記事

金正恩氏が忘れられない「東京ディズニーランド」の思い出

金正恩氏

北朝鮮の音楽公演に世界中で大人気の米国のアニメキャラクターが登場した。

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは3日、万寿台(マンスデ)芸術団の三池淵(サムジヨン)楽団の新春公演の様子を放送。公演では、北朝鮮が敵国とする米国ウォルト・ディズニーのキャラクターが大挙登場した。

女子大生を拷問

ディズニーに限らず、北朝鮮がいくら敵国であろうと米国の娯楽文化を楽しむことになんら問題はない。むしろ米国だけでなく世界の文化を開放的にどんどん楽しむべきだ。

ただし、金正恩体制は一般庶民が海外の娯楽文化を楽しむことを厳しく統制している。それは、韓流ドラマのファイルを保有していたという容疑だけで、女子大生を拘束し過酷な拷問を加えたことからも明らかだ。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…)

金正恩氏は2014年の新年の辞でも「われわれの制度をむしばむ異質な思想と退廃的な風潮を一掃するたたかいを強力に繰り広げて、敵の思想的・文化的浸透策動を断固粉砕しなければなりません」と強調。「退廃的な風潮」と「敵の文化」とは、米韓をはじめとする資本主義国家の文化のことだ。

それでも、北朝鮮社会では韓流、そしてディズニーはこっそりと広く浸透している。なによりも建前で資本主義文化を目の敵にしている金正恩氏自らが靴下工場を現地指導した際、ディズニーを代表する「くまのプーさん」、そして日本のキャラクターである「キティちゃん」に言及したこともある。さらに、別の現地指導では日本の国民的アニメのキャラクターと一緒に写った写真さえ公開している。

(参考記事:金正恩氏と「くまのプーさん」と「キティちゃん」の“意外な関係”

今回の公演では、中盤の「世界アニメ映画音楽配信」というコーナーのアニメ挿入歌のメドレーで、「ミッキーマウス」「白雪姫」「美女と野獣」「ライオンキング」「カンフーパンダ」などの挿入歌が演奏された。ちなみに、この中では自他共に認める北朝鮮の名作アニメ「かしこいタヌキ」も演奏された。舞台のバックスクリーンには当該アニメのダイジェストシーンが流れ、テロップではタイトルも紹介されている。

日本のアニメも

この公演だけでなく金正恩氏時代になってから北朝鮮の音楽公演でディズニーキャラクターが頻繁に登場するようになったが、どうやら正恩氏はディズニーが大好きなようだ。それもそうだろう。実は正恩氏は91年に兄の正哲(ジョンチョル)氏とみられる男性とともに南米の偽造旅券で訪日し、東京ディズニーランドを訪問したとされているのだ。正恩氏は東京ディズニーランドで体験した楽しい思い出を忘れられないのだろう。

ただし、ここで1つ問題が出てくる。果たして「北朝鮮はミッキーマウスなどの使用許可を得ているのか」という問題だ。ディズニー社は自社のキャラクターの使用に関しては極めて厳しい姿勢を取ることで知られているからだ。韓国メディアによると、ディズニー社は「北朝鮮でミッキーマウスをはじめとするキャラクターの使用許可を要求されたことがない」と述べているという。つまり著作権などを無視した国家ぐるみの無断使用だ。

今回の公演に限らず、北朝鮮のあちこちでミッキーマウスなどのディズニーアニメキャラを見かけることは決して珍しくはない。それどころか、8月に韓国に亡命したことが明らかになった元駐英公使のテ・ヨンホ氏の子息は日本のアニメに親しんでいたというぐらい米韓や外国文化は北朝鮮社会に浸透しているのだ。

(参考記事:亡命した北朝鮮外交官、「ドラゴンボール」ファンの次男を待っていた「地獄」

そこで1つ提案したい。北朝鮮当局に対して、たとえば核査察ではなくいっそのことディズニー社も巻き込んで文化著作権査察のようなものを進めたらどうだろうか。この過程で、金正恩体制の人権弾圧ともいえる文化統制と、海外文化に対する欺まん的な施策をあぶり出せる。そして、一般庶民が公に海外の娯楽文化を楽しめる環境をつくるのだ。

また突拍子もない提案だが、今日本でも話題の「この世界の片隅に」を北朝鮮で上映するものいいかもしれない。物資が不足し統制が強まる第二次世界大戦中の日本で、けなげにささやかな生活を送るヒロインや周囲の庶民の姿に、北朝鮮の多くの人々が自分たちの境遇と重ね合わせて涙するに違いない。政治ではなくカルチャーによる「宥和政策」なら北朝鮮庶民も周辺国も大歓迎だろう。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  4. 4

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  5. 5

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  6. 6

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国の正義が生み出す短命大統領

    吉崎達彦(かんべえ)

  8. 8

    新潮45騒動で杉田氏を除名処分か

    SmartFLASH

  9. 9

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  10. 10

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。