記事

青学大圧勝!箱根駅伝の明暗を分けた「もう一つの要因」

フリーライター 吉田直人=文

“平常心”の横綱レースだった青学大

“稽古は本場所のごとく、本場所は稽古のごとく”。

第35代横綱、双葉山定次の言葉である。使い古された言葉かもしれないが、彼らには相応しい言葉ではなかったか。

青学大は致命的なミスも無く堂々たるレースを展開した。

93回目を迎えた箱根駅伝、青学大10区の安藤悠哉(4年)が日本橋を左折、フレッシュグリーンの襷が大手町に帰ってくる。安藤は初優勝のゴールテープを切った前々回と同様、両手を広げて3連覇のゴールに飛び込んだ。

初日の往路を終えて後続との差は33秒。拮抗した展開に沿道は沸き立つが、原晋監督は動じない。7区終盤における失速をものともせず、終わってみれば2位東洋大と約7分差の圧勝劇。戦前にライバルと目されたチームが実力を発揮しきれない中、選手層で優位に立つ青学大は致命的なミスも無く堂々たるレースを展開した。

総合タイムで見れば、直近3大会と比較して最も遅く、決してハイレベルなレース展開では無かった。にもかかわらず、なぜここまで差がついたのだろうか。垣間見えるのは、肝のすわった青学大の“リカバリー力”と、寄せきれないライバルたちの“歯がゆさ”だった。

大学三大駅伝と呼ばれる出雲駅伝、全日本大学駅伝における成績および、各選手の実力から、青学大のライバルと目されていたのは、東洋大、早大、駒大、東海大、山梨学大の5チーム。結果としてそれぞれ2位、3位、9位、10位。山梨学大に至っては体調不良の選手が続出したためベストメンバーを組む事が出来ず、1区で脱落。総合17位でシード権を失う憂き目にあった。

一時は手の届く位置まで肉薄しながらも、青学大の背中はすりぬけるように遠のいた。その裏にあるシンプルだがしたたかな区間配置。ポイントは2区、4区、6区である。

突発的なミスをもカバーする緻密な区間配置

大方の予想では、青学大は1区にルーキーの鈴木塁人を配置するとされていたが、実際に出走したのは三大駅伝初出走の梶谷瑠哉(2年)。3区は登り調子だが直近まで不調に喘いでいた秋山雄飛(4年)。5区は“ポスト山の神野”を担う貞永隆佑(3年)。

彼らとセットになるのは2区一色恭志(4年)、4区森田歩希(2年)、6区小野田勇次(2年)。一色は押しも押されもせぬ青学大のエース、今季ブレイクした森田は全日本大学駅伝MVP、小野田は前回同区間2位のスペシャリスト。異なる特長を持つランナーが、不安要素が残る区間の“アンカー役”として控えていた。

フタを開ければ、1区梶谷は4位で発進し、トップの東洋大・服部弾馬(4年)から4秒差で繋ぐ殊勲の走り。出鼻をくじかれたライバルチームを尻目に、2区一色は区間3位と滑らかに継走する。原監督の檄(げき)で奮い立った3区秋山でトップへ。5区貞永はやや苦戦するも想定内。むしろ、最終盤のペースダウンを食い止め、迫りくる早大の追撃を33秒差で振り切った。6区小野田の滑走で再び大差へ。アンカー役によるリカバリーの必要が無いほど、理想的な形でレースは展開した。

7区は過去2大会連続区間賞の“駅伝男”田村和希(3年)。実績は十分だが、ここで“まさか”が起こる。終盤にさしかかるまで快調に飛ばしていたが、体調不良を訴え突如失速。区間11位に沈んだのだ。約2分あった差は1分20秒余りまで縮まった。穴のないオーダーを敷き、盤石と思われていた青学大の復路。思わぬところで生じたほころびに、すかさずアンカーが発動する。

8区の下田は、原監督の指示に対する応答もそこそこに、序盤からアクセルを踏む。一時は危険水域に入った2位の早大が、豆粒のようになっていく。圧倒的な力を見せた下田は早大との差を約5分半とし、勝利への決定打となった。全日本大学駅伝に続いて打倒・青学の急先鋒となった早大はこの区間14位とブレーキ。青学大が一瞬見せた隙に付け込むどころか、下田によるリカバリーの前に屈する事になった。

8区でくさびを打った青学大は、9区、10区と無難に襷を運び、大手町に帰還した。両腕を上げ、笑顔で選手たちの元に戻る原監督。反対に、ライバルチームの指揮官は歯がゆい思いで自校のゴールを見届けたのではないだろうか。

レースの“流れ”をモノに出来るか

青学大の完勝に終わったものの、今回の箱根駅伝を語る上でもう一つの要素がある。

それはレースの“流れ”だ。

駅伝競走においては、レース展開、つまり“流れ”が重要なファクターである。曖昧な言葉なだけに解釈の仕方は様々あるが、ひとつには心理的な側面が大きく作用していると推測される。流れというからには上流があるはず。どこからレースの流れは生まれるのだろうか。前区間のランナーによる快走が生む昂揚。逆に、仲間の失速から生まれる使命感。無論それが逆に作用することもあるだろう。生み出された流れを堰き止めず、乗りこなすことが出来るかどうかで、総合順位は大きく変化してくる。

シード圏内で明暗が分かれたのは、順大と予選会から勝ち上がった神大、駒大と東海大の2グループといえる。総合結果は順大、神大が4位、5位。駒大、東海大が9位、10位。仮に前者をグループA、後者をグループBとする。後者に関しては主力選手の故障といったアクシデントも影響している。従って一概に言う事は出来ないが、流れをモノに出来たか否かという観点で区別する事も出来るのではないだろうか。

駅伝競走におけるランナーの心理状況は検証の余地を残すが、“流れ”を生み出す可視的な要因として以下の2点が考えられる。

(1)エースなどポイントになる選手が想定またはそれ以上の走りをする
(2)各区間に点在する要所でのペースダウンを最小限に防ぐ

中継用に設定されている各区間の定点計測タイムを参考に、上記2点について検証してみると、グループAとグループBではエースランナーの働きと、要所での粘りに違いが表れている。

ここでいう要所は具体的には以下と仮定したい。

●2区:権太坂~戸塚中継所に至るまでの約8km。ラスト3km、中継所に続く急登が選手を苦しめる
●4区:小田原本町~小田原中継所に至るまでの約3km。前回大会まで5区の一部であった登り坂が待ちうける
●5区:小涌園~芦ノ湖までの後半パート。箱根の山を登坂するクライマーにとって真の実力が試される
●6区:函嶺洞門~小田原中継所に至るまでの約3km。山を駆け下ってきた選手を待ちうける“魔の平地”。登りにも感じられ、ペースダウンを誘う。
●8区:茅ヶ崎~遊行寺に至る約9km。海岸沿いを離れて臨む遊行寺坂が最大の難所。この頃から気温も上昇傾向に。

白熱する“駅伝業界”の未来とは

神大、順大は(1)(2)いずれもバランスよく展開したレース巧者であった。他方で駒大は2区と山登りで得たアドバンテージを、その他のポイントでため込んだ借金が超過してしまった。エース中谷圭佑の失速による影響は大きく、故障上がりの中谷をポイント区間に起用せざるを得ない選手層の薄さを露呈する形となってしまった。東海大は、往路の主要区間を任され、台風の目になると思われたルーキーの失速が苦戦の一因と言えるだろう。

上述の通り、今大会は特定の区間を除いてタイムが全体的に伸び悩んだ。従って、ミスの少ない堅実なレース運びの可否が、上位争いやシード権争いを決する分岐点になった。

近年、陸上競技ファンという枠を超えて駅伝ファンともいうべきジャンルが確立し、その源泉が箱根駅伝にあることは言うまでもない。箱根駅伝のOBたちが実業団などへステップアップする事で、人気の好循環が生まれている。いわば駅伝景気といえる。

昨今のマラソン競技の低迷に伴って、駅伝文化に批判的な意見も存在することは事実であり、逆に駅伝なくして日本の長距離はあらずという状況もまた事実であろう。今回の箱根駅伝が閉幕した後も、慶應大による長距離強化方針の発表があった。2024年の第100回大会出場を見据えているという。

奇しくもポスト東京五輪の年である。その前に横たわる2020年。今大会で活躍した選手たちの世代が、日本代表の主軸を担う可能性は高い。

積み重ねの先に栄光がある。

選手はもちろんのこと、原監督始め各大学の指揮官たちも、同じ夢を見ているのではないだろうか。

あわせて読みたい

「青山学院大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  3. 3

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    金正恩氏 ちびデブ発言に怒りか

    高英起

  6. 6

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  7. 7

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏「文春から抗議文書」

    小林よしのり

  9. 9

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  10. 10

    民進から資金? 無所属の会に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。