記事

「お帰りになられます」、その日本語、正しいですか? 『「ほぼほぼ」「いまいま」?! クイズ おかしな日本語』 著者インタビュー - 中村宏之

 日本語は難しい。正しいと信じ込んで、知らないうちに誤用している言葉が実はたくさんある。自分が思っていたものと意味が全く違っていた単語も多い。新しい概念を含んだ、聞き慣れない日本語も多く生まれている。光文社新書の『「ほぼほぼ」「いまいま」?! クイズ おかしな日本語』を読むと、そうしたことに気づかされ、クイズ形式で自分の日本語力を判定することができる。著者の野口恵子さんに執筆の動機などを聞いた。

――本書を書かれた動機は。


『「ほぼほぼ」「いまいま」?! クイズ おかしな日本語』

(野口恵子、光文社)

野口:文化庁の調査に基づいて、日本語にどんな誤用が起きているのかを調べました。例えば、「おざなり」と「なおざり」という言葉がありますが、間違って使っているのにそれを正しいと思っている人もいます。私は外国人学生のほか、社会に出る前の日本人学生にも日本語を教えていますので、やはり正しい言葉を身につけたほうがいい。そういう思いから本書でいろいろと考えてみました。

――恥ずかしながら記者である自分も気をつけないと誤用することがよくあります。

野口:言葉は美醜ではなく、正誤、つまり正しいか正しくないかだと思います。例えば「お前バカだなあ」という言葉は一見、乱暴なようですが、誰がどこで言っているか、その状況によってずいぶん変わります。場合によっては非難でなく、愛情の表現だったりもします。ですから、言葉は美醜よりも正誤だと私は考えています。いろんな意見があるでしょうが、私は外国人にも教えていますので、現代口語の正しい言葉を教えたいと思っています。彼らも正しい言葉を知りたいと思っていますから。

――正しい日本語とは何を基準にされていますか。

野口:標準語をベースにして、口語の場合は文法とか、単語の意味、使い方です。辞書も一冊や二冊だとなかなかわからないので、多数を参照するなどして判断します。

――間違いのパターンというのはありますか。

野口:さきほどの「なおざり」と「おざなり」は普段若い人が使っていないのでよく意味がわかっていません。ある程度知識のある人でも、「すべからく」という言葉を「全て」のように使ってしまうこともあります。また政治家とか、地位の高い人の話を聞いていてもずいぶん間違っているなあと思うことがあります。間違えるぐらいなら、こんな堅苦しい言い方をしなくてもいいのにと思う時もあります。あとは街のいろんなアナウンスでも敬語の間違いは多いです。

――言葉に関して、最近はこれが正しい使い方ですよと言ってくれる人が実はあまりいないのではないでしょうか。

野口:特に若い人は言葉をよく知らないということもあって自信がないので、周囲の人が使っているのをまねる。そうした人が言葉を間違っていると、まねた人も間違う。やはり教える人がちゃんといないのではないかと思います。ですから、日本語学校に通っている外国人の方がきちんとした日本語をしゃべります。日本語学校ではあまり複雑でなく、シンプルな言葉しか教えません。外国人は余計なことを知らないということもあるかもしれません。

――本書で力を入れたのはどの分野ですか。

野口:文法と表記と敬語については、比較的苦労せずに書けましたが、それ以外は自分も含めてよく間違えやすいものをとりあげました。正しい使い方はどうなのか、どうしてこういう間違いをおかしてしまうのかを書く時にいろいろ調べました。例えば、「スケジュール感」「スピード感を持つ」などの言葉がありますが、よく考えると違和感があります。自分で気になる言葉は普段から細かく記録していますが、変だなと思うことをどう説明するかについては苦労しました。

――敬語も間違えやすい分野です。

野口:最近気になるのは過剰な敬語ですね。最近多くなったような気がします。敬語は丁寧にしておけばいいという風潮があるようですが、そうではありません。

 例えば「お帰りになられます」は二重敬語です。正しくは「お帰りになります」か「帰られます」ですね。「お亡くなりになられました」というのも同じパターンで、正しくは「お亡くなりになりました」、あるいは「亡くなられました」です。

 敬語は長くないと丁寧でない、丁寧にしないとよくないといった強迫観念みたいなものがあるのでしょう。ごく普通の丁寧な言葉とか、シンプルな敬語でいいのではないかと思いますが、自分と敬意を表する相手との距離感がつかめないから、妙に遠い言い方をしてしまうのかもしれません。

 選挙で当選した人が「息子も応援してくださいました」などと言ってしまう。どうしてそんな言葉を使うのかと思いますが、記者会見などの場で丁寧に話さないといけないという思いからつい言ってしまう。「息子も応援してくれました」と言えばいいところを、何か勘違いしているのですね。

――最近気になる言葉の使い方はどんなことですか。

野口:読者からもお手紙をいただいたのですが、ビジネス関係の方々がよく使う、開口一番の「おつかれさまです」は気になります。別れる時はまだいいですが、会ったときに言う「おつかれさまです」や、メールの冒頭から「おつかれさまです」となっているのはやはり気になります。日本語教師の中にもそうした使い方をする人がいます。夕方一日の仕事が終わってからならいいですが、ビジネス関係の人の中には、「普通に使っているからいまさら指摘されても」といった雰囲気はあります。

 また、「おはようございます」に関しては、一日のうちで初めて会った時に使うなら、昼でも夕方に使ってもいいと主張する学生もいます。彼らはアルバイト先で夕方でも「おはようございます」と言うそうです。

 確かに日本語の場合、「こんにちは」は使いにくい言葉なのですね。「おはようございます」は敬語ですし、「おはよう」は親しい人に言えますが、「こんにちは」にはそうした言い方がない。すごく親しい人には使えないし、目上の人にも使えない。街中で会った家族に向かっても言えない。親しい人にも遠い人にも使えない言葉なんです。ですから「おはようございます」や「おつかれさまです」を使いたくなる気持ちもわかります。私は余り使いたくありませんが。何か他の言い方がないものかと考えているところです。

あわせて読みたい

「日本語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  6. 6

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  7. 7

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  8. 8

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    北ミサイルがもし東京に着弾なら

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。