記事

昨年の紅白歌合戦の紅組の勝利はまさに専制エリート政治の典型。多くの視聴者は違和感を覚えたはず。専制エリートよりポピュリズムの方がずっとまし。- 1月7日のツイート

新年早々、不完全である民主主義の不完全さに延々ぶつぶつ言っていた朝日新聞。どうなることかと思いきや、本日、平和を祈るという意識から平和を築くという意識に切り替えようとの記事。毎日新聞も意識を切り替えよう。

メディア、特に読売新聞はヒステリックなまでに「ポピュリズム」という言葉で政治を語る。こんなの幼稚園児でもできること。ポピュリズムという言葉を使わずに政治を語ることで実力が高まる。

民主政治の本質はポピュリズムだ。ポピュリズムがダメなら専制エリート政治にするしかない。こちらの方がはるかに弊害が大きいことは歴史が証明済み。昨年の紅白歌合戦の紅組の勝利はまさに専制エリート政治の典型。多くの視聴者は違和感を覚えたはず。専制エリートよりポピュリズムの方がずっとまし。

慰安婦問題をめぐる日韓合意が時の政治状況で左右されてしまうのは、本質的な解決を避けて表面的な政治合意をしたから。慰安婦問題は正当化することなく他国比較をするしかない。戦時において韓国を含め他国も女性にどんなことをやっていたかを明らかにした上で日本の責任の範囲を定めるしかない。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン【ご購読はこちらから→】
http://hashimoto.president.co.jp/

 橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「ポピュリズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北朝鮮は米空母に手も足も出ない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    軍部で金正恩氏を嘲笑する風潮?

    高英起

  3. 3

    格安SIM「FREETEL」に行政指導

    S-MAX

  4. 4

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  5. 5

    創価学会と公明の荒れた内部事情

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    Amazonで詐欺を回避する方法

    S-MAX

  7. 7

    今村氏後任の吉野氏は"超"真面目

    早川忠孝

  8. 8

    参考人招致は実のある議論だった

    小林よしのり

  9. 9

    二階氏発言が示した自民のゆるみ

    大串博志

  10. 10

    なぜ日本のニュースは媚びるのか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。