記事

世界最大の家電見本市「CES」の主役は自動車?

あけましておめでとうございます。
今年も、本ブログをよろしくお願いします。

さて、“初荷”ともいうべき、今年最初のブログのネタは、もっともホットな自動車メーカーの動向です。

米ラスベガスで現地時間5日から8日まで、世界最大の“家電見本市”であるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー/セス)が開催されています。1967年にニューヨークでスタートしてから半世紀にわたって続く、歴史あるショーですよね。

そのCESは、近年、様変わりしています。
家電見本市というより、ハイテクの見本市になっているんですね。今年の主役は、家電よりむしろ、自動車関連技術やAIのようです。

家電と自動車の境目がなくなりつつあるのは、いまに始まったことではありません。もはや世界的な潮流です。そういえば、日本のCEATECは、昨年、「家電見本市」ではなく「 “CPS(サイバーフィジカルシステム=実空間と仮想空間を融合させたシステム)/IoT(モノのインターネット)”の総合展」をうたい、IoTを全面的に打ち出しました。

ひと昔前、2000年代には、CESの主役はテレビをはじめとするAV機器でした。ソニー、パナソニック、シャープ、サムスン……と、会場には大型テレビが並び、画質の美しさを競い合っていた。まさしく“家電”の見本市でしたよね。

それが、2010年代に入ってから、スマートフォンやタブレット端末が台頭し、インターネットに接続できるテレビ、ウェアラブル端末などが注目され始めた。去年のCESは、VR(バーチャルリアリティ)が大きな注目を集めていましたね。

そんななか、近年、一気に存在感を増しているのが自動車関連技術、さらにはAI(人工知能)の分野です。今年は、日本の大手自動車メーカー3社、トヨタ、日産、ホンダが参加しているほか、フォード、フィアット・クライスラー、BMWなども出展しています。自動車関連技術を出展する企業は145社にのぼるとか。

当然、ボッシュやコンチネンタルといった世界の自動車部品大手に加え、日本の電機メーカーではパナソニックも、車―車間通信や次世代コックピットなどの自動車関連技術を出展しています。

さらに、AI技術です。アマゾンやマイクロソフトは独自のAI技術をもつほか、近年、レノボやGE、ワールプール、サムスンなどもアマゾンやマイクロソフトのAIを使ったサービスや商品を発表しています。 トヨタは、今回のCESに、AIや自動運転機能などを搭載したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」を出展しました。AIでドライバーの表情やデ動作をデータ化し、例えば、ドライバーが疲れていると判断すれば、ラベンダーの香りを漂わせるなどするといいます。  10年ぶりの出展であるホンダも、ソフトバンクのAI技術「感情エンジン」搭載のコンセプトカーを出展しています。

CESはこれから、どこへ向かうのか。
もはや “家電”のくくりに回帰することはないでしょうね。当面は、自動車関連技術が存在感をもつ時代が続くのではないでしょうか。

家電メーカーも自動車メーカーも、部品メーカーも、生き残りをかけて、変化する市場環境に適応する力が問われているのは間違いありません。

あわせて読みたい

「CES」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  8. 8

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

  9. 9

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。