記事

ニュースソースは極右と極左? トランプ勝利を見事にあてた78歳木村太郎のネット生活

1/2

 毎回、様々な分野の専門家をゲストに迎え、話題のニュース・事件などを語る「モーリー・ロバートソンチャンネル」。

 今回のゲストはアメリカ大統領選挙でトランプ勝利を見事に当てたと木村太郎氏。「CNNの裏を取るにはドラッジレポートを見なければならない」など、極左と極右のニュースソースでバランスを取るネットリサーチ方法について、同じくネットを主な情報源とするモーリー・ロバートソン氏と語った番組、『木村太郎×モーリー「激動の2017年を大予想 〜トランプ大統領と日本〜」』が放送された。

すべての写真付きでニュースを読む

今の記者生活の中心は、テレビではなく東京新聞の100行コラム

モーリー:
 フジテレビが今は拠点というかんじですか?

木村:
 テレビではフジテレビをベースにしてやってますけれど、僕の記者としての活動は東京新聞に毎週日曜日に100行くらいのコラム書いているんですね。これが実は一番大変なんです。

 名前は「国際通信」。つまり論評じゃないんですよね。新しいことを伝えるなにか。ということは、東京新聞の外報部も書いていないようなこと、あるいはよその新聞社も書いてないような面白いネタをどこからか引っ張り出してきて、100行で読者に読んでもらえるようなもの仕立てる。これ難しいですよ。

モーリー:
 難しいですね。

木村:
 それをやるんで、これは今の時代だったらネットに頼るしかない。それでずーっとネットの情報ってものの検索をやり続けてきて、これが実は大統領選挙でものすごく役に立った!

モーリー:
 東京新聞のコラムの作業がずいぶんと下地に、ストックになっていったという。

木村:
 その新聞のテーマを探すたびに、もう本当にネットをダーッと半日くらいかけて毎日いろいろ読みまくるわけです。

モーリー:
 そうなんですね。

木村:
 その中でビャッとひらめいたものを百行に拡大するんですけど。

モーリー:
 あの、ちなみに、なぜ東京新聞なんでしょう。東京新聞というとすごくね、スペクトラムの中では真左という印象があったりするんですが。

木村:
 それで真右のコラムがあるわけですから。そういうのがいいんじゃないですか(笑)。

モーリー:
 副主幹の長谷川さん【※】もどちらかと言えば右。

※東京新聞の論説副主幹の長谷川幸洋氏。ジャーナリスト。
「そこまで言って委員会NP」レギュラーなど。

木村:
 (長谷川さんとは)仲良いですよ。

モーリー:
 わかる(笑)。

木村:
 すごく意見が合って仲良いんです(笑)。

モーリー:
 それは東京新聞全体の方針としてやっぱりバランスを保とうというふうに、一種の多様性で入れてるんですか、それとも......?

木村:
 そこは知りません。僕はNHKをやめた88年にフリーとなったときに東京新聞でなく中日新聞だったんですけどね、中日新聞の編集局長さんが僕がワシントン時代から仲の良かった方で。「うちの新聞に書かないか」って言われて、僕は勉強したいから「お願いします」と。以来ずーっと千何百回続いている。

モーリー:
 すごい! じゃあもうすぐ30年。

木村:
 まだ......。

モーリー:
 2018年には30年目になるということですね。

木村:
 そうです。そうです。

モーリー:
 じゃあ、28年間。毎週?

木村:
 毎週日曜日に100行。

モーリー:
 100行を年に50何回。かける28年間ですよね。

木村:
 はい。

モーリー:
 すごい行数ですね。

木村:
 これは僕の記者生活の、今の中心の活動になると。

あわせて読みたい

「メディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  5. 5

    住宅予算を1000万円下げる生活

    PRESIDENT Online

  6. 6

    すぐに眠くなる人は病気なのか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    受験するなら"文学部"が良いワケ

    山本直人

  8. 8

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  9. 9

    森友学園 メディアの姿勢に疑問

    源馬謙太郎

  10. 10

    "ネコ"ノミクス 経済効果は2兆円

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。