記事

稲田防衛相は軽量級から超軽量級に

稲田防衛相がこのタイミングで靖国に参拝する動機はなにでしょうね。安倍総理が真珠湾攻撃の犠牲者らが眠る墓地で献花し黙とうをささげ、アリゾナ記念館で演説したことが、保守系の米国メディアもが評価していたのですが、それを台無しにしかねないリスクを負ってまで靖国に参拝ですか。

しかもこの歴史的な訪問に緊張した面持ちでハワイに出発した安倍総理と対照的に、まるで小学生が修学旅行に向うように満面の笑みをたたえていた稲田防衛相が印象的でした。

あまりに軽いのです。靖国参拝は「祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表することは、どの国でも理解して頂けると考えている」とのことですが、そうでないことは誰が考えてもわかることで、それでも信念があって強行するのなら、そう言えば良いのです。

邪推かもしれませんが、真珠湾の犠牲者に黙とうをささげることに超保守派が反発することをおそれ、靖国に参拝することで我が身を守ったということではないでしょうか。

これまでも軽すぎる大臣として資質が疑われてきた稲田防衛相ですが、さらに減量してまた一ランク下げ、勝ちを狙ったという感じですね。国益を第一に考えるという意識が欠けているのではないかと疑ってしまいます。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  9. 9

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。