記事

iPhone 8、急速充電・タップ起動に対応か 独占リーク情報を入手

Gordon Kelly

アップルが今年発売する次世代iPhoneについては、これまでのリーク情報から、デザイン刷新により全面ガラス製になることや、現行機種のアップグレード版に当たる「7s」と「7s Plus」に最上位機種の「8」を加えた3モデルが用意されることが伝えられている。だが、筆者がこのたび独占入手した情報から、これまで長く待ち望まれてきた2つの重要機能が新機種に搭載されることが明らかになった。

以下は、著名なリーク情報提供者で私の良き友人でもあるソニー・ディクソンから入手した新型iPhoneに関する最新情報だ。

1.急速充電に対応

ディクソンは、新モデルが3機種発売されるとの情報を改めて事実と認めた上で、3モデルの全てに充電ポートを管理する新型チップ「トライスター3ハイドラ」が搭載され、急速充電が可能になると語っている。ただ、これには不確定要素も幾つかある。

まず、既存の急速充電規格との互換性があるかどうかは不明だ。同チップはクアルコム社製ではないため同社の規格「クイック・チャージ」には対応しないが、アップルがマックブック製品で積極的に採用しているUSB3.1を利用したものになる可能性はある。ただ、多額のライセンス料をアップルにもたらしているライトニング端子が撤廃される可能性はかなり低いだろう。

次に、チップが急速充電に対応していたとしても、実際に急速充電機能を搭載するかどうかは限らない。実は、iPhoneの現行モデルはiPadの充電器を使えば充電速度を改善できるのだが、iPhoneは高額な価格設定がされているにもかかわらず、この充電器は付属しない。理由は不明だが、アップルがこの充電器を一般消費者の耳に触れないようにしていることは明らかだ。

最後に、ワイヤレス充電についての情報は今のところ入っていない。ただ、筐体の素材が変更されることから、筆者はワイヤレス充電対応の可能性もあると期待している。

2.「タップで起動」はiPhone 8限定機能に

ディクソンによると、アップルはアンドロイド携帯で搭載されている「タップして起動」機能をついに採用する予定だという。ただ、対応するのはデザインが刷新される「8」のみで、iPhone 6から続くデザインを引き続き採用する「7s」と「7s Plus」では対応が見送られる。

スクリーンをタップするだけで通知内容をプレビューできる同機能は、アンドロイド携帯では下位モデルの多くにも搭載されており、アップルの判断は不可解だ。ただ、ディクソンに情報を提供した関係者は同機能が「今のところ」iPhone 8のみに搭載される予定だと語っており、今後方針が変わるかもしれない。

iPhoneの販売台数減少に直面し、3世代連続で代わり映えしないモデルを世に送り出したことで、革新的な製品を開発する能力を失ったのではとも言われているアップルにとって、2017年はそうした懸念を払拭する大きなチャンスだ。だが同時に、堅実なアップグレードや、これまで無視し続けてきた重要機能の搭載にも取り組む必要がある。

OLEDの「曲面スクリーン」や高性能デュアルカメラといった新機能は発表時の目玉となるかもしれないが、「タップして起動」や急速充電は日々の使用において同じくらい便利な機能となることだろう。

翻訳・編集=遠藤宗生

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店は休業中?川越シェフの現在は

    文春オンライン

  2. 2

    永田町に「4月解散総選挙」の噂?

    文春オンライン

  3. 3

    反日以上になった韓国の反中感情

    団藤保晴

  4. 4

    脱北女性を売買 20代は45万円

    高英起

  5. 5

    石原氏三男 政治資金でスタバか

    文春オンライン

  6. 6

    空港カレーが"デキる人"を壊す?

    広瀬隆雄

  7. 7

    籠池氏「講演料10万円支払った」

    文春オンライン

  8. 8

    橋下氏が語る森友問題の「核心」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    "生活費が高い都市"で日本上位に

    My Big Apple NY

  10. 10

    "保険会社の人は買わない"保険

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。