記事

創業99年目、パナソニックの戦略 2017年CESリポート - 土方細秩子

 パナソニックはテスラと提携して進めてきたネバダ州レノのバッテリー工場、ギガファクトリーがついに稼働を初め、「世界のエネルギー・ストレージ」企業としての地場を固めつつある。今年が創業99年目でもあり、様々な分野での飛躍を目指すという。

 パナソニックが事業の柱として挙げるのはエネルギー、モビリティ、コネクティビティ、イメージングの4つ。エネルギーはギガファクトリーを進める一方で、曲げられる薄手のリチウムイオンバッテリーを開発、今後ウェアラブルスーツなど、体の線に沿ってフレキシブルさが求められるバッテリーとして期待される。

 モビリティに関しては、パナソニックが北米で展開する事業のうち、すでにパナソニッ
ク・オートモティブが規模として最大のものになっている、という。車内搭載型のコミュニケーションシステムなど、車のコンポーネントを制作するほか、コミュニケーションシステム用のソフトウェアもこれまでにアンドロイドベースのものを147制作済みだという。

 自動運転に関してはクアルコム、グーグルなどとも協力体制にあり、SKIP Generation IVIというシステムで車のコネクティビティに取り組んでいる。

 コネクティビティに関しては、昨年のCESで発表したコロラド州デンバーとの「スマートシティ」計画が着々と進んでいる。デンバーの空港から市の中心であるユニオン・ステーションを結ぶ鉄道路線に沿って、例えば人の動きに合わせて照明が点滅するなどのシステムがすでにできており、今後さらなる発展によりデンバーを米国のスマートシティの中心地とする様々なアイデアがある。市内のスタジアム、オフィス街、住宅なども合わせ、ソーラールーフによるキャノビーなどで環境に優しいサスティナブルな都市作りが基本のコンセプトだ。スマートシティにはEZ10と呼ばれる自動運転の小型バスなども含まれ、パナソニックの技術を総結させた内容となる。このためパナソニックもパブリックセクターは今後の重要なクライアントである、と認識している。

 またパナソニックは昨年フェイスブックのデータアーカイブ用にフリーズレイというペタバイトのデータストレージシステムも提供、今後のビッグデータ社会への備えも行っている。

 一方、イメージングはエンターテイメントにも広く利用されている。2016年のリオ五輪の開会式、閉会式のセレモニーにも同社のビデオプロジェクト技術が用いられた。「2020年の東京五輪でどのようなイメージを披露できるか、待ちきれないほどだ」とこの分野でも自信を見せる。

ディズニーと提携

 このイメージング技術により、パナソニックはディズニーとの提携を発表した。今後数年内に同社の技術を用いたディズニーワールド、ディズニーランドでの新たなアトラクションの開発が予定されている。その内容は明らかにされていないが、ディズニーのコンテンツとパナソニックの技術が組み合わさった夢の世界が展開されるかもしれない。

 こうしたB2Bの部分でのプレゼンスは十分なのだが、家電メーカーとしてのパナソニックの米国における市場は縮小の傾向にある。LGやサムスンの発表と比較すればその部分は明らかで、スマート家電でIoTを次々に発表する韓国のライバルに対し、今回のCESでパナソニックが発表したのは卓上型のコンベクションオーブンとデジタルカメラ「ルーミックス」の最新型となるGH5のみだった。小型ながら短時間で異なる素材を同時に料理できるオーブン、ライカレンズを使った人気シリーズの最新作ではあるが、話題性には欠ける。

 ソリューション・プロバイダーである一方で、創業以来の伝統を守り個人の顧客への家電事業も大事にしていく、というパナソニックだが、今回はスマートハウス系の発表はなく、個々の顧客を対象としたIoTへの取り組みが今後どうなっていくのかが課題と言えるかもしれない。

あわせて読みたい

「パナソニック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    昭恵氏メール報道 TVで印象操作?

    小林よしのり

  10. 10

    ヤマトは「第二の電通」とすべき

    中嶋よしふみ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。