記事

上関原発反対29年目の祝島で 風船を飛ばし、放射能拡散調査 - 於保清見

 瀬戸内海に浮かぶ小さな島、祝島(山口県上関町)。29年前、祝島の対岸に位置する半島に上関原子力発電所の建設計画が持ち上がった。当初から祝島の人たちは「原発はいらない」とし、抗議活動を続けてきた。その長い活動中、いく度となく強行に建設準備を進められる場面もあり、危うい橋を渡ってきた。

 3月11日の福島第1原子力発電所の事故を受けて、上関原発の予定地の埋め立ては中止になった。しかし、中国電力は「来年の6月に着工する」とし、上関原発の建設をあきらめていない。

 長年、祝島では月曜日に原発反対のデモが行われており、8月15日も多くの島民が港に集まった。この日のデモはいつもと違い、里帰り中の若い人たちも色とりどりの風船を持ってやってきた(写真)。

 風船にはカードが付けられており、「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の連絡先と上関原発の建設計画について書かれている。風船を拾った人がカードを見て連絡してくれば、風に乗って放射能がどこに飛んでいくのか、祝島の人たちは知ることができる。風船を拾った人も、目に見えない放射能が自分たちの生活の場に飛んでくる可能性を目で見て知ることができる。

 福島と沖縄の人たちから「ぜひ、祝島で飛ばしてほしい」と、風船300個とヘリウムガスが送られてきた。多くの人の願いがこめられた風船による放射能拡散調査は約25年ぶりだ。

 29年間、反対運動にかかわってきた清水敏保さん(56歳)は「原発や交付金に頼らない町づくりをしていきたい」と語った。

トピックス

記事ランキング

  1. 1

    「婚活」ブームの危険な正体

    アゴラ

  2. 2

    "加害者だけ守る"少年法61条への的外れ批判

    町村泰貴

  3. 3

    日本の富裕層がシンガポールに移住する理由

    ヒロ

  4. 4

    中国製品の台頭でサムスンの経営に陰りか

    大西宏

  5. 5

    韓国で自惚れナショナリズムみせる日本女子

    木村正人

  6. 6

    自衛隊の訓練中の事故多発 人命軽視の実態

    週刊金曜日編集部

  7. 7

    アメリカで肥満人口の割合が最も高い州とは

    My Big Apple NY

  8. 8

    経営危機迎えそうなスカイマーク逆転なるか

    新田哲史

  9. 9

    大型店に負けない個人商店の生き残り方とは

    永江一石

  10. 10

    手元には月2万 貧困ビジネスの壮絶な実態

    Hayato Ikeda

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。