記事

患者増加中の眼病「加齢黄斑変性」をiPS細胞で治す

1/2
村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影

網膜や肝臓を再生、根本的に病気を治す……医師から転じてバイオベンチャー「ヘリオス」を起業した鍵本氏。そのターニングポイントとなったのは、ある3人の患者との出会いだったという。

京都大学山中伸弥教授のノーベル賞受賞以来、官民を挙げて再生治療の取り組みが進んでいる。実用化に向けてさまざまなバイオベンチャーが生まれており、ヘリオスはその一つだ。

社長の鍵本忠尚氏は熊本県出身で、九州大学医学部卒業。九州大学病院で眼科医として勤めた後にアキュメンバイオファーマを設立。さらにiPS細胞の製品化を目指してヘリオスを設立した。臨床医から転じて起業したのはなぜか? 鍵本忠尚氏と田原総一朗氏の対談、完全版を掲載します。



患者増加中の眼病「加齢黄斑変性」をiPS細胞で治す


【田原】鍵本さんはiPS細胞の技術を活用して、加齢黄斑変性という病気の治療を目指しているそうですね。加齢黄斑変性は、どのような病気ですか。

【鍵本】目の奥の網膜が変性する病気です。じつは昔の教科書を見ると、「日本には加齢黄斑変性はない」と書いてあります。なぜなら、昔は加齢黄斑変性になる前に白内障で失明していたから。ところが白内障が治る病気になって、加齢黄斑変性を患う方が増えてきた。高齢化も関係しています。人間の身体はもともと50年以上生きるようにできていなかったのに、70、80と寿命が延びて、目の耐用年数を超えてしまったんですね。

【田原】患者は多いんですか。

【鍵本】ものすごく多いです。私は九州大学病院で臨床をしていましたが、毎週木曜日の専門外来には120~150人の患者さんがいらっしゃいました。いろんな統計があって人数ベースではブレがありますが、この病気の治療薬が2つあり、その世界中の売り上げは約8000億円に達しています。

【田原】治療薬があるということは、治るんですか?

【鍵本】薬で症状を改善することはできます。ただ、2カ月に1回、目に針を刺す注射をしないと再発します。しかもその注射が高くて、1回17万円します。

【田原】年間で100万円は高いですね。それで鍵本さんが新しい治療法を開発したと。

【鍵本】開発したのは理化学研究所の高橋政代先生です。高橋先生は、iPS細胞からつくった網膜色素上皮細胞を移植する技術を確立しました。簡単にいえば、耐用年数を超えて変性した細胞を、iPS細胞からつくった若い新しい細胞に置き換える技術です。我々はその技術を独占的に使える契約を結んで、実用化に向けて動いています。

【田原】治療法はできても実用化は簡単にいかないのですか?

【鍵本】理化学研究所でやったのは、患者自身から細胞を取って、iPS細胞をつくり、新しくできた細胞をシートにしてまた戻すというやり方です。このプロセスに十数名が10カ月かかりきりになるので、どうしてもお金がかかります。利益なしの原価だけで5000万~1億円です。これではどうやっても一般医療になりません。そこで我々は、ドナーから細胞を取って最終製品を大量につくり、患者に投与するやり方を開発しようとしています。これなら原価は数百万円で済むはずです。

【田原】それでも数百万円はかかりますか。

【鍵本】はい。あとは経済効果の問題です。注射の薬で再発を5年間抑えるための費用は約500万円です。一方、我々のやり方は1回で済むので、500万円より安くできれば日本全体として得をします。また、新しい治療法を実用化できれば、それを海外に輸出して外貨を稼ぐこともできるでしょう。日本に与える経済効果は、けっして小さくないと思います。

絵描きになりたかったが、医者の道へ

【田原】鍵本さんの半生を聞かせてください。もともと医者志望だったのですか。


ヘリオス社長・鍵本忠尚氏

【鍵本】いえ、まったく。うちは父が内科で、姉が皮膚科の専門医。ただ、私は中学校のころから描き始めた油絵の世界に魅せられて、本気で絵描きになろうと思っていました。医学部志望に舵を切ったのは高2のころでした。芸大を受けたいと父に言ったら、「何のために進学校に行っているんだ」とこっぴどく叱られまして(笑)。考えてみると、私が尊敬する画家たちは必ずしも芸大に行ったわけではありません。また、いい絵を描くには人間を知る必要があります。人間を学ぶには医学部もおもしろいと思って、進路を変えました。

【田原】医師になってからは眼科をやられた。どうして眼科ですか。

【鍵本】父は内科で血液学をやっていました。血液学には体系だったエレガントさがあって、医学を志す者にとって憧れの学問の一つです。ただ、父の考えは違いました。「血液学者は偉そうな顔をしているが、本当は血液学者が偉いわけではない。イノベーションが起きたのは生化学の領域。血液はサンプルを取りやすくて実験しやすいから、生化学のイノベーションをいち早く取り込んだだけ」。これを聞いたときに、逆にいま他領域のイノベーションを取り込めていない診療科のほうが将来性があるんじゃないかと思い、眼科を選びました。

【田原】眼科は遅れているからこそ、これからイノベーションが起きるということ?

【鍵本】そうです。九州大学病院に薬の処方の本があるのですが、当時、眼科に割かれていたのは3ページだけ。ばい菌を殺す抗菌剤、ステロイド、緑内障の薬の3種類しかメジャーな薬がないという状況でした。いくら何でも、このまま進歩がないはずはないですからね。

3人の患者との出会いで、創薬の道へ


【田原】そこで聞きたい。九州大学病院で実際に患者を診ていたわけですが、どうして臨床から創薬のほうにシフトしたんですか。

【鍵本】背景には3人の患者さんとの出会いがあります。1人目の患者さんは、大学に合格したのですが、健康診断で悪性のがんが見つかり、あと3カ月しか生きられないことがわかり入院されていた方です。私は実習でその方に病態を聞く必要がありました。しかし患者さんは一言も口をきいてくれなかった。それはそうですよね。これから人生が始まると思っていたところに、余命3カ月と宣告されたのですから。その様子を見て、生きている人間はそれだけで恵まれているのだから、生きている時間を無駄にできない、意味のあるものにしなくてはいけないという思いを強くしました。

【田原】2人目は?

【鍵本】2人目は私が眼科で診た患者さんで、目と脳をつなぐ視神経が腫れていました。病気自体はステロイドを投与することでよくなりました。ところが退院してから1カ月後、ご家族から「自殺をした」と連絡がありまして……。

【田原】どうして自殺したんですか。治ったんでしょう?

【鍵本】視力は回復したのですが、検査しても腫れの原因はわかりませんでした。原因が不明なので、視力が戻った後も不安に駆られていたそうで。この経験から、臨床で症状をよくすることも大切だけど、わからないものをわかるようにする、あるいは治らないものを治るようにする研究に、より大きな意味があるのではないかと思ったんです。

【田原】あともう1人は?

【鍵本】3人目は、いま我々が治そうとしている加齢黄斑変性で苦しまれていた患者さんです。両目とも失明されていて、「生まれた孫娘の顔をまだ見てない」と。たまたま自分の父と同じ年頃の方ということもあって、私にとっても他人事ではなく感じられました。それなのに、臨床医としては「治療法はありません」というしかない。ならば、治せる薬をつくることに自分の人生を使ったほうがいいのではないかと考えました。

【田原】つまり、臨床では限界があるから、薬をつくろうと思ったわけね。

【鍵本】そうです。ヘリオスの会社のロゴは3本の線からできていますが、そのデザインにはいまお話しした3人の患者さんが表現されています。みなさんとの出会いがなければ創薬ベンチャーを立ち上げていなかったと思います。

スピード感のある開発はベンチャーだからできる


【田原】薬をつくるなら、大学で研究してもいい。でも起業の道を選んだ。どうしてですか。

【鍵本】シリコンバレーに行った経験が大きかったですね。大学を卒業後、スタンフォード大学の友人の寮に転がり込んで3カ月ほど滞在しました。向こうではジェトロ(日本貿易振興機構)にお世話になって、バイオテクノロジーを調査するインターンをしていました。そのとき新しい薬を製品化していくバイオベンチャーの力強さに感心しました。父は大学で研究をしていたのですが、大学には大学のミッションがあって、研究していることがそう簡単に製品にならない。スピードを求めるなら、やはり製品を出すことだけに集中している民間企業のほうがいいなと、当時から考えていました。

【田原】新薬をつくるなら製薬メーカーで研究する道もありますね。既存の大企業じゃダメですか。

【鍵本】組織が大きいと、組織を説得するというところにエネルギーを取られてしまいます。一方、ベンチャーはそもそも薬を出すという目的に納得している人しか入らないので、「この薬、どうですか」などという稟議はいらない。シリコンバレーでそのことを学びました。


田原総一朗
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。若手起業家との対談を収録した『起業のリアル』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。

【田原】実際に会社をつくったのはいつですか。

【鍵本】1社目のアキュメンバイオファーマ(現アキュメン)を立ち上げたのは、研修医が終わった2005年。28歳のころです。

【田原】この会社で、加齢黄斑変性を治そうと?

【鍵本】目標には掲げました。しかし、経営者としての力不足で、そのときは加齢黄斑変性を治す薬は出せなかった。そのかわり、九州大学の眼科の先生が発明された「BBG250」という薬の製品化には成功しました。目の手術で使う補助剤で、いまでは世界中の眼科医へのアンケートで63.1%の方が「目の手術で使う補助剤は『BBG』が一番いい」と回答する製品に成長しました。

【田原】製品化は簡単にできるんですか。

【鍵本】いや、それはもう紆余曲折ありまして。アメリカで「第III相試験」を行ったのですが、非常に残念なミスをしまして。

【田原】ミス?

【鍵本】BBGを1年間保存した後、粉にして濃度が変わっていないかどうかを調べる試験があります。このとき比較対象となる保存前のBBGの粉を適切に管理できておらず、試験をやり直しすることになりました。問題になったのは湿度です。湿度が低いと粉は軽くなり、高いと重くなりますが、その管理ができていなかったのです。

【田原】それで1年を棒に振ったわけですか。

【鍵本】時間の問題だけではありません。当時リーマンショックがあって、もともと投資環境は厳しかったですが、そこにミスが重なり、提携先から「基礎的な試験で失敗するような会社に追加投資はできない」といわれてしまいました。その結果、27名の社員を3名まで減らさざるをえなかった。患者さんのためになる仕事をしたいといって入社してくれた志の高い社員たちに離れてもらわなければならず、つらい思いをしました。

ビジネスは勝たなくては意味がない


【田原】資金がなくて、どうやって製品化に漕ぎつけたのですか。

【鍵本】オランダのDORC社と提携して、ヨーロッパで製品化しました。BBGはアメリカや日本だと薬になりますが、ヨーロッパでは医療機器。CEマークという規格を満たせば販売が可能です。ただ、これも販売後に大きなピンチが訪れまして。ドイツの企業に訴訟を起こされたんです。

【田原】どういうことですか。特許を侵害したとか?

【鍵本】逆です。BBGの特許は九州大にあって我々が契約しています。ところが、ドイツの企業は「日本の小さなベンチャーに製品化ができるわけがない」と考えたようで、特許侵害して勝手に商売をしていた。いざ我々が製品化して販売を始めると、慌てて「特許は無効だ」と訴えてきたのです。

【田原】裁判になったんですか。

【鍵本】最終的にはハーグの欧州特許庁で裁判になりました。詳しい話は省きますが、論点は4つあって、その4つすべてで防衛できないと、特許が無効になります。当時20億円の資金調達をしていましたが、もし負けたらすべて吹っ飛んでしまう。裁判は1日かけて行われ、結局我々が勝ったのですが、本当にストレスの大きい1日でしたね。

【田原】よく勝てましたね。

【鍵本】気持ちとしては殴り合いの喧嘩です。日本人の発明は優れているが、ビジネスは弱いとよくいわれます。たしかにお人好しじゃ、この世界で生きていけない。勝たないと意味がないと思って踏ん張りました。

あわせて読みたい

「再生医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  2. 2

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  3. 3

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    特攻隊を美化する無責任な人々

    猪野 亨

  6. 6

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  7. 7

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

  8. 8

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  9. 9

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  10. 10

    炎上の諸要素満たした牛乳石鹸CM

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。