記事

JK課・よのなか科「わけのわからないこと」にも信任を

藤原和博、若新雄純=談 前田はるみ=構成

「鯖江市役所JK課」仕掛人の若新氏と、「よのなか科」を創設した藤原和博・奈良市立一条高等学校校長の対談最終回。先生と生徒、上司と部下――立場を越えてともに成長していくために必要な互いの「信頼関係」をどのように築いていけばよいのか。両氏が実践するユニークな方法を紹介する。

「信任」が与えられる場

【若新雄純】「JK課」について取材を受けたとき、記者さんがメンバーたちに「若新さんのどういうしぐさや行動がいいですか」という質問をしました。卒業生の一人が、「どんな発言にも『いいね!』ってすぐ言うんです」と答えてくれました。

確かに、僕は彼女たちのどんな発言にもすぐに「いいね!」と言います。アメリカの臨床心理学者に、「人には自己成長力がある」と提唱したカール・ロジャースという人がいます。若者と接するプロジェクトでは、常に一人ひとりの「自己成長力」を信じて、発言や行動を尊重し受容するところから始めようと決めています。

学校の先生みたいに、ダメ出しされたり指摘したりしても、彼女たちはやる気が出ないと思うんですよね。楽しくならない。ただ、僕の「いいね!」は評価ではないんです。あくまで、みんなが自由に発言しているという行為を尊重してるというつもりです。



【藤原和博】若新さんが「いいね!」と言い続けることを、僕の言葉では「信任」と表現しています。「あなたに任せます」というもの。僕が考える「信任」とは、他者から与えられる「信頼」と「共感」の総量です。ちなみに「信頼」は理性的なもので、「共感」は感情的なもの。この両方の総量である「信任」をどれだけ増やすことができるか。いま僕と若新さんの間で交わしている会話も、お互いの信任を増やしていかなければ、おもしろい方向には行かないでしょ。

【若新】なるほど。僕が受けた学校教育では、100点に近いだけ「いいね」と言われました。でも、これは理性的で客観的な評価や信頼にしかならない。先生と一緒に「おもしろい!」「もっとやりたい!」といって楽しんで何かを取り組もうという気持ちにはなりませんでした。

【藤原】信任されるとうれしい。これはJK(女子高生)であろうと中学生であろうと同じです。でも、信任される場がいままでの教育現場にはあまりなかったように思います。

信任を高める議論の場とは

【若新】僕は大学生向けに就職の機会をつくる企画も実施してきましたが、学生を集めたワークショップでどうすれば彼らがどんどん手を挙げて発言してくれるのか、つまりその場の信任をどうやって高めていくのか、最初のうちはかなり苦労しました。

手っ取り早く効果的だったのは、匿名性の担保です。普通なら「○○と申します。私の意見は……」と名乗ってから発言するんでしょうが、それには、個人と紐付けられて誰かに点数をつけられるかもしれないというプレッシャーがある。でも、「僕たちはまだ君の名前とか知らないし、発言も記録されない、誰も点数をつけない。名乗らなくていいから気軽に発言してほしい」と伝えるようにしました。すると、みんな堰を切ったように発言するんです。


藤原和博(ふじはら・かずひろ)●奈良市立一条高等学校校長。1955年、東京都生まれ。78年東京大学経済学部を卒業後、リクルートに入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長、ヨーロッパ駐在などを経て、96年同社フェローとなる。2003年より、都内では義務教育初の民間出身校長として杉並区立和田中学校に5年間勤務。その後橋下徹知事時代の大阪府教育委員会の教育政策特別顧問などを経て、2016年より現職。著書として『人生の教科書[よのなかのルール]』『リクルートという奇跡』『必ず食える1%の人になる方法』『藤原先生、これからの働き方について教えてください』など77冊。
奈良市立一条高等学校
http://ichilab.jp


【藤原】教室でも同じことが起きています。よくあるのが、「わかる人?」「質問ある人?」という問いかけ。それに対して、手を挙げる生徒は大体決まっています。40人の教室なら、手を挙げ慣れている5人くらいの成績優秀者と、3人くらいの目立ちたがり屋。残りの32人は、「わかる人?」「質問ある人?」と言われた時点で思考が止まってしまう。

生徒から自由な発言を引き出すには、若新さんが言うように、匿名性がいいんですね。一条高校では、わかる人とか質問のある人だけでなく、全員に質問させる、意見を出させる。これを、スマホ用に開発した匿名の投稿システムを使ってやっています。

「よのなか科」で茂木健一郎さんをゲストに迎えたとき、「質問ある人?」って手を挙げさせると、みんな恐れ入って誰も手を挙げないから、「はい、全員で質問」って。スマホは生徒たちにとって自分の手足であり、脳の一部であり、彼らはSNSで自分の気持ちを打ち慣れているから、すごいスピードで打つんです。中には、すごく深い質問も出てくる。それをみんなで共有して、徹底的に深めていくんです。

【若新】実は、僕も同じような匿名で投稿できるサービスを友達に開発してもらい、いつも使っています。もちろん、発言に自覚や責任を持つべき場面もあると思います。いつでも匿名でいいわけじゃない。ただ、まずはみんなで意見を出し合って議論を深めることの楽しさをもっと体感する必要がある。匿名の発言には無責任なものや誹謗中傷も含まれますが、それでも一人ひとりを信頼することで、その場をポジティブにしていこうという力が働くと思うんです。

【藤原】そういう力が働くし、子どもたちは少なくともバランスを取ろうとしますね。極端な意見の中間に自分をポジショニングしようとする。それがくり返されていくことによって、自分への信任が高められていくと確信が持てる。教育もこの方向へ移行していくべきだと思いますね。

失敗にもロイヤリティを


若新雄純(わかしん・ゆうじゅん)
人材・組織コンサルタント/慶應義塾大学特任助教
福井県若狭町生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程(政策・メディア)修了。専門は産業・組織心理学とコミュニケーション論。全員がニートで取締役の「NEET株式会社」や女子高生が自治体改革を担う「鯖江市役所JK課」、週休4日で月収15万円の「ゆるい就職」など、新しい働き方や組織づくりを模索・提案する実験的プロジェクトを多数企画・実施し、さまざまな企業の人材・組織開発コンサルティングなども行う。
若新ワールド

http://wakashin.com/

【若新】若者が減点法に縛られて、とにかくミスを減らそうというマネジメントのなかでは、当然、企業の中の活動エネルギーも下がるし、新たな発見も生まれにくくなると思います。

【藤原】「叱られない」ことがすべての動機、というのはよくないですね。減点主義の教育がどういう子どもをつくるかといえば、「失敗したくない」「叱られたくない」「恥をかきたくない」と萎縮する子どもです。成熟社会になれば、本来は多様化が図られるはずなのに、減点を恐れるあまり、みんなが逆に一様になってしまっている。学校や家庭で信任をどう増やしていくか――。これを真剣に考えていかないと、必ず行き詰まると思いますね。

しかも、本来は組織的なしがらみを崩す役割だったはずのネットワークやSNSの世界が、今度は「いいね!」に縛られ始めている。「いいね!」欲しさに他人の顔色を伺うというか、「いいね!」減点法みたいなものが幅を利かせている面が日本の場合はあります。

【若新】「いいね!」ボタンは本来、一人ひとりが自由に発言できるということに信任を与えるためのものポジティブなものだったんだと思うのです。それがいつのまにか「評価」になってしまった。投稿しても「いいね!」をもらえないような内容はやめていこう……。これでは本末転倒です。僕たちがこの思考の硬直をなくしていくには、どうすればいいのでしょうか。一時、「ガリ勉はダサい」という風潮があったように、「正解ばかり求めるのはダサい」というような風潮が生まれるといいんですかね?

【藤原】そうですね。社会や大人の価値観で勝手に正解・不正解を決めて一方的に評価をするのではなく、「わけのわからないこと」にも信任が与えられないと、ね。

【若新】「よのなか、正解を出したときのロイヤリティは少ないのに、失敗したときに受ける損失は大きすぎる」って誰かが言ってました。それだと、「なにもしない」が一番賢いことになる。発言や行動そのものが信任され、失敗したときもロイヤリティが与えられるようになれば、学校や会社ももっとおもしろくなりますね。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ヤマト運転手不足に"特殊な要因"

    キャリコネニュース

  2. 2

    "反日親北"に傾く韓国 どう対応?

    tenten99

  3. 3

    森友学園疑惑 役人は汗びっしり

    田中龍作

  4. 4

    青山とAOKI 儲かっているのは?

    MONEYzine

  5. 5

    "男性保育士のおむつ替え"問題は

    PRESIDENT Online

  6. 6

    業種差別?プレミアムフライデー

    木曽崇

  7. 7

    安倍昭恵氏を国会に証人喚問せよ

    小林よしのり

  8. 8

    「プレ金」に漂う"無理ゲー"臭

    常見陽平

  9. 9

    "不可解なことが多い"慰安婦問題

    笹川陽平

  10. 10

    教育勅語の精神知らぬ者は不敬罪

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。