記事

2016年有難うございます!!

 本年も、残すところ、わずかとなりました。
 
 私の手帳には、今年の冒頭に、「人は何によって覚えられたいのか」という、ピーター・ドラッガーの言葉を記し、一年の指針としていました。

 「沖縄・保守・未来」。

 敬愛する先輩から、「複雑な政治状況で、悩むことがあったら、沖縄・保守・未来に立ち返るといい」というアドバイスがあり、私としては、この3つのキーワードに加え、国会議員である以上、祖国の国益、国際社会における日本のプレゼンスの拡張という目標を意識しながら、活動を心がけてきました。

 まだまだ、達成に対する、未熟さを意識しつつ、混沌とした先行きが不透明な時代状況だからこそ、「どんな時代になるのか」という傍観者的な受け身の姿勢でなく、暗闇の中に、光を見出すような、未来志向の、積極果敢な、「時代をつくる」という氣概に満ちた政治姿勢が大切であると信じています。

 今年は、世界的にも、国内的にも、また、沖縄県内も、動乱に満ちた一年でしたが、6月の県会議員選挙、7月の参議院選挙、そして、衆参同日選の解散風や、年末年始の解散話等もあり、緊迫が続いた日々でした。

 そして、国会対策副委員長として、本会議や委員会の開催調整等、政治の裏方、舞台回し、政治のスケジュール作りなどを通して、より深く、大局的に、国会議員の仕事と役割を理解できた有意義な一年でもありました。

 国会対策委員の役付きは、国会開催中、中々、地元に帰れず、地元滞在時間も短いものですから、挨拶回りや、支援者との意見交換、意思疎通等への課題もありましたが、今後も関わっていきたい分野です。

 宏池会の沖縄研修も思い出に残る出来事です。

 研修の地方開催は、宏池会として、初めてのケースであったそうですが、沖縄の課題解決と同時に、沖縄の可能性や潜在力や懸け橋としての役割に、研修メニューの力点を置きました。

 そして年末の沖縄関連税制と沖縄予算。

 厳しい内容ではありましたが、沖縄を特別扱いするのでなく、そして、国家戦略としての沖縄を思考しつつ、その役割と内実を戦略的に位置づけ、沖縄振興計画の折り返し地点に相応しい、県益と国益の合致点を模索しなければ、国民の共感を得られない時代状況の変化を体感した時でもありました。

 また、オバマ大統領の広島訪問と、安倍総理の真珠湾訪問、そこに於ける感動的な歴史的なスピーチも、日米関係にとり、重要な一年です。

 また、天皇陛下の生前退位、譲位の意向をお示しになられた、「お言葉」も、肝に銘じなければならない出来事でした。

 超高齢社会における、象徴天皇の役割は何なのか。

 来年は、日本国憲法施行70年の節目にもなりますが、緊急事態条項や環境権など新たな権利のみならず、国家国民の安寧を祈る、祭祀を司る、天皇陛下の掛け替えのない御意義も、憲法論議を通した中で、静かに腰を添えて熟慮すべき大切なテーマです。

 アメリカ大統領や、北方領土を巡るロシヤや、経済が落ち着きつつある中国の動向や、国際社会も課題、話題、難問が山積していますが、「乗り越えることができない試練は国にも人にも訪れない」と信じていますし、日本の底力を心底信頼していますので、前向きな、未来志向の、意思と戦略に基づいた楽観主義を、来年は貫いていきたいです。

 本年も、いつも、誠に、ありがとうございました。

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タカタ倒産 問題は「無能」社長

    東京商工リサーチ(TSR)

  2. 2

    橋下氏「偏向報道批判は無意味」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    飲食店が非常識な子連れ客に失望

    キャリコネニュース

  4. 4

    武井壮 甲子園出場監督に猛反論

    キャリコネニュース

  5. 5

    駐車場前へ車停める人に怒り心頭

    krmmk3

  6. 6

    陰毛トリマー 斬新演出でヒット

    PRESIDENT Online

  7. 7

    ダンプ松本を潰した小泉今日子

    NEWSポストセブン

  8. 8

    終戦日の靖国神社では勧誘やめよ

    田野幸伸

  9. 9

    戦争に踏み込む社会状況の怖さ

    山口浩

  10. 10

    和田政宗議員のブログは水準以下

    米山 隆一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。