記事

【VRゲーセン】、全米最大SCにオープン!「VR PARK TOKYO」より意識しているコト?



■ミネソタ州ブルーミントン地区にある全米最大級のショッピングセンターのモール・オブ・アメリカに20日、総合アミューズメント施設「スマッシュ(Smaaash)」がオープンした。スマッシュはインド国内で6ヵ所展開しており、モール・オブ・アメリカの4階に位置するスマッシュはアメリカ1号店となる。ゲームセンターやゴーカート、VRゲーム、レストラン、バーを展開するスマッシュの広さは約1,100坪で総工費1,200万ドル(約14億円)。モール・オブ・アメリカとは9年間のリース契約を結んでいるという。スマッシュが他の総合エンターテイメント施設と異なるのはVR(仮想現実)を使ったゲームを多く取り入れているところだろう。高層ビルに取り残された猫を救出するゲーム「バーティゴ:ウォーク・ザ・プランク(Vertigo:Walk the Plank)」では、オキュラス・リフトのヘッドセットを装着した参加者が仮想現実(VR)となる高層階にかかった細い板の上を歩くというものだ。実際には数十センチの高さしかなくゲーム参加者も安全用にバンジージャンプ・ハーネスがしっかり取り付けられているのだが、地上数百メートルというVRの恐怖とグラグラした台のため参加者のほとんどが渡り切れずに落ちてしまう。落下時の周囲の風景もVRで再現されるのでよりリアルに恐怖を感じるのだ。またVRジェットコースターの「フィンガーコースター(Finger Coaster)」は参加者がタッチパネルを使いジェットコースターのコースを作成するところから始まる。最大4人まで乗れるコースターにオキュラス・リフトを装着して乗りこみ、コンピューターが仮想現実に3D再現したコースを体験するのだ。コースター自体も動くばかりか効果音や風まで再現されるため、リアルなジェットコースターの恐怖を味わえる。その他にもオキュラスリフトを装着して、リアルにも動く乗り物から敵ロボットと戦うVRゲームや立体コースを走るゴーカート、実際にボールをけってゴールを決めるサッカーゲームやホッケーゲームがある。料金はVRゲームが1回5ドル、6分間のコースを走るゴーカートは23ドル(レンタルのレーシングユニフォームが6ドル)となっており、スマッシュでゴーカートやVRゲームなどの遊び放題の1日パスは50ドルとなっている。
 スマッシュは来年、ラスベガスやマイアミ等にも出店を予定している。

トップ動画:VRジェットコースターの「フィンガーコースター(Finger Coaster)」のプロモ動画。フィンガーコースターは参加者がタッチパネルを使いジェットコースターのコースを作成するところから始まる。最大4人まで乗れるコースターにオキュラス・リフトを装着して乗りこみ、コンピューターが仮想現実に3D再現したコースを体験するのだ。コースター自体も動くばかりか効果音や風まで再現されるため、リアルなジェットコースターの恐怖を味わえる。



地元TV局が伝えるモール・オブ・アメリカにオープンした総合エンターテイメント施設「スマッシュ(Smaaash)」。TVレポーターが高層ビルに取り残された猫を救出するゲーム「バーティゴ:ウォーク・ザ・プランク(Vertigo:Walk the Plank)」に参加しているが、あまりのリアルさに相当怖がっている。ショッピングセンターはよりリアルなVRゲームを導入することで、ネットに奪われた客を奪回する。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。モール・オブ・アメリカにスマッシュ(Smaaash)がオープンした同じ時期、渋谷にVR(仮想現実)を利用したアトラクションが楽しめる「VR PARK TOKYO」がオープンしました。VR PARK TOKYOのコンセプトは脱ゲームセンターですが、スマッシュのコンセプトはゲームセンターの再定義です。VRゲームだけを集めたアミューズメントパークにすると、どうしてもコンテンツが限られてしまいます。ショッピングセンターに集客する目的もあり、バーチャルだけでなく(VRに参加していない、参加できない)見ているひとも楽しめるリアルなゲームも必要なのですね。輪投げや鉄砲射撃ではアーケードゲームと変わらないので、スマッシュではコンピューターのキーパーを使ったサッカーやホッケーを導入しています。で、ゴールを決めたら6,800ドルのハーレーダビッドソンバイク(Street SG500)がもらえる高級アーケードゲームとなっています。

⇒インドでは1号店のオープンから4年間で5人しかゴールを決められたかったのです。が、ホッケー人口が多いアメリカではオープン初日に2人がゴールを決めてバイクをゲットしたとか...ホッケーゲームの賞品は、バイクから100ドルのギフトカードになったのです。ただ、口コミの効果は大きいですから、まだバイクが賞品となっているサッカーゲームには、猛者がやってきて挑戦しているようですね。こういったからだを動かすゲームがないとファミリー層や大人のグループには受けないと思います。ましてやモール・オブ・アメリカでも客が入らない(上がってこない)と言われる4階にあるので、ゴーカートも平面コースではなく、わざわざ立体コースを採用しているのでしょう。VRゲームだけではヒキが弱いのでアーケードゲームやレストラン、バーを導入し1,100坪の面積に総合アミューズメントパークを展開しているのです。そうはいってもゲームコンテンツの刷新がサステナブルな集客のカギですね。
 VRゲームを含む総合アミューズメントパークはショッピングセンターの核テナントには難しいですが、集客の役には立つでしょう。

あわせて読みたい

「VR」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    首相 菅直人氏に「猛省求める」

    BLOGOS編集部

  2. 2

    たけしの"ネット批判"に大反響

    吉川圭三

  3. 3

    皇太子への失礼な記者質問に怒り

    赤池 まさあき

  4. 4

    森友学園 攻める朝日に"紙爆弾"

    文春オンライン

  5. 5

    金正男氏殺害で東南アジアが激怒

    高英起

  6. 6

    空き家増でも新築が増える不思議

    沢利之

  7. 7

    弱者に強い"最低"な民進後藤議員

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    民進パワハラより問題な稲田大臣

    小林よしのり

  9. 9

    菅氏敗訴に"極めて残念な結果"

    菅直人

  10. 10

    "朝鮮特需"のメディアに望むこと

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。