記事

「現実を変える力があるのは理想だけなんです」~「嫌われる勇気」の哲学者・岸見一郎さんに聞く

1/2

フロイト、ユングと並ぶ心理学の「三大巨頭」とされるアドラーが、いま日本で注目されている。ブームの火つけ役となったのは、ダイヤモンド社から出版された書籍「嫌われる勇気」だ。哲学者の岸見一郎さんとライターの古賀史健さんの共著である同書は、人生に大きな悩みを抱えた青年と、その悩みに答える哲学者の対話という形式で、アドラー心理学の本質をわかりやすく伝えている。

続編である「幸せになる勇気」も含めて200万部近いベストセラーとなり、2017年1月からテレビドラマも放送される「嫌われる勇気」。なぜ、いまの日本でアドラー心理学が人々の関心を集めるのか。その魅力はどこにあるのか。岸見さんにインタビューした。(取材・構成:亀松太郎)

日本社会が「アドラーの思想」に近づいてきた

BLOGOS編集部

――「嫌われる勇気」の発行部数は現在150万部、続編の「幸せになる勇気」も含めると190万部の大ベストセラーとなっています。ここまで大きな反響を呼んだのは、なぜでしょうか?

アドラーは1870年生まれ。夏目漱石(1867年生まれ)と同年代の心理学者です。明治元年が1868年なので、アドラーは明治時代の人物なのですが、その考え方は非常に新しい要素を含んでいます。なかなか時代が追いついてこないので、私は「アドラーは時代を1世紀先駆けしている」と言ってきました。ところが「嫌われる勇気」を出版したら、これだけ広く受け入れられた。ということは、いよいよ日本の社会がアドラーの思想に近づいてきているのではないか、という気がしています。

――どういうことでしょう?

「嫌われる勇気」の読者は若い人が多いのです。「大人のいいなりになっていてはいけない」という危機感が、若い人たちの間で強まっているのではないかという気がするのです。「大人のいいなりになっていたら自分の人生を生きられない」と考えるようになった若者たちが、この本を読んで、「嫌われることを恐れてはいけない。自分が言いたいことを言わなければいけないし、やりたいことはやらないといけない」と勇気づけられたのではないか、と思っています。

そのような考え方は、年長者の大人からみれば、社会の秩序や和を乱す行為として受け取られるかもしれません。でも、そういう偽りの秩序、偽りの調和は、誰かがいったん破壊しないと、本当の意味での「人と人との結びつき」は達成できない、と私は考えています。

この人と人との結びつきをアドラーは「共同体感覚」と呼んでいるのですが、本当の結びつきを達成しようとするならば、たとえ親子や上司・部下の間でも、おかしいと思うことがあれば、「それは違うんじゃないか」と指摘しなければならない。それによって一時的に摩擦が生じるとしても、最終的には、本当の人と人との結びつきにつながるだろう、ということです。そういう意識の変化が、あらゆる人間関係について起きつつあるのではないでしょうか。

――「おかしいと思うことはちゃんと言わなければいけない」ということが、本のタイトルにもなっている「嫌われる勇気」なのだと思います。ただ、実際に学校や職場で、はっきり自分の意見を言おうとすると、まさに勇気がいりますよね?

そうなんです。たしかに勇気がいりますね。実は、私のカウンセリングに来る人は、みな「いい人」ばかりです。別の言い方をすると、八方美人。みんなに「イエス」としか言えない人。だれに対しても異議を唱えないから、すごく「いい人」で、上司からみたら「いい部下」なのです。でも、それではダメだということで、上司に対して「それはどうなんでしょう、お言葉ですが…」と言える人が増えてくると、社会は変わってくるはずです。

実をいうと、先見の明がある上司は、遠慮しないで言うべきことを言える部下と関わるほうが面白いのだと気づきます。なんでも「イエス」という人と一緒に仕事をしても面白くないですから。

この「嫌われる勇気」という本は、ライターの古賀史健さんと編集者の柿内芳文さんと私の3人で、2年がかりで作ったんですけど、彼らは私の言うことを聞きませんでしたからね(笑)。私は原稿のゲラに赤を入れたら必死で直そうとしますが、彼らは、私が「これは違うんじゃないか」と言っても、自信があるからほとんど認めてくれない・・・。でも、そういう人と一緒に仕事するから面白かった。若い人のほうが、はるかに優れた感性を持っていると思うので、私は彼らをすごく尊敬していました。

上司と部下の関係も、上司が部下をもっと尊敬して、部下と対等な関係を持つようになれば、きっと変わってくると思います。でも、今は「偽りの上下関係」にとどまりたい上司もたくさんいます。そういう上司はたぶん、「対等な関係になったら部下に馬鹿にされるんじゃないか」と、恐れているんでしょうね。そして、部下が生意気だと思ったときに理不尽に叱りつけたり、押さえつけたりしようとするんですが、これはアドラーの言葉でいうと「劣等感の裏返し」なんですね。

上司と部下というのは役割の違いであって、人間としての上下を意味しているわけではありません。上司の立場にある人たちがそう気づき始めると、社会がずいぶん変わってくると思いますが、いまは若い人のほうが先に目覚めている感じがします。

上司が部下をほめるのは「家来」にするため

BLOGOS編集部

――「嫌われる勇気」の中では、人と人の対等な関係を「横の関係」と呼んでいて、すべての対人関係を「縦の関係」ではなく「横の関係」にしていくのがよいと提唱しています。しかし、日本語には「敬語」があるので、上司と部下の関係を「横の関係」にするのは難しいのではないか、とも思うのですが?

面白い視点ですね。「嫌われる勇気」のドラマのなかでも「先輩・後輩と呼ぶのはやめてくれ」というシーンが出てきます。「横の関係」を築くために、上司を役職で呼ばないで「さん」づけで呼ぶとか、「○○先輩・後輩」と呼ばないようにするという工夫もありうるでしょう。ただ、敬語自体が大きな問題なのではなく、意識の問題ではないかと思います。意識さえ変われば、敬語の存在は、それほど問題にならないはずです。

あえて言えば、上司が部下に対して「敬語」を使ってみるというのも良いかもしれません。たとえば、上司が「コピーをとってこい」と言うのではなく、「コピーをとっていただけませんか」と言ってみるのです。私は、親子関係について話すとき、「子どもに敬語を使いましょう」と勧めています。

部下や子どもになにかをしてほしいとき、「なになにしろ」と命令形の言葉を使うのではなく、「なになにしてくれませんか」と疑問文にしてみる。あるいは、「なになにしてくれると助かります」という仮定文を使ってみる。それぐらいの表現の工夫はあってもいいかなと思いますね。

――アドラーの考え方によれば、上司が部下を「叱ること」が良くないのはもちろん、「ほめること」もすべきではないとされていますよね。しかし、部下をほめるというのは、一般的に良いことだと考えられていると思うのですが・・・

上司が部下を「ほめる」という行為には目的があります。それは部下を自立させないということです。部下に出世や報酬をちらつかせて、自分の家来を作ろうとしているのです。自分の勢力を職場の中で広げていくときに使う方法が「部下をほめる」ということです。

基本的に、ほめるという行為は上下関係を前提にしています。上の立場にある人が下の立場の人を評価するという側面があるのです。

たとえば、私のカウンセリングにある時小さな子どもを連れてくる女性がいて、1時間のカウンセリングの間、3歳の女の子が静かに待っていたことがありました。そのような場合、普通、親は「えらかったね。よく待っていたね」とほめるでしょう。でも、もし同行してきたのが、彼女の夫だったとしたら、カウンセリングが終わったあとに「えらかったね」とほめるでしょうか。もし妻がそんなことを言ったら、夫は馬鹿にされたと思うでしょう。

つまり、ほめるというのは「上から目線」なのです。能力のある人が能力のない人に、あるいは、偉い人がそうでない人に、上から下にくだす評価の言葉が「ほめ言葉」です。上司の場合は、部下との間に「主人・家来関係」を作るために、部下をほめるのです。

あわせて読みたい

「哲学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  3. 3

    北朝鮮の狙い通りに騒ぐマスコミ

    AbemaTIMES

  4. 4

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  5. 5

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  6. 6

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    正恩氏の下半身まで暴く名物記者

    PRESIDENT Online

  8. 8

    早期解散する自民党の強迫観念

    吉崎達彦(かんべえ)

  9. 9

    米紙 日本の慰安婦像抗議は過剰

    NewSphere

  10. 10

    加計学園 地元の今治市民がデモ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。