記事

喫煙による死者数、2030年までに年800万人に増加へ

[ジュネーブ 10日 ロイター] - 喫煙が世界経済に及ぼすコストは年間1兆ドルを超え、喫煙に関連した死者数は現在の約600万人から2030年までに約800万人に増加するとの見通しが明らかになった。世界保健機関(WHO)と米国国立がん研究所(NCI)が10日、報告書を発表した。

WHOは、2013─2014年のたばこ税の税収を約2690億ドルと推定しており、喫煙コストはこれを大きく上回る。

報告書によると、世界人口に占める喫煙者の割合は減少しているが、喫煙者の総数は増加。うち約80%が低中所得国の居住者で、2030年までに現在より3分の1増加するとみられる喫煙関連死も、80%以上がこうした国々で起きるという。

医療の専門家らは、喫煙は世界で唯一にして最大の予防できる死因と指摘。「年間1兆ドル以上の医療費や生産性損失の原因はたばこにある」と述べた。

*10日に配信した記事で、本文中の誤字を修正しました。

あわせて読みたい

「タバコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森友学園問題に政治介入の疑い?

    橋下徹

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    内田茂氏を遥かに凌ぐ自民のドン

    文春オンライン

  4. 4

    プレミアムフライデー 機能する?

    PRESIDENT Online

  5. 5

    意外と知らない"危険な食品"

    メタモル出版

  6. 6

    菅氏"安倍氏はウソ認識している"

    菅直人

  7. 7

    大学無償化で繰り返される悲劇

    城繁幸

  8. 8

    痛み分からぬ東京新聞・長谷川氏

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    無知な人ほど自己評価が高くなる

    PRESIDENT Online

  10. 10

    業種差別?プレミアムフライデー

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。