記事

がん闘病は「高額療養費制度」で十分なのか?

ジャーナリスト 桃山透=文

高額療養費制度でなんとかなる人は多い!?

がんなど、高額な医療費のかかる病気になっても、日本では高額療養費制度(※)があるから大丈夫、と思っている人は結構います。確かに家族がいても年収600万円ほどあり、きちんと民間の保険にも入っていれば、人によっては、それほど心配ではないかもしれません。


連載「ドキュメント 妻ががんになったら」が書籍化されました!『娘はまだ6歳、妻が乳がんになった』(プレジデント社刊)

私の妻の場合も高額療養費制度が適用されているため、薬代や検査費を含め、治療費が月4万4400円(治療開始3カ月間は月8万8800円。この治療費も後ほど差額分が返ってきます)ですんでいます。この制度が適用されるのも、私と妻、娘の3人で月5万円ほどの国民年金保険料を払っているからです。

つまり、高額療養費制度が適用されたとしても、わが家では月に最低9万4400円ほどの治療費・国民健康保険料がかかっていることになります。“最低9万4400円”というのは、高額療養費制度が適用されるのは、1つの病院に対してだからです。

たとえば、がん治療のために通っている病院以外に歯科医院に行ったりした場合、歯の治療費には高額療養費制度が適用されないのです。ですからこの金額を見ると、高額療養費制度があるとはいえ、結構お金がかかるんだな、と思う人は、意外といるのではないでしょうか。

このほか、民間の保険料として妻が半年に1回2万円ほど、私が月2万2000円ほど払っています。家族トータルでの保険料としては、それほど高くない金額だと思います(妻の保険内容は十分ではありませんが)。ただ、これらの保険料も含めると、わが家では月に12万円ほどの治療費・保険料がかかっていることになります。

不安定な自営業をしている私としてはかなりの痛手で、妻にも週2回、9時から15時まで派遣社員として働いてもらっているくらいです。恥ずかしながら、何年も前に貯金は底をついてしまったため、年老いた両親にお金を借りることもあるくらいです。

※高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度。

満足のいく治療は、やはりお金次第なのか?

それでも満足のいく治療が受けられるのなら……と思う人は多いかもしれませんが、これは最低限の治療にかかる金額といっても過言ではありません。たとえば、手術することになると別途費用が発生し、大金が必要となります。

治療に妥協したくないため免疫療法や粒子線療法、未承認の抗がん剤などの先進医療による治療を受ける場合は、保険適用外となってしまいます。そのため、これらの治療を受けるのに1回数万円から数十万円ものお金が別途かかります。

また、名医に診てもらいたい、となると、場合によってはかなり交通費がかかることもあります。私の知人で大阪にいる名医にパートナーを診てもらうため、月に何度か東京から新幹線で通っている人がいました。こうなると交通費以外に宿泊費もかかることがあります。この知人の場合、パートナーがひとりで行ける状態ではなかったため、2人分の交通費、宿泊費がかかったとのことでした。また、主治医を代えることで、最初の3カ月間は月8万8800円の治療費を用意しなければなりません。

そこまでしなくても、と思う人もいるでしょうが、どこまでも希望を追い求めたいと思うのが家族です。私の妻の場合、主治医から「治るとは思わないでください」といわれています。そのため先進医療を受けたり、名医に診てもらったりすることで、せめて寿命が延ばせるのなら、お金さえなんとかなれば、先進医療や名医に望みをかけたくなるのはいうまでもありません。私の妻の場合、お金がないために、これらの選択肢がなくなっているのです。

わが家以上にお金のない闘病者のなかには、高額療養費制度が適用されたところで毎月4万4400円も払えないため、治療をあきらめる人もめずらしくはありません。逆に、お金があっても、治療がつらくて精神的に限界を感じてしまって治療をあきらめる人もいます。

今、私の娘は11歳で、これから思春期を迎えます。妻の命があと2、3年で尽きるのと、あと5、6年で尽きるのとでは、娘の人生が大きく違ってくる、といっても過言ではありません。それが先進医療や名医に望みをかけることで、寿命が5、6年と延びる可能性は高くなるかもしれないのです。もしかしたら、可能性は少ないのかもしれませんが、完治も望めるかもしれないのです。このようなことを考えると、高額療養費制度だけでは満足のいく闘病はできない、といえます。

忘れてはならない子どもの将来のお金

年収600万円ほどあり、きちんと民間の保険にも入っていたとしても、住宅や車などのローンをきつめに組んでいたり、子どもがこれからお金のかかる時期だったりすると、いくら高額療養費制度が適用されても、かなり厳しくなると思います。闘病が長引くほど、将来のお金は残せません。

老後のお金以上に、親として気になるのが子どもの将来のお金です。高校を卒業するまでのお金なら、国立・公立の学費ならそれほど負担ではないでしょうが、私立だとそうはいきません。さらにお金のかかる習い事、留学、大学進学となると、年収700万円でも十分ではないと思います。

私の場合、子どもの将来のお金がなんともならない状態です。妻は、自分は長生きしないからなんとかなる、と考えているみたいですが、これでは妻の死を望んでいるようなもので、あまりにも悲しすぎます。妻を安心させ、「もっと生きたい!」と思ってもらうためには踏ん張らなければなりませんが、なかなか難しい問題です。

ただ、私も娘も、妻にはいつまでも生きていてほしい、と切望しています。そして妻に対する私と娘の想いが今後を左右する、と思っています。特に私の想いが本物なら、お金のことはなんとかなるはずです。なんともならなければ、私の想いが偽物なだけなのです。妻のため、娘のためにも、とにかく死に物狂いでがんばるしかありません。

あわせて読みたい

「医療費」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  2. 2

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  3. 3

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  4. 4

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  5. 5

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

  6. 6

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  7. 7

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  8. 8

    タバコは非合法化し農家に補償を

    メディアゴン

  9. 9

    待機児童 なぜ解決できないのか

    駒崎弘樹

  10. 10

    "普段着でお越し下さい"の正解は

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。