記事

人気!歴史的に悲劇を伴う場所を旅する「ダークツーリズム」

相馬留美=文

戦争や大災害の跡地など、歴史的に悲劇を伴う場所を旅することを「ダークツーリズム」と呼び、今世界的にブームとなっているという。ポーランドのアウシュビッツ強制収容所やウクライナのチェルノブイリ原子力発電所、広島の原爆ドームといった場所が代表的である。

日本でも人気が出てきた背景として、北海道大学大学院の岡本亮輔准教授は、近年、各地の廃墟巡りをしたり、工場見学をしたりする趣味性の高い観光ジャンルが開拓されたことと関係すると指摘する。人気があるものの一つに、太平洋戦争の跡地を巡る旅がある。戦争から70年以上経ち、多様な見方が可能になり、研究も進んで新たな資料も出てきている。「跡地にまつわる新しい物語も出てきた」(岡本氏)ことも、戦地巡りの人気につながっているようだ。

ダークツーリズムはビジネスチャンスになりうるか。岡本氏は博物館網走監獄を成功例に挙げる。網走監獄は思想犯や政治犯が収監されていた場所だが、博物館の展示は娯楽性が高いつくりになっていて、人気の観光スポットである。ただ、悲劇を伴う場所を観光地化するにあたっての留意点もある。「自分たちの展示がどのような解釈に基づいているのか、訪問者のすべてがその解釈に同意するとは限らないことを意識しておくべき」(同)。

あわせて読みたい

「観光産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  2. 2

    下村氏の無責任さ 元秘書の嘆き

    文春オンライン

  3. 3

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  4. 4

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  5. 5

    橋下氏 東京都の情報黒塗り批判

    橋下徹

  6. 6

    「あくまで個人の感想」違法に?

    永江一石

  7. 7

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

  8. 8

    鈴木五輪相に政治資金疑惑が浮上

    NEWSポストセブン

  9. 9

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。