記事

「筆記試験」「論文」より政治家を語るもの

小池知事の「希望の塾」から来年の都議選の候補者選びが具体的に動き出した。
1600人が受験した、というが、以前にも書いたがこの数は政治関係者にとっては真新しいものではない。
民主党も国政候補とは言え政権交代前の2008年の公募で1300人あまり、政権交代後の2009年11月に実施した公募には1か月あまりで1982人(男性1653人、女性329人)から応募があったと、翌年年初に発表している。
一定数「議員に挑戦したい」という人はいるのである。

(その時との違いは・・よもや公募試験でお金を取ったり等の発想がなかった(笑)まあ、当時の民主党がそれをやったら批判を浴びただろうが。そういう意味では橋下さんの維新の「クッション」は大きい)

「希望の塾」のセレクションにはふたつの「新しさ」がある。
まずは試験内容だ。
「筆記試験」と「論文」。
今まで公募で「筆記試験」を課す政党等はなかったはずだ。
なぜなら、それを「学歴」で推し量ってきたからだ。
この「筆記試験」の内容は政策秘書の試験レベルなのだろうか?
設問が気になるところだが、
18歳の学力ではなく(笑)今のことこの業界に関する知力を明確に点数化できるという点では良いことだろう。
そして「論文」。
定型の作文が出来るかどうか、記述内容が主題から逸脱していないか、知識量や提言力等々も推し量ることができる・・はずだが・・。
「論文」を課す試験は、今までの政党等での「公募」では行なわれて来たが、ただ採点がなかなか難しい。1500人以上の規模となったらなおのことである。
となると、逆に、表面的な判断しか出来ない、差がつき難かったりもするのだ。

もうひとつの「希望の塾」の新しさは
「現職にも同じ課題を課した」というところであるろう。

過去にさまざまにセレクションに関わって来た経験から言うと、
現職もしくは元職の議員に対してのセレクションは一回の論文で計るより、もっとその議員の資質をより正確に量るメルクマールがあるのではないかと思っている。

政治資金収支報告書と政務活動費の使い方とその記録・報告、そしてHPやビラ等での情報発信の蓄積。
ちなみに提出日もポイント(笑)さっさか出す人と提出期限から遅れて出す等々で、仕事ぶりってわかる。細かいけど、実はそういうとろに政治家の精神は宿る(笑)
まあ、これらを「合わせ技」で見れば、だいたいその議員の資質や素行(!)が見えて来るのだ。

はっきり言えば「筆記試験」「論文」の10倍ぐらいはその政治家がなんたるものかを語るね(笑)

情報発信の点から行くと、たまにブログやSNSは一切やらず
「地元活動に集中しているので、発信はしていない」という議員もいるが、イマドキ、動いていれば、誰かしらがその人について記載をしている。検索をかけて全くヒットしないと言うもの政治活動者としては不可解だから、この辺もセグメントポイントかも。

現職は数も限られているから、手間隙がかかったとしても、本当に真剣にセレクトしようと思ったら、この「ふるい」に掛けることは必要なんだろうと思う。

こういう「記録」に関しては、過去にはさかのぼれないから、嘘もつけないし、ごまかすことも出来ないからね!

昔は、政党等の「公認」というのは「暖簾分け」的意味合いがあって、それを得るまでには代議士秘書になって滅私奉公して、という過程があったが、最近では「フランチャイズ化」している。
選ぶ側も選ばれる側も「忠誠」を推し量るなどという時間のかかる儀式を経ずしても、
経営本体に迷惑をかけなければどんどん出店してオッケー、みたいな感じに変わって来ている(ような)。

いずれにせよ、「希望の塾」。
思惑とは別なところでの魑魅魍魎もありそうで、
逆にだからこそ目が離せず(「渡鬼的魅力」?笑)まあ、そこんところも計算ずくなのだろうが、
最終的にどんなふうに候補者がセレクトされて行くのか、楽しみである。

リンクを貼ったのは民主党時代、公募に応募した方の体験記。
彼の場合は国政だけど、基本、ステージが変わっても公募候補の奮闘には同じ哀切がある。
偶然見つけて興味深かったので、貼っておく。

http://blog.livedoor.jp/matsuoka…/archives/cat_50028724.html

また、大田区議会議員の岡たかし議員も「普通の会社員が民主党の公認を得て議員になるまで」というブログを書いていて、参考になる。

http://okatakashi.seesaa.net/article/198297304.html

セレクトしているつもりでいる側の言動や過程がこれだけリアルの記録されているというのもすごいなと思う。

あわせて読みたい

「希望の塾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲結成で摘出された民進の病巣

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

  3. 3

    よしのり氏「変節」報道に反論

    小林よしのり

  4. 4

    宮根氏 ミヤネ屋降板してフジへ

    文春オンライン

  5. 5

    投票日に台風か 焦る立憲民主党

    キャリコネニュース

  6. 6

    職場でスマホ充電に反対派が多数

    キャリコネニュース

  7. 7

    橋下氏「前原代表批判は筋違い」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    立憲の比例票めぐる偽情報が拡散

    井戸まさえ

  9. 9

    公明中心の連立で山口総理誕生か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 希望の党は壊滅する

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。