記事

稲田防衛相は軽量級から超軽量級に

稲田防衛相がこのタイミングで靖国に参拝する動機はなにでしょうね。安倍総理が真珠湾攻撃の犠牲者らが眠る墓地で献花し黙とうをささげ、アリゾナ記念館で演説したことが、保守系の米国メディアもが評価していたのですが、それを台無しにしかねないリスクを負ってまで靖国に参拝ですか。

しかもこの歴史的な訪問に緊張した面持ちでハワイに出発した安倍総理と対照的に、まるで小学生が修学旅行に向うように満面の笑みをたたえていた稲田防衛相が印象的でした。

あまりに軽いのです。靖国参拝は「祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表することは、どの国でも理解して頂けると考えている」とのことですが、そうでないことは誰が考えてもわかることで、それでも信念があって強行するのなら、そう言えば良いのです。

邪推かもしれませんが、真珠湾の犠牲者に黙とうをささげることに超保守派が反発することをおそれ、靖国に参拝することで我が身を守ったということではないでしょうか。

これまでも軽すぎる大臣として資質が疑われてきた稲田防衛相ですが、さらに減量してまた一ランク下げ、勝ちを狙ったという感じですね。国益を第一に考えるという意識が欠けているのではないかと疑ってしまいます。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川氏の政権批判は「逆恨み」か

    宇佐美典也

  2. 2

    読売「委員会NP」露骨な印象操作

    大西宏

  3. 3

    前川氏証言が嘘なら朝日潰れる?

    和田政宗

  4. 4

    朝日が加計報道で犯したタブー

    和田政宗

  5. 5

    菊川怜は芸能界を引退するべきか

    信託大好きおばちゃん

  6. 6

    たけし軍団「AV女優全員ヤッた」

    文春オンライン

  7. 7

    表現の自由狭める「放送禁止歌」

    蓬莱藤乃

  8. 8

    T・ウッズ許されぬ2度目の裏切り

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    大戸屋に迫るやよい軒唯一の弱点

    PRESIDENT Online

  10. 10

    菅直人氏「首相の居直りに怒り」

    菅直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。