記事

トヨタの自動運転はどこへ行く? 2017年CESリポート - 土方細秩子

 トヨタがラスベガスで開催中のCES2017で自動運転のコンセプトカー、「愛i」を発表した。トヨタが独自に開発中のAIシステム「ゆい」をコアとし、「車と人との関係性を求めた」デザインだという。デザインは同社のCALTYデザインリサーチセンター(カリフォルニア州ニューポートビーチ)で作られ、コアとなるシステムは昨年トヨタがCESで設立を発表したトヨタ・リサーチ・インスティチュート(マサチューセッツ州ケンブリッジ)によるものだ。

 同社の北米上級副社長ボブ・カーター氏は「トヨタは車を単にA地点からB地点に移動するための手段とは考えていない。人と車との間に暖か味のある特別な関係を築きたいと考えた」とコンセプトについて説明した。ゆいによってユーザーの例えば心拍数なども測定され、車がドライバーの気分まで推し量ってくれる、という。

トヨタのコンセプトカー「愛」

 コンセプト愛は未来的なデザイン、上に向かって開くドア、ボディ部分にガラスが多用されている、など人目をひく。今すぐに実用化が可能なものではないが、今後数年以内に日本で走行実験が行われる予定だという。

 ただし今回のプレゼンテーションでは素材やシステムの詳細などの説明は行われなかった。自動運転車両であること、AIによって車と人とがコミュニケーションできることのみの説明で、この車がどこを目指しどのような形でドライバーの生活の質を高めることができるのか、不明な点も多い。

 多少辛口になるのは、昨年BMWが「ネクスト100」と名付けた地域限定のイベントを行い、同様に未来のコンセプトを発表したが、形としては今回のコンセプト愛に似ているものの、「ホイールカバー部分が形を変えることができ、コーナリングで片方は膨らみ片方は狭まることでローリングを抑える」「ファイバーグラス製のボディで衝撃を吸収する」といった具体的なビジョンがあった。またドライバーの癖や好みを覚えて、乗り込むと自動的に座席の位置を変更させたり好みの音楽を流す、といった人と車のコミュニケーションについても想像できたが、トヨタの場合は「使えば使うほどに車がユーザーについて深く学ぶ」というAIとしての一般的な説明にとどまったためだ。

1年間の研究成果に言及なし

 さらに辛口を重ねると、コンセプト愛の発表後にトヨタ・リサーチ・インスティチュートのギル・プラット氏が登場したのだが、現在スタンフォード、ミシガン、MITという3つの大学と提携し自動運転の研究を進めている、最初の1年で150人を雇用し、今年も新たに100人の雇用を予定している、という説明にとどまった。1年間の研究の成果について言及がなかったのである。

 この後プラット氏は自動運転のSAEによる定義、つまりレベル1-5で5が完全なる自動運転、という説明に移ったが、すでに自動運転というシステムが登場して数年がたち、レベル1-5についての知識もある程度広まっている中でなぜ今その説明なのか、一聴衆として多少不満を感じる内容だった。

 トヨタは他の自動車メーカーがバッテリーの開発研究などにも参画してEV普及への道を歩む中、水素や燃料電池という独自路線を歩んでいたはずだが、それについての説明もなく、コンセプト愛のドライブシステムについても言及されなかった。

 コンセプト愛のデザインそのものは悪くなかっただけに、トヨタが求める方向性がより明確に打ち出されることを今後希望したい。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 菅直人氏に「猛省求める」

    BLOGOS編集部

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    皇太子への失礼な記者質問に怒り

    赤池 まさあき

  4. 4

    森友学園 攻める朝日に"紙爆弾"

    文春オンライン

  5. 5

    金正男氏殺害で東南アジアが激怒

    高英起

  6. 6

    空き家増でも新築が増える不思議

    沢利之

  7. 7

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

  9. 9

    菅氏敗訴に"極めて残念な結果"

    菅直人

  10. 10

    "朝鮮特需"のメディアに望むこと

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。