記事

稲田防衛相は軽量級から超軽量級に

稲田防衛相がこのタイミングで靖国に参拝する動機はなにでしょうね。安倍総理が真珠湾攻撃の犠牲者らが眠る墓地で献花し黙とうをささげ、アリゾナ記念館で演説したことが、保守系の米国メディアもが評価していたのですが、それを台無しにしかねないリスクを負ってまで靖国に参拝ですか。

しかもこの歴史的な訪問に緊張した面持ちでハワイに出発した安倍総理と対照的に、まるで小学生が修学旅行に向うように満面の笑みをたたえていた稲田防衛相が印象的でした。

あまりに軽いのです。靖国参拝は「祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表することは、どの国でも理解して頂けると考えている」とのことですが、そうでないことは誰が考えてもわかることで、それでも信念があって強行するのなら、そう言えば良いのです。

邪推かもしれませんが、真珠湾の犠牲者に黙とうをささげることに超保守派が反発することをおそれ、靖国に参拝することで我が身を守ったということではないでしょうか。

これまでも軽すぎる大臣として資質が疑われてきた稲田防衛相ですが、さらに減量してまた一ランク下げ、勝ちを狙ったという感じですね。国益を第一に考えるという意識が欠けているのではないかと疑ってしまいます。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  3. 3

    素人の妊娠中武勇伝は命に関わる

    Chikirin

  4. 4

    安倍首相の外交 海外から揶揄

    秋原葉月

  5. 5

    貧困状態の子 学力が小4から低下

    日本財団

  6. 6

    希望の党 変調の陰にいた人物は

    早川忠孝

  7. 7

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  8. 8

    日本のキャッシュレス化遅い理由

    AbemaTIMES

  9. 9

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    内定辞退に学生「選択肢ある」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。