記事

診断コンテンツはなぜシェアされる?サービス別で見る企業の活用事例

1/2

「スマリスト」というWebコンテンツに関するブログを運営している田嶋です。

突然ですが、FacebookやTwitterで「〇〇診断」のような診断コンテンツがシェアされているのを見かけることはないでしょうか?

診断はSNSと相性が良く、拡散に向くコンテンツのうちのひとつです。しかし「診断コンテンツはなぜシェアされるのか?」「診断コンテンツを活用するならどの場面で、どんな風に使えば良いのか?」ということは語られていません。

そこで本記事では診断コンテンツがシェアされる理由、診断コンテンツ制作の際に気を付けるポイントについて、事例をもとに考察しました。

診断コンテンツの企画を考えている方はぜひご覧ください!

■目次
●診断コンテンツがシェアに向く理由
●事例で見る診断コンテンツと相性の良いサービス
・メーカー(EC) × 売上
・Webメディア × PV
・採用活動に関わる企業 × 採用
●診断コンテンツの傾向は大きく分けて2種類
・気軽に遊べる診断コンテンツ
・信頼性のある診断コンテンツ
●まとめ

診断コンテンツがシェアに向く理由

みなさまも「〇〇診断」というコンテンツをSNSだけでなくテレビや雑誌でも見たことがあるでしょう。たとえば、自分は動物で言えば何に近いのかを測る動物診断や、ふたりの相性を知るための相性診断などバリエーションは多種多様です。

さて、冒頭でも述べたように診断コンテンツにはシェアされやすい特徴があります。

「診断コンテンツがなぜシェアされるのか」という問いかけを置き換えて「人はなぜシェアしたくなるのか」についていくつか考えてみます。

  • 自己表現したいから
  • シェアすることによるメリットを享受したいから
  • 有益な情報を他の人に教えたいから
  • 周りがシェアしているから
  • 忘れないように備忘録として使いたいから

これらの動機は普段SNSでよくシェアする方には覚えがあるでしょう。

診断コンテンツは、このうち上ふたつの「シェアすることによるメリットを享受したいから」「自己表現したいから」という心理をうまく突くことができます。その事例をポイントとともに後述します。

事例で見る診断コンテンツと相性の良いサービス

メーカー(EC) × 売上

商品の購買を促すために診断コンテンツを活用している事例です。

picture_02

(参照元:http://soflan.lion.co.jp/aromarich/check/index.php

こちらは「運命のアロマ診断」と題されたLION社の柔軟剤アロマリッチシリーズの診断コンテンツです。

コンテンツの主旨は、表示される10枚の写真について好き(Like)・嫌い(Bad)を直感で選択していくことで、自分にぴったりの香りが見つかるというもの。診断内容に関しては心理・占術研究家の方が監修されています。

picture_03

ポイントのひとつは、診断結果と商品をしっかりひもづけていること。診断にもとづいた自分に合う香りの柔軟剤があるなら、「一度試してみようかな」と思ってもらえるかもしれませんよね。

もうひとつのポイントは診断結果をシェアすることで抽選に応募できるようになっていることです。診断結果のシェアによる抽選キャンペーンを実施することでますますの拡散を促しています。

能動的にコンテンツで遊んでもらうために、何らかのインセンティブを与えています。ユーザーがシェアする心理としてはシェアすることによるメリットを享受したいからと言えるでしょう。診断コンテンツを企画されている方は、予算が許せばインセンティブ設計を考えてみると良いかもしれません。

あわせて読みたい

「デジタルコンテンツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  8. 8

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  9. 9

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。