記事

疎遠になった親族に相続が発生したら

伊藤達也=文 澁谷高晴=撮影

音信不通になった兄家族

そもそも、話し合おうにも家族や親戚の間での交流が長く絶たれている人もいる。千葉県在住の公務員・酒井昌也さん(仮名・55歳)も親戚との関係に悩んだ一人だ。

酒井さんは4人兄妹の次男。5歳年上の兄と、下に2人の妹がいる。ただ、兄は8年前、50歳の若さで急性のすい臓がんで亡くなった。酒井さんは事情をこう語る。

「もともと10年前に父が亡くなり、認知症の母の介護のやり方について揉めたことで、兄の家族とは疎遠になっていました。兄は自分の家で母の面倒を見ると譲らなかったのですが、兄嫁はあまり介護に協力的ではなかった。嫁という立場の難しさはあるのでしょうが、母との関係はだんだん悪化し、ケンカも絶えなくなった。兄が病気になったのをキッカケに、無理を言って、母親を福祉施設に移しました。兄の葬式以来、兄一家と話したことはありません」

酒井さんの心配は、現在も介護施設に暮らす母の体調が最近すぐれないということ。母も今年84歳。

もし亡くなったときを考えると、遺産相続の問題が出てくる。認知症患者が遺言書を書いても効力が認められるケースは稀だ。酒井さんのケースでは、残された家族で遺産分割協議をすることになる。

「亡くなった兄には、娘が2人いるんです。姪たちは母と同居したとき、それなりに仲良くしていたのですが、いまではまったく交流がない。私は連絡先さえも知りません。しかし、彼女たちにも『代襲相続人』として相続の権利があると知り、どうしようかと……」(酒井さん)

代襲相続とは、亡くなった人の子供に相続権があるが、その子供がすでに亡くなっていて孫が存在する場合、その孫に相続権があることを意味する。つまり、酒井さんの姪2人も母の遺産の相続人ということだ。

親戚で揉めたときの切り札

酒井さんのケースのように、どうしても家族や親戚の間のコミュニケーションが難しい場合には、専門家に依頼することも選択肢の一つになる。介護・福祉系法律事務所「おかげさま」代表の外岡潤氏は言う。

「相続手続きについては行政書士や司法書士、税理士、そして弁護士が専門家として挙げられます。日頃関係の薄かった遺族が遺産分割をする段階で権利を強く主張してくる、という例は頻繁に見られます。私の事務所にも疎遠な親戚との関係に悩んで相談に来られる方は多いですね」

酒井さんの場合、妹の息子が行政書士として働いていた。酒井さんは遺産相続とは直接関わりのない甥に、姪に連絡をとってほしいと依頼。結果として、甥は姪だけではなく、酒井さん、妹2人にも話を聞きにいき、それぞれの思いをまとめ上げる役割を担ってくれた。

外岡氏によれば、同じようなケースで弁護士に依頼した場合にかかる費用は最低で20万円から30万円。もし事前の相談なく、遺産分割協議でトラブルが起こって裁判沙汰にでもなれば、より高額な費用がかかる。それを考えれば、専門家に相談するという選択は現実的だろう。

専門家という意味では介護の専門家であるケアマネジャーも重要だ。福祉社会学を教える宇都宮大学准教授の中川敦氏は「弁護士もそうですが、その分野の専門家は『会話分析』の観点から見て有効な話し方を身につけている人が多い」と言う。

「ケアマネジャーは介護の知識はもちろんのこと、高齢者とのスムーズな会話術を日々の仕事のなかで習得しています。ベテランになるほど、数分間で相手の気持ちを引き出すこともできるようになる。私が接してきたなかでは、『地域包括支援センター』のケアマネジャーにはとても信頼できる人が多い」(中川氏)

コミュニケーションに不安があるなら、専門家に頼ることも必要だ。

弁護士・ホームヘルパー2級 外岡 潤
東京大学法学部卒業後、2007年弁護士登録。09年、日本初の「介護・福祉系」を標榜する法律事務所「おかげさま」を開設。紛争を話し合いで解決する技術「メディエーション」の啓発に注力。

宇都宮大学地域デザイン科学部准教授 中川 敦
早稲田大学大学院博士課程修了。島根県立大学専任講師などを経て、現職。専門は福祉社会学と会話分析。現在、遠距離介護での会話分析への取材協力者を中川敦研究室HPで募集中。

あわせて読みたい

「遺産相続」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。