記事

選挙イヤー

 昨年は、閉鎖主義(反グローバリズム)などを標榜する大衆迎合主義(ポピュリズム)が台頭した年でした。

  最初の衝撃は、英国の国民投票によるEU離脱表明でした。EU市場にモノやサービスを自由に輸出したいが、移民や厳しい規制は受け入れたくない、そんないいとこ取りの英国の政策をEUが認めるはずがありません。離脱協議は難航することでしょう。

  それ以上の衝撃は、「アメリカ第一主義」を唱え、移民を締め出すために壁を築くことを主張したトランプ氏の米国大統領選勝利でした。この「自国優先主義」という政治現象は、米国に限らず世界を席巻する危険性があります。

  2017年、ヨーロッパは4~5月にフランス大統領選挙、秋にはドイツ連邦議会選挙など選挙イヤーを迎えます。

  仏ではマリーヌ・ルペン党首率いる極右政党・FN(国民戦線)が、「フランス第一主義」を掲げ、着実に勢力を伸ばしています。既存の秩序への挑戦や反グローバル化を唱える姿勢は、トランプ氏の主張によく似ています。EUの離脱を問う国民投票を実施する考えも示しています。独においても「反難民・移民」を訴える極右政党「ドイツのための選択肢」が、初の国政進出をめざしています。

 スウェーデンは、中道諸政党が結束して極右政党を締め出しました。仏独も同様の結束が必要になるかも しれません。今年は欧州の選挙から目を離せません。トランプ相場で沸き立っているマーケットも、政治リスクが顕在化すれば波乱含みの展開となるでしょう。

  そして、我が国も選挙イヤーです。千葉県では3月に知事選、6月には船橋市長選などがあります。夏には東京都議選も実施されます。衆院の解散・総選挙も早ければ2月、遅くとも年末までには行われるのではないでしょうか。特に、衆院選の場合は、日本も偏狭なナショナリズムに陥ることのないよう、安倍政権に対抗して穏健な政治勢力が連携しなければなりません。その実現に全力を尽くすことを、年頭に誓いたいと思います。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  5. 5

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  6. 6

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  9. 9

    日の丸・君が代は極右への踏み絵

    秋原葉月

  10. 10

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。