記事

上関原発反対29年目の祝島で 風船を飛ばし、放射能拡散調査 - 於保清見

 瀬戸内海に浮かぶ小さな島、祝島(山口県上関町)。29年前、祝島の対岸に位置する半島に上関原子力発電所の建設計画が持ち上がった。当初から祝島の人たちは「原発はいらない」とし、抗議活動を続けてきた。その長い活動中、いく度となく強行に建設準備を進められる場面もあり、危うい橋を渡ってきた。

 3月11日の福島第1原子力発電所の事故を受けて、上関原発の予定地の埋め立ては中止になった。しかし、中国電力は「来年の6月に着工する」とし、上関原発の建設をあきらめていない。

 長年、祝島では月曜日に原発反対のデモが行われており、8月15日も多くの島民が港に集まった。この日のデモはいつもと違い、里帰り中の若い人たちも色とりどりの風船を持ってやってきた(写真)。

 風船にはカードが付けられており、「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の連絡先と上関原発の建設計画について書かれている。風船を拾った人がカードを見て連絡してくれば、風に乗って放射能がどこに飛んでいくのか、祝島の人たちは知ることができる。風船を拾った人も、目に見えない放射能が自分たちの生活の場に飛んでくる可能性を目で見て知ることができる。

 福島と沖縄の人たちから「ぜひ、祝島で飛ばしてほしい」と、風船300個とヘリウムガスが送られてきた。多くの人の願いがこめられた風船による放射能拡散調査は約25年ぶりだ。

 29年間、反対運動にかかわってきた清水敏保さん(56歳)は「原発や交付金に頼らない町づくりをしていきたい」と語った。

トピックス

新着ニュース

  1. アングル:妊婦を襲うジカ熱、ワクチン開発が困難な理由
  2. アングル:中国進出の外資企業、景気減速でも消費者に熱視線
  3. サウジとベネズエラ、OPECと非加盟国の協調を協議=通信社
  4. TSMC、台湾地震でウエハー破損 出荷への影響は1%程度
  5. 台湾、倒壊住宅に120人か 救出難航、地震死者34人
  6. 国連安保理、北朝鮮ミサイル発射を非難 迅速な制裁採択目指す
  7. 中国人民銀行、政策を微調整し元の安定維持へ=四半期報告
  8. 下値探り、円高進めば日経1万6000円試しも=今週の東京株式市場
  9. インタビュー:脱国有化を視野、自由化は他地域・ガスに注力=東電社長
  10. イランが原油代金をユーロで決済、ドル依存低下へ

ランキング

  1. 1

    長谷川豊氏「清原は加害者ではなく被害者」

    長谷川豊

  2. 2

    甘利問題を妥当に追及するのはゲンダイだけ

    志村建世

  3. 3

    3.11で台湾は巨額の義援金を提供してくれた

    永江一石

  4. 4

    マイナス金利の減収分を庶民の財布で補てん

    辻元清美

  5. 5

    北朝鮮発射した"二つの物体"地球回る軌道に

    共同通信

  6. 6

    仏 スーパーでの食料廃棄を法律で禁止

    Platnews

  7. 7

    北朝鮮ミサイル メディアも政府も騒ぎすぎ

    清谷信一

  8. 8

    内田樹氏の明瞭的確な「天皇論」に共感する

    海住恒幸

  9. 9

    長谷川氏"もうベッキーのこと許してやって"

    長谷川豊

  10. 10

    清原亜希はいかなる点でも謝罪する必要ない

    Bill McCreary

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。