記事

北京、「環境ポリス」創設へ 大気汚染対策の一環

[北京 9日 ロイター] - 中国の首都北京は、大気の浄化や大気汚染源に対する取り締まり強化の一環として、環境規則の違反摘発に特化した警察部隊を創設する。北京市の蔡奇・市長代理が7日、明らかにした。新華社が伝えた。

野外でのバーベキューやごみの焼却、バイオマス燃焼や道路の粉じんなどが取り締まりの対象になる。蔡氏は「こうした規則に違反する行為は、ずさんな監視と弱い法執行機関が原因」と、政府の会合で述べた。

中国では年末から年始にかけ、北部の大部分がスモッグに覆われた。北京や天津、西安などの大都市では大気汚染が危険な状態にまで悪化し、航空便の運航や港の操業に影響が出たほか、学校が休校になり、住民は屋内にとどまることを余儀なくされた。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  2. 2

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  3. 3

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  5. 5

    自民党「圧勝」は死票による虚像

    猪野 亨

  6. 6

    枝野氏「ツイッター担当が優秀」

    キャリコネニュース

  7. 7

    選挙結果を若者のせいにするな

    常見陽平

  8. 8

    舛添氏 自民勝利で小池氏に皮肉

    舛添要一

  9. 9

    自民の過半数議席の獲得は確実

    ロイター

  10. 10

    党名変え分裂繰り返す野党は不要

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。