記事

超集中! 我が子を「没頭体質」に育てる親の共通点5

国立大学教育学部付属小学校教諭 松尾英明=文

「うちの子は何をやらせても続かなくて」と嘆く親

「うちの子は何をやらせても続かなくて……。先生、どうしたらいいでしょうか」

父兄面談でよくされる相談です。「うちの子は集中力、持続力がない」または「目標がない、無気力」と思っている親御さんは少なくないようです。

一方で、寝食を忘れるほど何かに没頭する子供もいます。この差は、一体どこから生まれてくるのか。たまたまの素質によるものなのか、家庭教育に因るものなのか。本稿では、この謎について教師と親の視点から探っていきます。我が子を「没頭する子供」に育てている親の特徴を5つ挙げていきましょう。

我が子を「没頭する子供」に育てる親の特徴1
○「やりたいことがない」「夢や目標がない」子供を受け入れる

「夢や目標、夢中になれるものがないとダメだ」

大人の側が、このようにまるで強迫観念的に思い込んでいることがあります。子供は小さい頃、将来の夢が言えたのに、小学校に上がり、高学年、中学生へと成長するにつれて、「将来の夢がない」というケースが増えてきます。これは、ある意味自然なことです。

小さい頃は、自分の能力についても知らないし、認識している世界も狭いです。身近な大好きなもの、素敵だと思うものに「自分もなりたい」と思います(だから、将来の夢に「カブトムシ」と本気で書きます)。

しかし、大きくなるにつれて智恵もつき、様々なことを認識しはじめます。自分の知らない広い世界があることに気付いてくるのです。ソクラテスのいう「無知の知」です。自分は今、知らない、できないことが多い、ということを自覚するのは知的な進歩です。

広い世界を知って、何を選ぶべきかと迷う姿は自然です。心理学に「選択回避の法則」というものがあります。どういうものかというと、例えば次のような買い物の実験をしたとします。消費者は、ある商品が3種類程度棚に並んでいる時はどれかを選んで買うのに、100種類棚に並ぶと、買わなくなるそうです。

つまり、選択肢が多すぎると、選べなくなるのです。

将来の職業に絞っていうなら、江戸時代を考えてみてください。この時代、将来の職業は、一切の選択肢がなく決まっていました。職業は、原則すべて世襲です。こうなると迷う理由もなく、悩むこともありません。場合によっては、結婚相手すら決まっています。

今の時代は、職業選択の自由の社会であり、インターネットの発達も手伝って、見える選択肢がきわめてたくさんあります。というか多すぎるのです。よって子供が成長するに従って、かえって「将来の夢がない」と言うような状態に陥るのはおかしなことではありません。親の側が、まずその視点に立ちましょう。焦りは禁物です。

幼児の時代は、朝から夕暮まで公園の砂場でずっと穴を掘り続けたり、無心で虫を捕ったりという時間があったかもしれない我が子も、小学校高学年から思春期の頃に入ると、案外、没頭できるモノを見失い、ゲーム三昧ということになりがちです。でも、その没頭することがない時期は子供の模索の時期。親はじっと待つこと。その姿勢が大切です。

親の背中を見て子供も何かに打ち込む

我が子を「没頭する子供」に育てる親の特徴2
○親自身が何かに一生懸命に打ち込んでいる

立ち返って、我々大人はどうでしょうか。将来の夢はありますか。「将来の夢=職業」ということではありません。転職でも構いませんが、仕事関係に限った話ではありません。
英語でいうところの「dream」に当たるものです。実現しているものは夢ではないので、今すぐは難しくても叶えたいこと、少し遠い目標です。

あると答えても、ないと答えても、どちらでも構いません。

いずれにせよ、現状にそれなりに満足しているか、もしくは目の前のことにひたすら打ち込んでいるかということでしょうか。それはやることがあり、充実している証拠です。立派なことです。

結果的に、夢があろうがなかろうが「なるようになる」のです。将来の夢云々より、目の前のことに打ち込む資質を身に付けることの方が余程大切です。仕事でも趣味でも、何でもいいのです。没頭している親の姿を示しましょう。生きたお手本を見た子供は自分も何かに打ち込もうと思うはずです。

我が子を「没頭する子供」に育てる親の特徴3
○子供に適切な選択肢を示している

さて、本題に戻りましょう。いかに我が子を何かに没頭させるかです。例えば、親が「何か我が子に習い事をさせたい」と思います。「親が思うより、子供が自ら思わないと」と思うかもしれませんが、親が先に思うことは大切です。なぜなら、先に述べたように、子供が全く知らない世界は、選択以前の問題になるからです。

よって、「何でもあなたの自由にしていいのよ」というよりも、ある程度の選択肢を示してあげる方が適切です。

自分(親)がかつて野球少年だったから「少年野球」をすすめてもいいし、ピアノを習っていたから、ピアノ教室をすすめてもいいでしょう。「バイオリンが弾けるって素敵」「バレエって憧れる」など、自分が子供時代にできなかった憧れを投影しても構いません。「近くに○○の道場がたまたまあったから」という程度の理由でもいいのです。

いずれにせよ、何も提示しないよりずっといいです。何が我が子を没頭させるきっかけになるかわからないからです。

賢い親は子に絶妙な「きっかけ」を与える

我が子を「没頭する子供」に育てる親の特徴4
○子供が没頭する「きっかけ」を作っている

これまで15年間にわたり私が教師として見てきた数々の子供たちを考えてみます。没頭する子供の中には、全国レベルぐらいまで徹底的にその分野のことについて極めるケースもあります。その集中力やエネルギー量は、大人顔負けです。

そのように没頭している子供か親御さんには、大抵やり始めたきっかけを聞いています。

「きっかけ」を分類すると……。
A 親や兄弟、親戚がやっているのを見て子供本人がやりたがったから
B 親にすすめられたから
C 旅行など外に連れ出される中で興味をもったことだから
D テレビや漫画などで見て憧れたから
E 近所にたまたま教室やスクール、道場があったから

大体、こんなところになります。

A・B・Cはいずれも親が絡んでいます。Dは違いますが、この理由は多いです。ただし、ここは全国のどの子供も目にする機会があるもので、没頭する動機としてはやや弱めです。実際はDをきっかけにC(実際に見せに連れていってあげるなど)へ移行する、親による強化の行動が絡んでいることが多いようです。

Eの理由はありがちですが、実は大切な要素です。近所にあるというのは、送迎の必要がなく、親子共々負担が少ないので、続けるのにも有利です。「孟母三遷」の言葉に示されるように、親が教育の環境を整えることはとても重要な要因です。幼稚園入試や小学校入試が、親に熱を帯びさせる理由もここにあります。我が子の能力が伸びそうな環境を選べるのは、親だけだからです。

まとめると、没頭する子供になるには、親の与える「環境」が非常に重要だということです。

親が無理強いすると没頭体質の子にならない

我が子を「没頭する子供」に育てる親の特徴5
○子供の主体性を認めている

さて、先に「選択肢の提示はどんな理由でも結構」と書きました。しかし、「選択のさせ方」は慎重になる必要があります。

キーワードは「主体性」です。

「選択肢」の言葉の指す通り、子供自身が本当に選べることが大切なのです。つまり「やらない」という選択肢も認めることが最重要ポイントになります。ここがきちんと認められるからこそ、「お母さんがやらせたいから」というような、一見、親の身勝手と思えるような理由でもOKということになるのです(これは、教室で教師が子供に何かやろうと呼びかける時にも当てはまる話です)。

子供に選ばせる時に、親が無意識に「誘導」していないか細心の注意を払う必要があります。周りに「いい子」と評判の子供ほど、大好きな親の「無言の期待」に背いて傷つけてはいけない、期待に応えようと思っています。すると、無意識に自分に嘘をついて「やりたい」と言うことがあるからです。

また、選ばせる際に「やるからにはずっと続ける」ことを強要しないことも大切です。真剣に考える子供であればあるほど、いい加減に返事はできません。だから「やってみて、すぐ続けたくなくなるようならやめさせる」と親が腹をくくっている方が、子供は心理的にも思い切ってチャレンジすることができます。

なぜ、(すぐ続けたくなくなるようなら)やめさせるのか、その理由もきちんと伝えておくと良いです。その際、習い事における「大切なお金と時間を費やす」というコストの側面についても子供に教えることができます。

没頭して続けられるかどうかは、やってみた上での「結果」。要は、ペットを飼う時と同じで、結局子供では(続けられるかどうか)責任を取ることはできません。「絶対きちんと最後まで私が世話をする!」と自信満々で約束しても、ほぼ確実に親が面倒を見るはめになります。だから、心理的に子供に負担のかかる約束はさせないことです。

そうした親のプレッシャーのない状況で子供が「やる」と選んだものは、主体的に選んだとみなし、可能性の芽があると見ていいかもしれません。ただし、それはあくまでも「芽がある」程度。親の側は、他の選択肢もあり得るという頭で構えている必要があります。

結局、何かに没頭する子供というのは、できるだけの多くの体験をし、多くの人物に出会って、自分自身で選択の決定をしている子供ということになります。自分で選んだことなら、没頭できます。

豊かな体験や感動体験が大切といわれる所以です。没頭できる子供の家庭では、自然遊びや家族での旅行が多い理由も頷けます。主体的に選ぶ力があって、何かに没頭する力があります。

それに出会わせられるかどうかは、運任せでなく、親ができることがあるということ。その努力と工夫があった上で、最終的に子供が選び取るのです。そのために、まず親や教師といった大人が主体的に動き始めることが大事なのでしょう。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏"米のTPP脱退は朗報"

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    佐藤優氏が語る"トランプの正体"

    『月刊日本』編集部

  3. 3

    檻に入った黒人女性の写真が炎上

    長田雅子

  4. 4

    難関校を退学する子と親の特徴

    PRESIDENT Online

  5. 5

    雪の中の駅伝は"可哀想"なのか

    赤木智弘

  6. 6

    "不法占拠"とされるのが怖い韓国

    和田政宗

  7. 7

    会社員のメールに"萌える"人続出

    キャリコネニュース

  8. 8

    よしのり氏"トランプ演説は立派"

    小林よしのり

  9. 9

    橋下氏、反トランプデモを批判

    橋下徹

  10. 10

    中国人客のマナー 政府も苦悩

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。