記事

ストリーミングの音楽聴取がYouTubeを突破 米専門メディアが発表

Hugh McIntyre

米国の音楽業界メディアBuzzAngleは、アメリカの音楽ユーザーの最新動向をリポートした。データは人々が音楽を聞く際、YouTubeよりもストリーミングサービスを使用するケースが増えていることを示している。

2016年にオンデマンド型音楽ストリーミングは82.6%の成長を遂げ、楽曲の再生回数は2,500億回を突破した。YouTube等の動画経由の音楽再生も成長したがこれには及ばず、成長率は7.5%で再生回数は1,810億回だった。どちらも上昇基調ではあるが、両者の差はさらに開きつつある。

ネットでの音楽聴取の分野では長年に渡り、YouTubeが王者のポジションにあった。今後もYouTubeが大きな存在感を保つことに変わりはないだろう。スポティファイやアップルミュージック、パンドラといったストリーミングの台頭がYouTubeの死を意味することにはならない。

しかし、ストリーミングサービスがYouTubeから市場シェアを奪いつつあることは明らかだ。

YouTubeは無料で利用可能で、広告もスキップでき、新たなテクノロジーを嫌う怠惰なリスナーらを魅了し続けるだろう。その一方で多くの音楽ファンはストリーミングを選択し、利用者数は年を追うごとに増えつつある。

このニュースは楽曲ロイヤリティの支払いをめぐり、長年YouTubeと戦ってきた音楽業界には良い報せかもしれない。ストリーミングの支払い額が少ないことは広く知られているが、YouTubeの場合はさらに額が少ないのだ。

音楽ユーザーは今やアルバムを買わなくなり、シングルの再生に関しては特にストリーミングが主要な手段になりつつある。音楽業界全般においてデジタル配信収入が増加する中で、ストリーミングの支持が高まっている傾向がまた一つ明らかになった。

編集=上田裕資

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  7. 7

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  8. 8

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。