記事

2016年のベストムービー:邦画、外国映画、ドキュメンタリー、アニメーション

今年公開の作品の個人的ベスト10です。今年も見逃してしまったので、選ぶのも心苦しいのだけども。邦画実写、外国映画実写、ドキュメンタリー、アニメーション、総合と分けてみました。その方がたくさん紹介できるなと思ったので。

邦画実写

1:オーバー・フェンス
2:リップヴァンウィンクルの花嫁
3:シン・ゴジラ
4:淵に立つ
5:SCOOP!
6:ヒメアノ~ル
7:HiGH&LOW THE MOVIE
8:ちはやふる 二部作
9:アイアムアヒーロー
10:葛城事件

まず邦画実写編。山下敦弘監督の「オーバー・フェンス」が一番良かったです。蒼井優の芝居は最高だったし、あの何も解決してないんだけど幸せが訪れるあの瞬間、素晴らしかったです。あんななんでもない日常に説得力が持たせることができる山下監督は本当に凄い監督ですね。
2位は岩井俊二監督の「リップヴァンウィンクルの花嫁」。岩井ワールド全開でしたね。Coccoは神がかってた。
「シン・ゴジラ」はやはり興奮したし、いろんな人がいろんな見地から意見を表明してそれを読むのも楽しかったですね。
個人的に今年1番の新しい発見だったのは「HiGH&LOW THE MOVIE」でした。日本のアクション映画の未来はLDHに任せておけば明るい、そんな風にさえ思えるほど面白かったです。続きが気になるので早く作ってください。

外国映画実写

1:ルーム
2:ハドソン川の奇跡
3:ボーダーライン
4:サウルの息子
5:彷徨える河
6:ヒトラーの忘れもの
7:ある戦争
8:マネーショート 華麗なる大逆転
9:ティエリー・トグルドーの憂鬱
10:スポットライト 世紀のスクープ

「ルーム」はすごかった。世界を描くんじゃなく、世界に出会った瞬間の新鮮な感動を描いていることに驚いた。外の世界を知らないからこそ想像力が無限に拡がり、監禁部屋=地獄、外の世界=楽園という単純な図式にしていないのも良かった。2位の「ハドソン川の奇跡」は相変わらずイーストウッドはすごいなと。ちょっと散歩にでも行くくらいの感覚で傑作映画作ってる感じがする。
新作のSF映画「メッセージ」大変評判のドゥニ・ビルヌーブ監督の「ボーダーライン」は3位。この監督はハズレがない。カナダ時代の「灼熱の魂」から見てるけど、全然違う題材やジャンルでもすごく上手く撮っている。本当に実力のある監督だなと思う。
「サウルの息子」と「彷徨える河」はともに没入感の高い作品。その作品の世界を体感させることに関しては、巧みな2D作品は、VRと比べてもまだまだ一日の長があることをこの2本は証明してる。
6位と7位の2本はともにデンマークの戦争を扱った作品。のっぴきならない人間の理不尽さを描いていて、リアリティも抜群で大変によく出来た作品です。

ドキュメンタリー

1:チリの闘い
2:シチズンフォー スノーデンの暴露
3:FAKE
4:AMY エイミー
5:ヤクザと憲法
6:シリア・モナムール
7:ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜
8:牡蠣工場
9:DOGLEGS
10:さとにきたらええやん

1位の「チリの闘い」と2位の「シチズンフォー」は、ともに作品としての完成度だけでなく、現実の歴史が動いた瞬間をカメラに収めているという点で、映像資料としても凄まじい価値を持った作品です。「チリの闘い」はチリのクーデターの内情を、「シチズンフォー」は、スノーデン事件の当事者によって、その暴露の瞬間を撮っています。
3位の森達也監督の「FAKE」は今年一番その内容で物議をかもした作品です。森達也ワールド全開の作品でしたね。
「AMY エイミー」は本当に切ない作品でした。結末を知っているからこそ、見ている間、心が引き裂かれる。

アニメーション

1:この世界の片隅に
2:映画「聲の形」
3:父を探して
4:君の名は。
5:レッド・タートル ある島の物語
6:亜人3部作
7:同級生
8:ズートピア
9:ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
10:劇場版 艦これ

「この世界の片隅に」はなんというか、もう殿堂入りのレベルでした。「聲の形」は山田尚子監督が天才であることを証明した作品になりました。
今年はアニメ映画が話題になることが多かったですが、海外のインデペンデントアニメーションも見る機会の多い年でした。その中でも「父を探して」は強い驚きのある作品でした。ジブリの「レッド・タートル」と同じく台詞のない作品なんですが、こういうタイプの作品が見る機会が増えるのは嬉しいですね。「ソング・オブ・ザ・シー」も良かった。
BL漫画原作の「同級生」は隠れた傑作でした。作画もすごいレベル高い作品でこれも驚きました。
ポリティカル・コレクトネスが、いろんなところで叫ばれた一年でしたが、ある意味それを象徴するような作品が「ズートピア」でしょうか。ディズニーくらい巨大な市場で作品を見せていくには、現代ではあんなにも多くのことに気を使わなければいけないのだなというのを実感しました。それでもきちんと質の高いエンタメに仕上げるディズニーもさすがです。

総合

1:この世界の片隅に
2:チリの闘い
3:ルーム
4:シチズンフォー スノーデンの暴露
5:映画「聲の形」
6:ハドソン川の奇跡
7:FAKE
8:オーバー・フェンス
9:ボーダーライン
10:リップヴァンウィンクルの花嫁

総合だとこんな感じでしょうか。「この世界の片隅に」と「チリの闘い」は殿堂入りです。

 
その他、2016年の映画界の動きで重要と思った3つについて、こちらの記事で書いています。

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック
この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック
posted with amazlet at 16.12.30
『この世界の片隅に』製作委員会
双葉社
売り上げランキング: 300
Amazon.co.jpで詳細を見る

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日米が演出 「開戦前夜」の狙い

    PRESIDENT Online

  2. 2

    橋下氏"日米は韓国の声聴くべき"

    橋下徹

  3. 3

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  4. 4

    元モー娘。小川麻琴が大学講師に

    メディアゴン

  5. 5

    メルカリで卒アルを売買する理由

    キャリコネニュース

  6. 6

    自民が超会議でカレーを無料配布

    キャリコネニュース

  7. 7

    日本電産会長が億単位の寄付

    中田宏

  8. 8

    中国人金持ちマダムの旅行に密着

    文春オンライン

  9. 9

    首相の「森友隠し」思惑は外れた

    五十嵐仁

  10. 10

    「ゴムつけて」反発しない伝え方

    市川衛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。