記事

【映画評】NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

2010年以降、メディア環境は劇的な変化を遂げた。一人ひとりが手の中にメディアをもち、「いま・ここ」にいる自分を世界中に配信できるようになった。視聴者数という指標は「もっと見られたい」「もっと注目されたい」という"もっと"を喚起する。ときにそれは、撮影者ひとりでは到底達することのできない状況へと引き込むことになる。

そんな2010年代のメディア状況を皮肉った映画が、本作「NERVE/ナーヴ」だ。NERVEとは本来「度胸」「勇気」という意味もある。このゲームは、視聴ユーザー(ウォッチャーと呼ぶ)の決めたミッションに挑戦者がスマホで自撮りしながら挑戦し、成功ならば報酬がもらえるというオール・オア・ナッシングな度胸試しだ。

引っ込み思案のヒロイン、ヴィーはひょんなきっかけで、友だちの間で流行るオンラインゲーム「NERVE」に登録する。イアンというイケメンパートナーを得ることで、徐々に名を挙げ巨万の富を得ることとなるヴィー。爆増していく視聴者数と預金残高は、ヴィーをさらなる破滅に続く道へといざなっていく。

この映画が描いているのは、なにも荒唐無稽な話ではない。現実のYouTuberなどの動画配信者だって、お金と承認欲求を満たすために必死に再生回数を増やしているからだ。「なんであんなバカなことを」と思ってしまうような愚行の先には、「NERVE」を非現実的だと笑い飛ばせないメディアの構造がある。近ごろ話題になった「おでんツンツン男」も「チェーンソー男」も、ある意味で「NERVE」をプレイしていたと言えるのだ。

映画はオチで、動画視聴者の側にもささやかながら毒を吐く。プレイヤーはあくまでも"主体的に"NERVEのミッションへの挑戦を決断する。けれど、彼ら配信者を愚行に導いた責任が、視聴者の側に0.00001パーセントもない、と言い切るのは難しいのではないだろうか。

個人的には、挑戦者に課されるミッションがわりと地味!という不満足感や、ゲームの設定がガバガバやんというツッコミどころもありつつも、個人メディアのもつ魅惑と危うさを描いた稀有な一本なのは間違いない。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    産経の慰安婦報道こそ"捏造"

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    金正男氏遺体 八つ裂きの可能性?

    高英起

  3. 3

    なお東芝に隠される大きなリスク

    片山 修

  4. 4

    "性器凍結"で性生活が向上する?

    フォーブス ジャパン

  5. 5

    高齢者風俗嬢が日本に一石投じる

    文春オンライン

  6. 6

    "東芝の危機"で浮かび上がる日立

    THE PAGE

  7. 7

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  8. 8

    不人気蓮舫氏の"性格と言い回し"

    ヒロ

  9. 9

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  10. 10

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。