記事

「韓国のトランプ」は何者か - 澤田克己

1/2

 韓国の政情は依然として不透明なままである。朴槿恵大統領に対する弾劾審判の手続きが憲法裁判所で始まったものの、野党側が期待するようなスピード審理で罷免が決まるとは考えづらい。憲法裁の審理期間は最長180日だが、韓国メディアにコメントを求められる元判事らは一様に「180日は努力規定」と付け加えている。半年を超す長期戦になると決まったわけではないものの、現時点で見通しを立てるのは無理ということだろう。

 今回の事態が10月下旬に急展開した背景については、11月上旬に執筆した前回の本コラムで途中経過といえる判断をまとめている(「朴槿恵大統領のスキャンダル、韓国世論がここまで燃え上がった理由」)。その後、さらに現地取材や専門家たちとの議論を重ねた結果を毎日新聞紙上でも報告した(「朴大統領弾劾訴追の裏側 儒教的理想を直撃」、紙面では12月20日付朝刊に掲載)。そうした点に関心をお持ちの方は、そちらを参照していただければと思う。

 さて、弾劾審理の展開とは関係なく、政界の関心は既に大統領選に移っている。そして、激動の舞台に突然躍り出てきたのが、日本でも「韓国のトランプ」などと紹介されるようになったソウルの南隣に位置する城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長(第1野党・共に民主党)である。

独自の福祉施策で政府と対立し全国区に

 現在の世論調査で支持率トップを争うのが、2016年末で国連事務総長の任期が終わる潘基文(バン・ギムン)氏と12年大統領選で朴大統領に惜敗した「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏の2人だ。李市長は、その2人を激しく追い上げている。

 李市長は15年に独自の福祉施策を打ち出して中央政府と激しく対立したことで全国ニュースに登場するようになった人物だ。それまでもネット上には熱狂的なファンを持っていたようだが、政界ではまったく注目されていなかった。就職難に苦しんでいる人が多い若年層に対する支援策として24歳の市民を対象に年間100万ウォン(現在のレートで約9万8000円)の「青年手当」を翌年から支給するという施策で、結局、政府の反対を押し切って強行した。

 次期大統領選に関する調査は、候補になりそうな人物の名前を列挙した上で誰を支持するか聞く形式だ。韓国ギャラップ社は15年4月に李市長の名前を候補に加えたが、その時点での支持率は1%。16年夏以降は徐々に支持率を上げたが、それでも10月下旬に朴大統領批判が燃え上がるまでは5%程度だった。それが、同月29日に始まった週末の集会でいち早く朴大統領の下野を要求するなど過激な発言を繰り返すことで一気に急浮上した。同社が12月9日に発表した調査での支持率は、文在寅、潘基文両氏の20%に迫る18%だった。

 ただし、ここで一つお断りしておきたい。韓国大統領選では1年前の世論調査での優劣はまったく当てにならない。ジンクスとして「1年前の世論調査でトップだった人で当選した人はいない」と言われるほどである。ただし、1年前の世論調査で大統領候補の選択肢に入っていなかったのに当選した人もいないとされる。

 共に民主党では現在、文氏が主流派を完全に掌握している。李市長がそれを覆すのは難しいという見方が政界では強いが、米大統領選の例もある。現時点では予断を持たない方がいいだろう。

珍しくない「ダークホースの登場」

 韓国政界を見ていると、まったく無名だった人物がいきなりスター扱いされるようになって面食らうことがある。現在は第2野党「国民の党」の有力大統領候補となっている安哲秀(アン・チョルス)氏もそうだった。安氏は、成功したベンチャー企業家としては有名だったが、政治とは無縁だった。それが、2011年夏にいきなり翌年の大統領選を狙う人物として取り沙汰されるようになり、9月には朴槿恵氏を上回る支持率をたたき出したのである。

 安氏の場合は、朴槿恵氏に対抗できる候補を探していた穏健保守の長老グループが政界入りを画策した。一方で李市長は自らが野心家で大統領への意欲を隠さずにきたのが、朴大統領のスキャンダルをきっかけに大ブレークした。そうした経緯の違いはあるが、安氏は既存政治への不信感、李市長は政治・経済両面での既得権益への激しい怒りに乗って急浮上している。この点は、似通っていると言えるだろう。

 2012年大統領選では安氏は最終的に出馬を断念したものの、既存政治への不信は最後まで重要なイシューとなった。今回はさらに、既得権層を敵視するスタイルが世界的に広まっている中での李市長の台頭である。李市長が最後まで選挙戦に残るかどうかはともかく、彼が体現する既得権益への怒りは大統領選でも大きなテーマとなる可能性がある。

小卒の工員さん、苦学して弁護士に

 では、李在明というのはどんな人物なのだろうか。私も「青年手当」騒動で名前を聞いてはいたが、個人的にはまったく知らない。ここでは韓国メディアの報道などを基に人物像を描いてみたい。

 李氏は、1964年に韓国南東部・慶尚北道安東に5男2女の5番目として生まれた。李氏が小学校を卒業した後に城南市に移り住んだ。生家は非常に貧しく、李氏は小学校卒業で工場労働者として働き始めている。韓国での中学校の義務教育化は85年から段階的に始まったので、70年代半ばだった当時は義務教育ではなかった。

 工場では5年間働いた。作業中の事故で腕に大けがをして、現在も後遺症が残っているそうだ。昼間は工場で働きながら夜に勉強して、日本の大学入学資格検定(大検)のような検定試験で中学校と高校の卒業資格を取得。大学は、奨学金を得て韓国・中央大学の法学部に進学した。86年に卒業し、その年の司法試験に合格した。

 その後、城南市で人権派弁護士として活動を始めた。2008年総選挙で野党・統合民主党の候補として城南市内の選挙区から初出馬するも落選。10年市長選に初当選し、14年に再選されて2期目を務めている。

 この経歴から韓国人が思い出すのは故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領である。釜山郊外の貧しい農家に生まれた盧氏は商業高校を卒業した後、建設現場で働きながら独学で司法試験に合格。釜山で人権派弁護士として活動した後、1988年総選挙で初当選して政界入りした。政権後半に対日関係が悪化したこともあって日本ではあまりイメージが良くない盧氏だが、韓国では温かみのある人間性で今でも人気が高い。

 科挙の伝統があったからか、韓国では苦学して難しい試験に通ったという立志伝は人々に好まれる。1997年の経済危機を契機に導入された新自由主義的な経済政策の下で格差拡大が進み、富を独占する財閥オーナーへの視線が厳しくなっている中では、李市長のようなストーリーは余計に好意的に見られるのだろう。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  6. 6

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  7. 7

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  8. 8

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    北ミサイルがもし東京に着弾なら

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。