記事

日本マクドナルドの復調は本物か?  2期連続黒字の真価を問う

 日本マクドナルドホールディングス(HD/2702)は先月、16年12月期の業績予想を上方修正。2期連続の赤字から黒字へ転換するようだ。マック復調は本物か?

ファストフード業界を牽引してきたマクドナルド

 マックの日本上陸は、45年前の1971年7月。その1号店オープンからおよそ20年、90年12月には最後に残された山形県への出店を実現し、全都道県制覇を達成する。その1年後の91年11月3日、幕張テクノガーデン店が、1592万円という現在にも残る1店舗1日売上高の新記録を樹立。米国発のマックは初出店以来、常に話題を提供するとともに、わが国ファストフード業界を牽引してきたといっていいだろう。

 日本型運営から米国本社主導に移行するといった事態もあったが、期間限定ながら「ハンバーガー59円」を打ち出すなど、デフレ下における低価格戦略が成長の原動力になったことも間違いないところ。当初のハンバーガー価格80円が、1980年には180円、85年には210円に上昇。その後は、値下げに転じ、現在のハンバーガー100円は、物価水準などを加味せずに単純な価格比較でいえば、92年と同水準というのが、おおよその推移である。

 会社としての売上高のピークは2008年の4063億円。直営店とフランチャイズ店(FC)合計の店頭販売の最高額は2010年の5427億円である。

 以後、採算性重視から店舗網を絞り込むとともに、直営店のFC化を推進したこともあり売上規模は縮小。戦略の迷走も重なり、業績も下降傾向をたどることになる。直営店舗をFC店舗にしたことで得る売却益を売上高に反映するという、かなり例外的な会計処理をしたことに対しても、投資家から懐疑的な声が上がったものである。

 そこに仕入先の中国工場における期限切れ鶏肉使用や異物混入が発覚。ライバルとしてコンビニの100円コーヒーも出現するなどして客離れが加速、業績が急速に悪化したというのが近年の経緯である。

マクドナルドの業績推移

 マックの業績推移を数字で確認しておこう。15年12月期の全店舗売上高と会社としての売上高は、10年12月期比でそれぞれ、31%減、42%減である。その結果、100円ハンバーガー販売で12円(12%)を超えていた時期もあった営業利益が赤字に転落。売れば売るほど赤字が膨らむという構図。当期純利益も赤字に陥った。

 深刻なのは営業キャッシュフロー(CF)の出金超過、つまり赤字である。営業CFは本業によるキャッシュベースの入金から原材料費や人件費などへの出金を差し引いて求めるが、損益計算書の営業利益や当期純利益が赤字を計上しても、営業CFは黒字という例が多いものである。とくにマックのように現金商売での営業CFの赤字は例外中の例外で、マックの客離れ、業績不振はより深刻であることを物語っている。

 将来の成長に向けた出金を示す投資CFは、出金超過(赤字)が当然として、財務CFの黒字は新規の借入を意味する。実際、事実上無借金経営を続けてきたマックは15年度、みずほ銀行など金融機関からおよそ230億円の借入を実行している。

 業績の悪化は、会社の利益の蓄積を示す利益剰余金、いわゆる内部留保にもはっきりと示されている。10年度の911億円が、15年度は半減以上の449億円にまで減少。年度によっては法人税など150億円を超える納税もあったが、14年度と15年度はゼロで、逆に30億円前後の還付を得ているというのが実情である。

 もちろん、店舗での1日当たりの売上高の減少が業績低迷の最大の要因。直営店やFC店の1店舗1日平均売上高はもとより、直営店とFC店をトータルした1店舗1日平均売上高も激減していることが明らかだろう。

 2016年1月-9月の会社売上高は前年同月期間比で20%増。全店舗売上高も17%増である。ただし、全店舗平均の1日売上高は40万円相当と、ピークの45万円にはまだ戻り切っていない。100円のハンバーガー販売で得る儲けも2円強という予想にとどまる。本格回復にはまだ時間がかかると見ていいだろう。

 日本マクドナルドHDには、経営陣がいるだけで従業員の在籍はない。その経営トップの15年度の報酬は1億7000万円弱。過去には3億円超もあっただけに、サラ・カサノバ社長の16年度年俸にも注目したい。

あわせて読みたい

「マクドナルド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  2. 2

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  3. 3

    よしのり氏「日韓合意は失敗」

    小林よしのり

  4. 4

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  5. 5

    AmazonGo一般公開 課題は万引き

    後藤文俊

  6. 6

    よしのり氏 徴兵制の実現は無い

    小林よしのり

  7. 7

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    松本人志 小室謝罪に「何の罪?」

    女性自身

  9. 9

    「池の水~」はテレ東に合わない

    文春オンライン

  10. 10

    電車内出産の批判に「闇感じる」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。