記事

『スピリチュアル・ライフのすすめ』を読んだ

スピリチュアル・ライフのすすめ (文春新書)
樫尾 直樹
文藝春秋
売り上げランキング: 18817


 献本頂きました。ありがとうございます。

 タイトルとオビを見て、正直身構えた。「あなたの不安や悩みを根本から可決する七つのエクササイズ」…。これはヤバい香りがする…。「はじめに」を読んで不安は高まった。

 本書があなたに伝えたいのは、そうした良質なスピリチュアリティ文化のエクササイズである、坐禅やヨーガの体操・呼吸法・瞑想を行なうと、心身のバランスがとれて健康になって、心が安定して自分に自信が持て、他人にも優しくなれるうえに、人生の不安がどんどん解消されていく、ということである。

 著者の樫尾直樹・慶應大学文学部准教授は、宗教学・文化人類学専攻だという。ちゃんとした学者先生が「ダイエットや禁煙に成功したし、肌もきれいになってからだも柔らかくなった」というのはまだしも、「遅かった筆も速くなり、仕事も超はかどるようになった」というのはどうなのよ??

 しかし、第一章以降を読み進めるにつれて、不信の念は薄まった。なんというか、「悟って」ない。カミサマの側にイっっちゃったひとではないということが、ご自身の「スピリチュアル・ライフ」のサイクルを紹介する筆致で分かってくる。何よりも、「こうなきゃダメ!」といった峻厳さはなく、適度にいい加減に「修行」しているのだ。実際書いていることはそこそこ雑念や煩悩が散りばめられている。著者の言葉を借りれば「宗教の専門家」ではないふつうの人間にとっては、神や原理といった絶対的存在と一体化してしまったら、生活に支障をきたすので「大いに困る」し、「最悪の場合は、オウム真理教になってしまう」ということになる。

 著者は、研究者としてスピリチュアリティ文化に関心を持ったきっかけは、オウム真理教地下鉄サリン事件以降、現代の宗教文化の負の側面が明らかになったことだという。安易なスピリチュアル・ブームが流行する状況を批判的に研究をはじめて、その過程で身体実践をしてはじめて、真のスピリチュアリティがわかる、ということだったという。本書では、「良いスピ」「悪いスピ」という区分けで、現代スピリチュアリティの光と闇の部分に言及し、読者が「悪いスピ」にはまらないような言及がなされている。

 実際、私Parsleyも「アッチが強くなる」という邪まな仮説のもとホットヨガをはじめたことがあるのだが、確かに「スピ体験」はある。プログラムを一通り消化して横になって目を閉じると、講師の先生の「ことば」が、そのまま脳に直接届くような感覚をもったし、ほんとうに頭がからっぽになって余計なことがいつの間にか抜けていくのだ。あのリラックス感はほかではなかなか味わえない。

 第二章のエクササイズの説明は、著者なりのノウハウを順を追って説明されている。特にヨーガと坐禅の部分が篤い。何と言ってもご自身がモデルの写真付き!

 ただ、慶大の先生にまでなった方なので、ところどころで自己研鑽的というか、社会的な成功といった「邪念」が見え隠れするところが、注意ポイントといえばそうなるだろうか。また、ちょっとしたことで「悪いスピ」に転びかねない、ということは、いくら注意してもしすぎることはないだろう。

 そのような意味においては、あとがきの後にある「おすすめパワー・スポット20選」は蛇足だったように思えて少し残念だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  2. 2

    飲食経営の美談に隠れた労働問題

    東龍

  3. 3

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  6. 6

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  7. 7

    橋下氏 エアコン検討より実施を

    橋下徹

  8. 8

    LGBT支援を批判 自民議員に苦言

    足立康史

  9. 9

    自民を造反しない進次郎氏に失望

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    気温35度超で児童の外出禁止せよ

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。