記事

安倍首相真珠湾訪問、もう一つのパールハーバー 「屈辱の象徴」から「和解の象徴」へ - 小谷哲男

 12月27日午後、安倍晋三首相が真珠湾を訪問する。1950年代に吉田茂、鳩山一郎、岸信介ら歴代首相が真珠湾を訪問していたことがわかってきたが、日本の首相として1962年に建設されたアリゾナ記念館を訪問するのは、安倍首相が初めてだ。

 安倍首相は、真珠湾訪問に先立ってオバマ大統領との最後の首脳会談を行う。2012年12月に第二次安倍政権が発足し、その翌月の13年1月に第二期オバマ政権が始まった。アジアリバランスを掲げ、アジアを重視する対外政策を追求してきたオバマ大統領と、積極的平和主義を掲げ、限定的ながらも集団的自衛権の行使に道を開く平和安全保障法制を制定した安倍首相は、日米関係を安全保障だけではなく、経済、文化など様々な分野で強化してきた。最後の首脳会談は、この4年間で強化された日米同盟を確認する機会となるだろう。

米議会演説で示した「不戦の決意」

 13年末の安倍首相の靖国神社参拝により、米国では安倍首相の歴史認識に強い懸念が生まれた。しかし、15年4月に安倍首相が米議会上下両院合同会議で行った演説は、安倍首相が極東軍事裁判の結果を受け入れない「歴史修正主義者」ではないかという米国内の懸念を払拭した。

 この演説の中で、安倍首相は「真珠湾、バターン・コレヒドール、珊瑚海……、メモリアルに刻まれた戦場の名が心をよぎり、私はアメリカの若者の、失われた夢、未来を思いました。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立って、黙とうをささげました」と述べ、戦争で命を落とした米国人の魂に哀悼を捧げた。

 安倍首相は、この演説で謝罪はしなかった。日米は、太平洋戦争で凄惨な戦いを経験し、双方に数多くの犠牲者を出した。だが、日米の和解に謝罪は必要ない。安倍首相は、犠牲者を悼み、威厳を持って悲劇の歴史を共有した上で、不戦の決意を実践することが日米の和解の方法だということを示したのだ。

 この演説の傍聴席には、硫黄島での戦いに従事したスノーデン元米海兵隊中将と、栗林忠道大将・硫黄島守備隊司令官の孫である新藤義孝国会議員がいた。安倍首相は、日米合同の慰霊祭にしばしば参加し、日米の和解の努力を行ってきたスノーデン元中将に感謝の意を表した。

「悲劇の象徴」、ヒロシマ、
「屈辱の象徴」、パールハーバー

 16年5月には、オバマ大統領が伊勢志摩で開かれた主要7カ国(G7)首脳会議に出席の後に被爆地・広島を訪問した。広島平和記念資料館を視察したオバマ大統領は、原爆死没者慰霊碑で献花した後の演説で「核なき世界」の実現に向けた決意を改めて示した。

 その際、オバマ大統領は、一人の被爆者と歴史的な抱擁をした。自らも被爆者である森重昭氏は、原爆で亡くなったアメリカ兵捕虜がいることを調査し、核廃絶に取り組んできた。オバマ大統領と森氏の抱擁は、もう一つの日米の和解を物語っていた。この抱擁は多くの被爆者とその家族に安らぎを与えたに違いない。

 米国大統領の広島訪問は、政治的に難しい決断だった。米国では、原爆投下は戦争の早期終結に不可欠だったという考えが依然根強く、大統領による広島訪問、ましてや原爆投下への謝罪は、退役軍人や遺族から大きな反発を招きかねない。

 だが、安倍首相が米議会で謝罪する必要がなかったように、オバマ大統領が広島で謝罪する必要はなかった。犠牲者に哀悼を捧げるとともに、核廃絶への思いを強調するだけで、また1つ日米の和解を具現できたのだ。

 オバマ大統領の広島訪問後、安倍首相の真珠湾訪問の可能性が取りざたされるようになった。だが、「ヒロシマ」と「パールハーバー」はその響きが持つ意味が異なる。「ヒロシマ」が悲劇の象徴だとすれば、「パールハーバー」は屈辱の象徴だからだ。

 41年12月7日午前7時55分、日本海軍の連合艦隊機動部隊が真珠湾を強襲し、2時間で戦艦を含む12隻の艦船が沈没または座礁し、164機の軍用機が破壊され、民間人49名を含む約2400名が犠牲となった。

 米国では、宣戦布告なき攻撃を受けたこの日は、「汚辱の日」と呼ばれ、「リメンバー・パールハーバー」の言葉とともに、第二次世界大戦の忌々しい記憶として語り継がれている。パールハーバーは、米国が日本を降伏に追い込むことを決意した場所なのだ。

 一方、日本では、米国によって自存自衛ための戦争に追い込まれたという見方が根強い。ルーズベルト大統領は真珠湾攻撃を知っていたにもかかわらず、戦争を忌諱する国民世論を参戦支持に誘導するため、わざと攻撃させたという陰謀論も一部には信じられている。あくまで軍事施設を攻撃した真珠湾攻撃と、都市を標的とし、多くの民間人の犠牲者を出した原爆投下を一緒にするべきでないという考えもある。

「屈辱の象徴」から「和解の象徴」へ

 オバマ大統領が広島を訪問したからといって、安倍首相が真珠湾を訪問することは自然な流れではなかった。しかし、日米の和解は真珠湾でもすでに進んでいた。

 13年9月に、真珠湾のアリゾナ記念館に原爆犠牲者の折った折り鶴が展示された。2歳の時に広島で被爆し、原爆症と闘いながら元気になることを祈って折り鶴を折り続けた佐々木貞子さん。そのサダコの折り鶴が屈辱の象徴であるパールハーバーに展示されることなど、本来なら考えられないことだった。

 しかし、貞子さんの兄、原爆投下を決断したトルーマン大統領の孫、ハワイの日系人社会、そして米軍人の協力によってこの展示が実現した。この瞬間、パールハーバーは屈辱の象徴ではなく、和解の象徴になった。

 8月22日、スーパーマリオに扮した安倍首相がリオ五輪の閉会式に土管から出現していた頃、アリゾナ記念館では昭恵夫人が真珠湾攻撃の犠牲者を悼み、サダコの折り鶴の展示の前で足を止めていた。昭恵夫人は、パールハーバーの持つ意味の変化に気づいたことだろう。

 安倍首相の真珠湾訪問が発表された直後の12月8日には、真珠湾で初となる日米合同の慰霊祭が行われた。安倍首相が27日に向かうのは、屈辱や復讐ではなく、和解の象徴としてのパールハーバーである。安倍首相の訪問は、真珠湾攻撃の生存者と犠牲者、そしてその家族の魂に安らぎを与えることだろう。

 当日、安倍首相とオバマ大統領にはハリス米太平洋軍司令官が同行する。日本海軍と戦った海軍人の父と、米軍の空襲で神戸の実家を焼かれた日本人の母の間に生まれ、日米同盟の強化に尽力してきたハリス司令官は、日米和解のもう一つの象徴だ。安倍首相とオバマ大統領の4年間を締めくくるためにこれほど最適な同行者は、故ダニエル・イノウエ上院議員以外にはいないだろう。

 戦争や植民地支配で生まれた国家間の敵意と憎悪を克服し、真の和解を実現することは容易ではない。政治家同士が和解を演出しても、犠牲者とその家族が寛容の心を示さないかぎり、真の和解が実現することはないだろう。

 日米では戦争の犠牲者とその家族、そして軍人とその遺族が和解を進めてきた。安倍首相の真珠湾訪問は、国民同士の和解の動きに支えられ、日米関係のさらなる強化につながるだろう。そして、それは、日本と中韓などアジア諸国とのさらなる和解につなげる上で重要な一歩となる。

あわせて読みたい

「真珠湾攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  2. 2

    日テレ 安倍政権に忖度で改変か

    週刊金曜日編集部

  3. 3

    安倍首相の演説に各紙ツッコミ

    文春オンライン

  4. 4

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  5. 5

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

  6. 6

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  7. 7

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  8. 8

    東名事故容疑者 恋人前だと豹変

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「小池氏の右腕」父は不倫の過去

    SmartFLASH

  10. 10

    よしのり氏「枝野氏が最も保守」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。