記事

在日米軍の駐留経費は日本が負担すべきか? - 塚崎公義

 ドナルド・トランプ氏(トランプ次期米国大統領、以下同様)が、在日駐留軍の経費を日本に負担させる、と選挙活動中に述べていたことから、日本がこれを負担させられるのか、といったことが話題にのぼっています。筆者は軍事や外交には詳しくないのですが、頭の体操としては良い教材ですので、学生のディスカッション材料として使っています。今回は、その内容を御紹介しましょう。

駐留経費の追加負担は、せいぜい防衛費の1割

 米国の予算によれば、在日米軍への支出は55億ドル(6000億円程度)となっています。これは、日本の予算に見る防衛費5兆円と比べると、1割強に相当します。これを日本が肩代わりするか、ということが問題とされているわけです。トランプ氏としては、「日本がこれを払わないなら、米軍は日本から撤退する」と言っているようです。選挙中の発言なので、本気か否かわかりませんが。

 日本にとっては、「米国が日本から出て行った場合、防衛費を6000億円増額して自主防衛する」という選択肢がありますが、「6000億円払って米軍に残ってもらう」選択肢と比べれば、明らかに防衛力が低下します。米軍の穴を埋めるためには、何兆円も防衛費を増額する必要があるのです。つまり、米軍が撤退するか否かと比べたら、6000億円などという金額は、極めて少額で、誤差の範囲だと言っても過言ではありません。

 誤解のないように記しておきますが、6000億円という金額が絶対額として少額だとは決して思っておりませんが、日本の国家予算、日本の防衛費、日米関係を維持することのメリットと維持できなかった場合のデメリットの大きさとの対比で比べれば、無視できるほど小さい、と記しているのです。言い方を変えれば、6000億円をケチって米国と喧嘩別れするような愚かな選択はすべきでない、ということになります。

 つまり、日本としては、「払えと言われれば払う」と決めても何の問題もない程度の話なのです。しかし、払わずに済むならば、払わない方が良いに決まっています。そこで、米国との交渉が必要となるわけです。

日米同盟は双方に利益

 日米同盟は、日米双方に多大な利益になっているはずです。日本は、米軍基地の存在によって、安全保障が格段に改善しています。一方で、米国にとっても、日本に基地があることで、米軍がアジア各地に機動的に展開できるわけで、非常に大きなメリットがあるわけです。従って、55億ドルの予算を使っても日本に基地を維持しておきたいわけです。実は、米軍は他国にも基地を持っているのですが、日本のケースとは異なり、費用のほとんどを米国が負担しているようです。日本の基地も、従来はそうでした。55億ドル以上払っても、日本に基地を置いておく価値があると米国は考えていたのです。

 余談ですが、ある時から日本政府が「思いやり予算」ということで、条約上は負担しなくても良い費用の一部を負担するようになったのです。もちろん、本当の思いやりではなく、日米貿易摩擦の緩和、といった本音ベースでの意図はあったはずですが。

 つまり、日本にとっても米国にとっても、「今より多くを負担しても、基地を置いておきたい」ということなのです。

 「会社からタクシーで2000円の所に住んでいるA氏と、会社とA氏の家の真ん中に住んでいるB氏がタクシーに同乗したとすると、タクシー代の2000円をどのように分担すべきか」という問題と似ているわけです。A氏は2000円払っても良い、B氏は1000円払っても良いと考えているわけですから、A氏の支払額は1000円と2000円の間に決まるはずであって、あとは交渉力の問題なのです。

トランプ氏はブラフ戦術が得意かも

 双方に大きなメリットがある場合でも、「君が僕の条件を飲まなければ、契約を破棄する」と言って相手を脅かす戦略は、一つの選択肢です。上記のタクシーの例で言えば、B氏はA氏に対し、「自分は1円払うから、A氏は残りの1999円を払ってくれ」と言うわけです。A氏は、断れば2000円払う必要が出てきますから、受諾する選択肢もあるでしょう。

 もっとも、B氏も、契約が成立しなければ1000円負担することになるのですから、A氏としては、B氏の提案を蹴ることも要検討です。B氏としては、本当に契約が成立しないリスクを考えて、今少し譲歩した新しい提案をしてくるでしょう。結局、契約が不成立になった時に両者の痛手が等しくなる所で契約が成立するのかも知れません。どちらかの痛手が大きい場合、「契約を破棄すれば、僕も痛手を被るが、君の被る痛手の方が大きいのだから、僕の条件を飲むべきだ」という交渉が成立するからです。

 トランプ氏は不動産王ですから、交渉事は上手なはずです。ブラフ戦略(はったり戦略)も場合によっては使って来るかもしれません。トランプ氏は既に、「日本が費用を払わないなら、米軍は撤退する」と発言しています。これがブラフなのか本気なのか。

 それに対して、日本としては、動揺せずに、「どうぞ御自由に」と答えてみるのはいかがでしょうか。「日本から撤退したら、米国はアジア地域に兵力を展開できなくなり、南シナ海での中国の横暴を阻止できなくなるが、それでも良いのか?」と言ってみるのです。米国としては、「米軍が撤退した後の日本の防衛は大丈夫か?」と聞いてくるでしょう。それに対しては、二つの答え方があります。

 一つは、「いかなる手段を用いても、日本の国土は自分で守る決意である」と答えることです。実際には日本が自分で国土を守ることは困難ですが、核軍備の可能性をほのめかすだけでも、米国がビビッて折れて来るかも知れません。もっとも、米国側に「日本が自主防衛など出来るはずがない」と読み切られて敗退する可能性の方が遥かに高いので、これは賢い戦略とは言い難いでしょう。

 今一つは、「米軍が撤退しても、日本は米国の核の傘の下にいるから大丈夫だ。どこかの国が日本に攻めてきたら、米国の核ミサイルが当該国を成敗してくれるからだ」というものです。「日本は、米国の忠実な子分である。その日本が敵国に攻撃された際に米国がこれを守らなければ、他の同盟国が米国を信頼しなくなり、米国から離れていくだろう。そんな事態に米国が耐えられるはずがない」と言うのです。こちらの方が勝算はありそうです。

 以上、色々と頭の体操をしてきましたが、決定的に重要なのは、トランプ氏が米国を「世界の警察官」と位置付けるのか、「孤立主義」を採用してアジアや中東等々への興味を失うのか、ということでしょう。それが見えた時に、こうした議論が現実味を帯びて来るのでしょう。その時のために、様々なシナリオを用意して対応策を検討しておくべきなのでしょうね。

あわせて読みたい

「米軍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "昭恵氏のメールに辻元氏"はデマ

    辻元清美

  2. 2

    昭恵氏を証人喚問しないのは卑怯

    小林よしのり

  3. 3

    "夫人秘書FAX"は忖度になるのか

    大西宏

  4. 4

    シニア議員は固定観念でガチガチ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    昭恵氏FAXへの政府の説明に憤り

    小野 次郎

  6. 6

    命の危険? 警察は籠池氏を守れ

    小林よしのり

  7. 7

    石破氏"行政の対応は極めて異例"

    石破茂

  8. 8

    蓮舫氏こそ証人喚問を受けては?

    和田政宗

  9. 9

    「官能的な街」全国1位は文京区

    SYNODOS

  10. 10

    "安倍ポチ"西田氏は保守ではない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。