記事

AI社会到来で300万人が失業 米ホワイトハウスがリポート

人工知能(AI)の普及は新たな産業の勃興を促そうとしている。しかし、それと同時に膨大な数にのぼる雇用がテクノロジーによって脅かされる。12月20日、米ホワイトハウスはAIの普及が経済に与えるインパクトを考察したリポートを発表した。

それによるとAIの台頭により産業革命以来の変化が訪れ、人々は自動化により仕事を失う。新たな仕事に就くために別のスキルを学ぶ必要に迫られる。リポートは脅威にさらされる職種は全体の9%から47%としており、AIは単一のテクノロジーというより、テクノロジーの集合体であるため、様々な分野にまだらに浸透していくと述べている。

最初にインパクトを受けるのは自動化が容易な分野で、学歴が低い人々ほど影響を強く受けるという。リポートは特に自動運転に関して詳しくリポートしており、米国の220万人から310万人の雇用に影響するという。ただし、この数値には今後新たに創出される雇用は含まれていない。

では、AIにより創出される仕事とはどんなものなのか? 「未来の仕事」を予測することは極めて難しいが、いくつかの大まかな予測は立てている。その一つはAIの普及により、顧客とのエンゲージメントが増加し、そこに人間の手が必要になる場面が増えるケース。もう一つは、AIが業務を効率化し、より高い生産性をもたらずケースだ。

例えば、遠隔地の顧客の事務所までクルマを運転するセールスマンの場合、自動運転の登場により、運転に注意を払う必要が無くなり、その時間を販売の準備や分析に充てられるようになる。

また、AI技術の浸透により、AIの開発を行なうプログラマーの雇用は増大する。さらにAIの運用がプログラム通りに行なわれているかを監視するチームも必要になるだろう。

リポートはAIの普及により、雇用のパラダイムシフトが起こると結論づけている。自動運転が完全に普及したならば、それにふさわしい都市計画の遂行が必要になるだろう。

AI社会に対応した労働人口の育成が必要

しかし、特筆すべきはAIが生むほとんどの仕事で、教育レベルやスキルの高さが求められることだ。AIの台頭に備え、現状よりも多様性に富んだ労働力の拡大が必要であるとリポートは述べている。

「調査結果から、同質集団よりも多様性を持つグループのほうが、課題解決を効率的にこなせる」とリポートは指摘する。「そのためには科学テクノロジー分野で多様な人材を育成し、AI領域に多様な労働者を送り込むことが必要になる」としている。

未来の仕事に米国人が適応するためには、教育制度や就業訓練の改善も必要になる。全ての人々がコンピュータやデジタル機器へのアクセスを持つことも重要だ。また、大学等に限らず職場でのトレーニングの重要性も指摘されている。

最終章でリポートは、AIの普及で膨大な数の人々が失った場合、どう対処すべきかにふれている。AIによる自動化による最もネガティブなインパクトは、失業だ。これに対処するため、失業給付などの社会的セーフティーネットの増強が求められる。

各州は失業給付期間の延長や、職業訓練プログラムの導入を検討すべきだ。全体的には、今回のリポートはAIの台頭が経済的メリットをもたらすとしているが、行政側が対応を怠れば、そのメリットは全国民には行き渡らない。「自動化の恩恵を最大化するためには、行政側の多大な働きかけが必要だ」とリポートは結論づけている。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    個人タクシー 強まる負の印象

    山本直人

  2. 2

    平昌五輪を政治利用している韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    "遅れたら無料に"民進議員が炎上

    キャリコネニュース

  4. 4

    なぜ娘のAV出演を認められるのか

    幻冬舎plus

  5. 5

    「トヨタ叩き」の意外な狙いとは

    PRESIDENT Online

  6. 6

    高学歴 卒業後は役に立たない?

    キャリコネニュース

  7. 7

    豊洲土地購入めぐり石原氏に訴状

    THE PAGE

  8. 8

    読めば納得"夫の○○が入らない"

    柴那典

  9. 9

    東京新聞は"権力のポチ"ではない

    小林よしのり

  10. 10

    高評価されるケネディ大使の功績

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。