記事

喫煙による死者数、2030年までに年800万人に増加へ

[ジュネーブ 10日 ロイター] - 喫煙が世界経済に及ぼすコストは年間1兆ドルを超え、喫煙に関連した死者数は現在の約600万人から2030年までに約800万人に増加するとの見通しが明らかになった。世界保健機関(WHO)と米国国立がん研究所(NCI)が10日、報告書を発表した。

WHOは、2013─2014年のたばこ税の税収を約2690億ドルと推定しており、喫煙コストはこれを大きく上回る。

報告書によると、世界人口に占める喫煙者の割合は減少しているが、喫煙者の総数は増加。うち約80%が低中所得国の居住者で、2030年までに現在より3分の1増加するとみられる喫煙関連死も、80%以上がこうした国々で起きるという。

医療の専門家らは、喫煙は世界で唯一にして最大の予防できる死因と指摘。「年間1兆ドル以上の医療費や生産性損失の原因はたばこにある」と述べた。

*10日に配信した記事で、本文中の誤字を修正しました。

あわせて読みたい

「タバコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上西小百合氏は女性議員に悪影響

    明智カイト

  2. 2

    「内閣支持率」に信憑性はあるか

    自由人

  3. 3

    報道の自由度 日本が72位の理由

    ビデオニュース・ドットコム

  4. 4

    二重国籍を攻撃する風潮に危機感

    井戸まさえ

  5. 5

    準強姦もみ消しは法治国家を覆す

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    履歴書で避けたい5つの危険信号

    フォーブス ジャパン

  7. 7

    「なにかがおかしい」人間社会

    ヒロ

  8. 8

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  9. 9

    「夏休みは無休」の非正規教員

    キャリコネニュース

  10. 10

    菅直人氏「民進党は分党すべき」

    菅直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。