記事

金正恩氏の「反省したフリ」は「大粛清」の予告だった!

金正恩氏

北朝鮮の金正恩党委員長は1日に発表した「新年の辞」の中で、「いつも気持ちだけで、能力が追いつかないもどかしさと自責の念に駆られながら昨年を送りました」などと述べ、北朝鮮の独裁者としては珍しく自己批判をして見せた。

どんな民主主義国家の元首にも劣らぬ殊勝な物言いだが、些細なことで国民を虐待・処刑する恐怖政治を、簡単に捨てるとは思えない。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

処刑前の動画公開

自己反省は、単なる表面的なイメージ戦略に過ぎないだろう――韓国メディアでは、概ねこのような見解が述べられている。

と思ったら、より衝撃的な分析が出てきた。韓国の情報機関、国家情報院傘下の国家安保戦略研究院は4日、要旨として次のような分析を示した。

正恩氏は最高指導者になった5年前、「人民が二度とベルトを締め付けない(飢えない)ようにする」と明言したが、核開発への執着や国際社会の制裁により、北朝鮮国民の生活はさらに悪化している。こうした現実を認めざるを得ない状況で金正恩は、自身が先に自責する姿を見せ、幹部の自己批判を誘導。これまでの不振を無能な幹部のせいにし、大々的な粛清と世代交代を推進していくつもりだ――。

当たっているとすれば、まさに狡猾と言うほかない。

実際、平壌で12月23日から25日にかけて行われた第1回全党初級党委員長大会について、朝鮮中央通信は次のように伝えている。

「初級党の活動が党の意図と革命発展の要求に追いつけずにいる偏向と欠点が深く分析され、相互批判が辛らつに行われ、欠陥から教訓を汲み取って徹底的に克服するための方途が討議された」

基本的に北朝鮮国営メディアは、誇張した成果を伝えることはあっても、体制にとってネガティブな内容は報じない。そうした意味でこの報道は異例であり、粛清の予告とも読めるものだった。

こうした空気を感じている北朝鮮の幹部たちは、生きた心地がしないだろう。なぜなら粛清には、残忍な処刑が伴うからだ。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

しかし、仮に幹部を世代交代させたところで、金正恩体制の何かが良くなるとも思えない。北朝鮮のようにカネもモノも足りない環境下では、現場の責任者たちが様々な場面で機転をきかせ、あるいは英断を下すことなしに、社会は回って行かない。彼らが恐怖政治の前で委縮してしまえば、どうにかこうにか回っている北朝鮮社会の歯車を、完全に狂わせてしまう可能性は低くないのだ。

金正恩氏は一昨年、スッポン養殖工場の視察中に激怒し、支配人を銃殺させた。北朝鮮メディアは、そのときの様子を動画で公開している。それを見ると、金正恩氏の前でこわばった表情で直立不動の姿勢を取る職員たちや、泣き顔のような表情をする老幹部らしき人物が映っている。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導】

無慈悲な「殺人」が行われる直前の恐怖の場面を、北朝鮮の人々はどのような思いで見ているのだろうか。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。