品ですが、技術はデジタルであっても、それをつくり上げる過程には、さまざまなアナログな風土、戦力が密接に関わってきます。両者がうまくすり合わされてこそ優れた会社になり、優れた製品が出来上がるのです。

製品がどんなにデジタルなものであり、デジタルな技術に支えられていても、人間を扱う以上、経営はアナログだという考えは、忘れてはならない教訓だと思います。

※本記事は書籍『日本電産永守重信社長からのファクス42枚』(川勝宣昭著)からの抜粋です。

『日本電産 永守重信社長からのファクス42枚』(プレジデント社)

日産自動車勤務を経て、モーターの製造販売を手がける日本電産に入社した著者。代表取締役会長兼社長の永守重信氏より直々の指導を受けて、M&Aによってグループ会社となった赤字企業の再建を託される。毎日のように届けられる永守社長直筆のファクス。そこには叱咤激励の言葉とともに、経営の本質が記されていた。

著者 川勝 宣昭
著者プロフィール

AMAZONで購入する

PRESIDENT Storeで購入する

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "昭恵氏のメールに辻元氏"はデマ

    辻元清美

  2. 2

    昭恵氏を証人喚問しないのは卑怯

    小林よしのり

  3. 3

    "夫人秘書FAX"は忖度になるのか

    大西宏

  4. 4

    シニア議員は固定観念でガチガチ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    昭恵氏FAXへの政府の説明に憤り

    小野 次郎

  6. 6

    命の危険? 警察は籠池氏を守れ

    小林よしのり

  7. 7

    石破氏"行政の対応は極めて異例"

    石破茂

  8. 8

    蓮舫氏こそ証人喚問を受けては?

    和田政宗

  9. 9

    「官能的な街」全国1位は文京区

    SYNODOS

  10. 10

    "安倍ポチ"西田氏は保守ではない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。