記事

座骨神経痛にNSAID(ロキソニン等)は効かない!やっぱ腰痛は深い

いつも良記事のMEDLEYからの記事です。(坐骨神経痛にこの痛み止めはプラシーボ効果と同等

>坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニアなどの場合が多く、薬などの治療で効果が現れにくく重症のときは手術が検討されます。

ほかの治療法として、運動やストレッチによる理学療法、局所麻酔薬の注射を使った神経ブロック療法などがあります。

NSAIDsはとても多くの場面で使われる大切な薬ですが、適切な場合に使わなければ効果は期待できません。


はっきりいうとよく出されている、そして私も出していたNSAID(ロキソニン等)は腰痛の一つの原因である座骨神経痛には効かないというなかなかショッキングな論文紹介です。神経由来の痛みには炎症を鎮める薬ではなく直接神経に効果を及ぼさないという話です。

プラシーボが何かにもよりますが、腰痛は精神的影響もかなり強いことがつい最近のガイドラインにも指摘されています。昔のブログです。カロナール含め痛み止めはただの気休めで、かえって副作用のほうがということでしょうか。お年寄りの湿布も本当そのレベルですかね。申請の時は多分差があったでしょうに。人種などの問題もあるのですが医療は変わってきてますね。

まあ痛くなったら一番いいことは休みなさいということですね。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民進議員パワハラ"あまりに酷い"

    和田政宗

  2. 2

    ホンダは「怖いもの知らず」

    片山 修

  3. 3

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    "まとまらない"民進党の深刻な病

    週刊金曜日編集部

  5. 5

    西内まりや月9がワーストな理由

    永江一石

  6. 6

    清水出家に見る芸能界の"特殊性"

    渡邉裕二

  7. 7

    "スーツ恐怖症"の投稿に共感続々

    キャリコネニュース

  8. 8

    "過労死予備軍"を量産する業種は

    PRESIDENT Online

  9. 9

    日韓対立煽動に利用された"神話"

    WEDGE Infinity

  10. 10

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。