記事

人気!歴史的に悲劇を伴う場所を旅する「ダークツーリズム」

相馬留美=文

戦争や大災害の跡地など、歴史的に悲劇を伴う場所を旅することを「ダークツーリズム」と呼び、今世界的にブームとなっているという。ポーランドのアウシュビッツ強制収容所やウクライナのチェルノブイリ原子力発電所、広島の原爆ドームといった場所が代表的である。

日本でも人気が出てきた背景として、北海道大学大学院の岡本亮輔准教授は、近年、各地の廃墟巡りをしたり、工場見学をしたりする趣味性の高い観光ジャンルが開拓されたことと関係すると指摘する。人気があるものの一つに、太平洋戦争の跡地を巡る旅がある。戦争から70年以上経ち、多様な見方が可能になり、研究も進んで新たな資料も出てきている。「跡地にまつわる新しい物語も出てきた」(岡本氏)ことも、戦地巡りの人気につながっているようだ。

ダークツーリズムはビジネスチャンスになりうるか。岡本氏は博物館網走監獄を成功例に挙げる。網走監獄は思想犯や政治犯が収監されていた場所だが、博物館の展示は娯楽性が高いつくりになっていて、人気の観光スポットである。ただ、悲劇を伴う場所を観光地化するにあたっての留意点もある。「自分たちの展示がどのような解釈に基づいているのか、訪問者のすべてがその解釈に同意するとは限らないことを意識しておくべき」(同)。

あわせて読みたい

「観光産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    獣医学部めぐり総理が自爆発言

    郷原信郎

  2. 2

    人の訃報を話して安堵する人々

    山本直人

  3. 3

    「死」に向かう日本の実写映画

    吉川圭三

  4. 4

    野田佳彦、中国ではいまも極悪人

    NEWSポストセブン

  5. 5

    星野源になれない男たちの嫉妬

    幻冬舎plus

  6. 6

    豊田氏暴言の「有権者」に疑問

    赤木智弘

  7. 7

    維新の会 除名で勢力拡大は困難?

    早川忠孝

  8. 8

    婚活中のズレた37歳女に非難殺到

    キャリコネニュース

  9. 9

    ATMだけで成功 セブン銀行の戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    なぜ各新聞で内閣支持率が違うか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。