記事

稲田防衛相は軽量級から超軽量級に

稲田防衛相がこのタイミングで靖国に参拝する動機はなにでしょうね。安倍総理が真珠湾攻撃の犠牲者らが眠る墓地で献花し黙とうをささげ、アリゾナ記念館で演説したことが、保守系の米国メディアもが評価していたのですが、それを台無しにしかねないリスクを負ってまで靖国に参拝ですか。

しかもこの歴史的な訪問に緊張した面持ちでハワイに出発した安倍総理と対照的に、まるで小学生が修学旅行に向うように満面の笑みをたたえていた稲田防衛相が印象的でした。

あまりに軽いのです。靖国参拝は「祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表することは、どの国でも理解して頂けると考えている」とのことですが、そうでないことは誰が考えてもわかることで、それでも信念があって強行するのなら、そう言えば良いのです。

邪推かもしれませんが、真珠湾の犠牲者に黙とうをささげることに超保守派が反発することをおそれ、靖国に参拝することで我が身を守ったということではないでしょうか。

これまでも軽すぎる大臣として資質が疑われてきた稲田防衛相ですが、さらに減量してまた一ランク下げ、勝ちを狙ったという感じですね。国益を第一に考えるという意識が欠けているのではないかと疑ってしまいます。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    産経の慰安婦報道こそ"捏造"

    週刊金曜日編集部

  2. 2

    金正男氏遺体 八つ裂きの可能性?

    高英起

  3. 3

    なお東芝に隠される大きなリスク

    片山 修

  4. 4

    "性器凍結"で性生活が向上する?

    フォーブス ジャパン

  5. 5

    高齢者風俗嬢が日本に一石投じる

    文春オンライン

  6. 6

    "東芝の危機"で浮かび上がる日立

    THE PAGE

  7. 7

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  8. 8

    不人気蓮舫氏の"性格と言い回し"

    ヒロ

  9. 9

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  10. 10

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。