記事

オーストラリアでクレジットカードを使う時の注意点2つ

161230card2

オーストラリアに来て、不思議に思うことはたくさんあるのですが、中でも一番違和感があったのがクレジットカードの追加チャージでした。ホテルでもレストランでもタクシーでも、現金ではなくカードで支払いをしようとすると、追加で料金がかかるのです。

写真はシドニーのフォーシーズンズのレセプションで見つけたものですが、グレードの高いホテルでも堂々とチャージレートが呈示されています。

タクシーもほとんどの車がカード利用可能でしたが、空港に向かう車は支払をクレジットカードでしようとしたらカード手数料5%かかると言われて、あわてて現金をかき集めて支払をしました。

日本ではクレジットカードを利用する時に手数料を取るのは、加盟店側がカード会社から禁止されていると記憶しています。SHINOBY`S BAR銀座でもカード利用でも現金と料金は変わりません。加盟しているお店からするとカード支払いの場合はカード会社に3%程度の手数料を払わなければなりません。カード手数料を取りたいのが本音ですから、現金の方がありがたいのです。

もう1つ、カードに関してオーストラリアで気を付けなければいけないのが、アメリカンエキスプレスが使えないお店が意外に多いことです。VISA、Masterはコンビニのような小さなお店でも問題なく使えますが、アメックスは半分くらいの確率で利用不可と言われます。これもアメリカや欧州とは何だか勝手が少し違います。いずれにしても手数料が1~2%取られるのですが、少額であれば気にならなくなりました。

チップの習慣が無かったり(レストランではチップを記入する欄はありますが払わなくても何も言われません)、カードの手数料がかかったり、やっぱり「あべこべの国」には戸惑うことが多いのですが、気候は20度から30度と快適で、シドニーの街はリゾート気分に溢れのんびりとした雰囲気に包まれています。

もうしばらくオーストラリアの温暖な気候を味わって、帰国する予定です。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 資産デザイン研究所のセミナーやイベントの最新情報はセミナー最新情報でご案内しています。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年12月30日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログ

あわせて読みたい

「オーストラリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計と今治市の補助金巡る泥仕合

    田中龍作

  2. 2

    日大広報は正論 TV取材は非効率

    安倍宏行

  3. 3

    安倍政権が保つ支持率3割の裏側

    紙屋高雪

  4. 4

    加計の面会否定は安倍擁護ありき

    猪野 亨

  5. 5

    橋下氏「日大の指揮官許せない」

    AbemaTIMES

  6. 6

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  7. 7

    ユニクロ元社員が内情を実名暴露

    文春オンライン

  8. 8

    「俺知らない」日大理事長の放言

    AbemaTIMES

  9. 9

    野田前首相が官邸の抜け道を指摘

    野田佳彦

  10. 10

    内田前監督が居座る日大の異様さ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。