記事

シドニーのオペラハウスで観光してもあまり楽しくない理由

161229sydney2

メルボルンからシドニーに移動してきました。観光客も多くとても賑やかな街で、さすがに経済規模が違います。早速、お約束のオペラハウス界隈に出かけてみました。

確かにアイコニックな白い建物とその背景に見える美しい海は素晴らしい観光資源です。しかし、このオーストラリア屈指の観光スポットを歩いていても、メルボルンのような楽しさをなぜか感じません。

その理由は、あまりに観光地として商売っ気が強すぎて、面白味が無く、白けてしまうことにあるようです。オペラハウス近くのレストランで食べたランチは、確かに美味しいのですが、どこにでもあるステーキとシーフードのお店。一見の観光客相手のやる気のない雰囲気でちょっとがっかりでした。

しかしこれは仕方のないことなのかもしれません。どこの国でも観光地化すればするほど、レストランの味は落ち、サービスはいい加減になり、価格だけが上がっていきます。オーストラリアも例外ではありません。

メルボルンは観光地化されていない分、地元の文化に触れる機会が多くありました。また、現地の方に案内してもらったこともあって、地元の人が行くようなローカルなお店で素晴らしい経験ができました。

日本でも例えば東京で、東京タワーや皇居に行くよりも、麻布十番商店街で和食のお店に入るとか、赤羽や立石の朝からやっている居酒屋に行くといった経験の方が、観光客にはウケると思います。それは、日本でしか絶対に提供できない経験に価値があるからです。美味しいものがあるだけではなく、地元の人との触れあいやガイドブックに出てこないようなユニークな体験ができることが、観光客のリピーターを増やしていくのだと思います。

シドニーでは高層ビルにある絶景バーに行ってカクテルを飲んでみたり(写真)、観光地として割り切って楽しもうと思っていたら、夕方ホテルの近くを歩いていてユニークなレストランを偶然見つけました。昔の郵便局を改装して作った建物にあるイタリアンです。

観光エリアから少し離れて、地元のお客さんで賑わっているこじんまりとしたお店でした。中庭に面した屋外席で食べるイタリアンも美味しかったですが、イタリアから来たという若いウエイターの話がとても印象的でした。旅先の印象は、そこで出会った人とのコミュニケーションによって随分変わるものです。観光地ズレしていない、素朴で丁寧な接客が逆に観光地としてのシドニーの価値を高めてくれました。

観光立国を目指すのであれば、日本がやるべきことは築地を移転したり、六本木に高層ビルを建てることではありません。昔から残っているソフトを守っていくことです。日本人が路地裏の狭くて古い馴染みのお店に何度も通うのと同じように、観光客もそんな日本らしい雰囲気に触れることに観光の醍醐味を感じるのです。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 資産デザイン研究所のセミナーやイベントの最新情報はセミナー最新情報でご案内しています。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年12月29日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログ

あわせて読みたい

「観光産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  2. 2

    新旧首相が会食 超豪華4ショット

    笹川陽平

  3. 3

    ナチス賛美する高須氏は医師失格

    清 義明

  4. 4

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  5. 5

    上原不倫NG 松本人志フジに苦言

    渡邉裕二

  6. 6

    鈴木議員 マスコミの対応に苦言

    鈴木 たかこ

  7. 7

    ヒカル氏のVALU売り逃げは詐欺か

    文春オンライン

  8. 8

    幻すぎて正体不明のゲーム機発見

    krmmk3

  9. 9

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

  10. 10

    玉木議員が加計めぐるデマに反論

    玉木雄一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。