記事

怒濤だった2016年。の巻 - 雨宮処凛

2016年も残すところほんのわずかだ。

 本当に本当に、いろんなことがあった1年だった。ざっと振り返ってみても、イギリスのEU離脱問題、トランプ氏の勝利、相次ぐテロ、シリアの惨状、そして難民といったキーワードが浮かぶ。同時に浮かぶ言葉と言えば、排除や差別、排外主義といったものだ。

 国内に目を転じれば、相模原事件や沖縄での「土人」発言、はたまたオスプレイの事故後すぐに再開された飛行や、夏に起きた高校生への貧困バッシング、原発事故自主避難者の「みなし仮設住宅」からの来年3月追い出しといった問題が浮かぶ。これらに共通する言葉もやはり、「差別」だ。

 派遣村くらいの時から、ずっと「社会の底が抜けた」という表現を使ってきた。が、本当に、どこから手をつけていいのかわからないくらいに、様々な悪意が集合無意識となって世界を自暴自棄な破滅に向かわせているかのような、そんな1年だったように思う。そして1年の終わりには、「駆けつけ警護」の運用が開始された。

 この1年の自分の連載を読み返してみると、他にもいろいろなことがあった。1月には「格安バスツアー事故」で多くの大学生が命を落とした。4月には、「パナマ文書」が世界を騒がせた。5月には、イラク戦争の検証をする公聴会が民間有志で開催された。7月には参院選と都知事選があり、10月には電通の高橋まつりさんの死が労災と認定され、12月に入ってから、TPPや年金法案やカジノ法案があっという間に可決・成立した。

 バスツアー事故や電通の過労死など、働く人々の環境はより劣悪になる一方で、パナマ文書に象徴されるように、富裕層は税逃れにより更に富を拡大させている。世界的に格差が広がり、不安定化、貧困化が進む中で、フランスやオーストリアなどでも極右政党が支持を伸ばしているという事実。多くの国で、おそらく多くの人が「剥奪感」を抱え、そこにナショナリズムが忍び寄るような構図が浮かび上がる。

 さて、こんな流れにどうやって対抗していけばいいのか。

 そのひとつのヒントも、今年書いた原稿の中にあった。それは9月に開催された「NO LIMIT 東京自治区」。韓国、台湾、香港、中国、マレーシアなどなどアジアのマヌケな人々200人と連日のように路上飲み会やデモ、イベントを繰り広げ、「国際連帯」を実践した一週間。それは確実に、このグローバル資本主義の中、排外主義の誘惑に絡めとられず、「これからの世界」を模索する取り組みだった。

 そうして11月には、韓国で「大統領退陣」を求める巨大デモが始まった。デモを受けて、朴大統領は辞意を表明。隣の国で、人々の怒りの声が歴史を動かした瞬間を私たちは目撃した。

 報道を見ていると、あのデモの背景には、これまで溜まりに溜まっていた怒りがあったことに気づかされる。過酷な受験戦争の中、裏口入学していた崔氏の娘への怒りを口にする高校生・大学生。また、就職も結婚もできないという韓国の若者たちの不満。

 この10年、韓国の格差社会に注目してきたが、聞こえてくるキーワードは悲惨としか言いようのないものばかりだった。例えば少し前まで若い世代は「3放世代」と呼ばれていた。恋愛、結婚、出産の3つを諦めた世代という意味。これがいつからかマイホーム、人間関係を諦めた「5放世代」となり、気がつけば、更に夢、希望までをも捨てた「7放世代」という言葉になっていた。

 厳しい受験戦争に勝ち抜いても職がなく、非正規で働くしかない韓国の若者たち。だからこそ若者たちは「安定」を求めて公務員試験に殺到し、コシウォン(考試院)という勉強部屋に住み込んで公務員試験に備えている人も多い。そんなコシウォンには、日本のネットカフェのように住居がなく住んでいる人もいるそうで、08年にはコシウォンで31歳無職の男性が放火。更には他の宿泊客を刃物で切り付け、6人が死亡、7人が重軽傷を負っている。男性は生活費に困っていた上に以前から自殺願望があり、「世間が無視する。生きていくのが嫌になった」と供述したという。奇しくも同年、日本では秋葉原無差別殺傷事件が起きている。

 もうずっと前から日本と韓国では、驚くほど似通った絶望が社会に漂っているのである。

 格差や貧困が深刻化しているのは日本と韓国だけではない。世界中の先進国で、同じような現象が起きている。私たちはたぶん、似た種類の「絶望」を手がかりに、連帯できると思うのだ。そのひとつの実践が、「NO LIMIT 東京自治区」だった。

 さて、絶望ばかりもしていられないが、この国でも、ある意味「絶望」から始まったような運動が支持を集めている。それは「AEQUITAS(エキタス)」。最低賃金1500円を求める彼らがなんで「絶望」? と思う人もいるかもしれないが、デモでの彼らの等身大のスピーチを聞いていると、一度「絶望」した人が、遂に言葉を獲得し、地上に這い上がり、やっと自らの思いを言葉に乗せられたような、そんな迫力に身震いするからだ。

 2017年は、どんな1年になるだろう。残念ながらあまり楽観できる要素はないが、ここで黙ることは現状を容認することだ。声を上げつつ、そして声なんかとても上げられない人々の小さな声にも耳を澄ましつつ、多くの人と「よりマシな未来」を模索したいと思っている。

あわせて読みたい

「格差社会」の記事一覧へ

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  2. 2

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  3. 3

    "普段着でお越し下さい"の正解は

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    メンタル崩壊 清水富美加の才能

    松田健次

  5. 5

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  6. 6

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  7. 7

    プレミアムフライデーは意味ない

    小林よしのり

  8. 8

    タバコは非合法化し農家に補償を

    メディアゴン

  9. 9

    待機児童 なぜ解決できないのか

    駒崎弘樹

  10. 10

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。