記事

【トランプのツイート攻撃】

最近、朝起きるとまずトランプ氏のツイッターを見るのが習慣になりました。昨夜からけさにかけてもメリル・ストリープ批判などを連打!

ツイッターにトヨタ攻撃のこんなつぶやきを見てしまうと企業経営者はビビりますよね。



フォードやフィアット・クライスラーのように屈して感謝されるか。



GMのように突っぱねるか。



トヨタの選択が注目される中、豊田社長がデトロイトで9日、今後5年間で100億ドル(約1兆1000億円)をアメリカで投資すると発表しました。

一方、The Wall Street Journal は、メキシコの自由貿易協定の多さに視点をあてる社説を出しました。批判ばっかりせずにアメリカも自由貿易協定を結ぶなど投資環境を改善せよと主張しています。

Trump’s Auto Bluster – He should stick to making the US a better place to invest(トランプの自動車をめぐる大言壮語~対米投資促進に徹するべきだ)はざっくりこんな概要です(全文の翻訳ではありません)。

トランプはいったいビジネスを理解しているのか?不動産とブランディングは分かっているのだろうが、次期大統領の自動車メーカーのツイッター攻撃を見るにつけ、国境を越えたサプライチェイン、ビジネスコスト比較、規制を分かっていない のではないかと思わざるを得ない。

確かに米自動車メーカーは小型車の生産を賃金がアメリカより85 %安いメキシコに移してきた。しかし、小型車は、アメリカで生産するには採算が合わないのだ。

自動車メーカーにとって、メキシコが45か国と 10の自由貿易協定を結んでいるため、世界の市場に輸出しやすいのだ。この現実を誰かトランプに伝えるべきだ。メキシコはEU やブラジルとも協定があり、これで世界市場の50%を占める

アメリカは、と言えば、わずか 20 か国との間で10の自由貿易協定があるだけだ。

メキシコで生産される自動車のうち、15%が欧州やラテンアメリカに出荷される。アメリカから出荷する場合に比べて関税が低いのだ。

トランプ氏はどうも、企業をいじめることで雇用を生み出すという魔法をやってのけられると思っているようだ(Mr. Trump seems to think he can conjure job growth by beating up business )。

しかし、経済合理性にあわない判断をアメリカ企業のトップに迫ることはアメリカの産業競争力を失わせ、韓国や日本、ドイツのメーカーを利することになる。

まもなく大統領に就任することでトランプ氏は、むしろ対米投資を促す旗振り役になるべきだ。自らの産業を一番よく分かっている社長に投資判断を任せないと、赤っ恥をかくことになる。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  2. 2

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  3. 3

    "普段着でお越し下さい"の正解は

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  5. 5

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  6. 6

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  7. 7

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  8. 8

    タバコは非合法化し農家に補償を

    メディアゴン

  9. 9

    待機児童 なぜ解決できないのか

    駒崎弘樹

  10. 10

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。